2006年09月17日

女子大生に負けるな!フットサル初の対外試合

日曜日は、フットサルチームの初の対外試合でした。

小雨の降る中、新しいユニフォームを着て
女子大生チームとの初試合です。

こちらのチームは人数が多いので、ふたつのチームに分けて、
3チーム総当り戦です。

そもそもルールもようやくわかってきたということで、
前日に約1時間ほど作戦会議を立てました。

これがかなり効果的だったようで、
しっかりと熱の入った好ゲームが展開されました。

結果としては、相手の女子大生チームに完敗でしたが、
結成半年で、全員素人かつ平均年齢40代の女性が、
こんなにもパスが回って、しっかりとマークについて、
懸命に走っている姿は感動的でしたね。

そしてその後の打ち上げは、すごい盛り上がりでしたよ。
さっき写真が回覧されてましたが、かなり乱れた雰囲気がよく伝わってきました。

心地よい酔いの中で、少し冷たい9月の雨に打たれながら、
改めてフットサルチームを作って本当によかったなぁ・・・
と幸せな気分に浸っていました。
posted by だいばあしてぃ at 23:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

これがユニフォーム!

とうとうフットサルチームのユニフォームが届きました。

どうですか、この色!

メンバーの女性たちは仕事そっちのけで、
キャッキャ言いながら着ていました。

うーん、確かに女性が着るとそれなりにかわいいのですが・・・。

おかげさまで僕の背番号は、無事「11」番です。

そして来週の日曜日は女子大生チームとの初試合です。

水曜日に雨の中、特訓をしましたが、どうなることでしょうか?

0WS0WRsh0007_I.jpg
posted by だいばあしてぃ at 19:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

ユニフォーム選考委員会は踊る

昨日、一週間ぶりに出社した僕を待っていたのは、フットサルの中心メンバーのこわもての女性カルテットです。

「お話したいことがあります!」と囲まれてしまいました。
彼女たちは[フットサルユニフォーム選考委員]なのです。

実は、休暇前にチームのユニフォームのアンケートで、
「エンジと黒の縦じまがいい。ピンクのユニフォームにするなら、俺は買わないよ!」
というメールを送りつけて、そのまま南国に旅立ってしまったのです。
(そもそもピンクにこんな背番号つけた人を見たらどう思います?)

後から聞くと、僕の不在の1週間は、いろいろと大変だったようで、
20代の女性陣も同調するように「ピンクはイヤ」と言い始めたようで、
そのために選考委員の方たちは事態の収拾におおわらわだったようです。

夕方、こわもてカルテットとユニフォーム選考会議が開かれました。

「アンケートではエンジと黒の縦じまよりピンクの方が多かったの」
「じゃあ、ピンクにすればいいじゃん」
「でもそしたら買わないんでしょ?」
「うん」
「えー、超ワガママ。ちょっとぉー、大人になってよ」
「ピンク似合ってたよ、かわいいしー、今なら日焼けした肌に似合いますよ」
「おだててもムダだよ。それに俺は一人っ子だからワガママなんだよ」
「じゃあ、どれならいいの?」
「ピンク以外!」
「えー、アタシは絶対ピンクがいいの!ソックスもピンクにするんだから!」
「それなら林家パー子になっちゃうよ」

そんなやりとりが続き、中々まとまりそうにありません。

僕もあえて混乱させるようなことを言って、本音を引き出そうという意図もあったのですが・・・。

結局、あいだを取るということになり、ピンクと黒の縦じまになりました。
(別に縦じまにこだわっていたわけではないのですが・・・)

「これなら絶対作ってくれますよね!」
「結局、俺が作るかどうかが問題なの?」
「そうですよ、他の男性はピンクでいいって言ってるんですよ」
「ふーん、ならしようがないか、その代わり背番号69はヤダよ」
「あれは冗談です。じゃあ、これで決まりね♪」

不本意ですが、そこまで言われたらしようがありません。
彼女たちの「みんなでお揃いのユニフォームを作りたい!」という熱い思いに負けました。

「ピンクがイヤだ」と言った20代の女性陣に話をしたら、
「えー、それってどこがあいだを取ったんですかぁ?別に縦じまを主張していたわけではないんですけどぉ。
 あのチンドン屋みたいなピンクをどうにかしてほしかったんですけどぉ・・・」
と文句を言われてしまいました。

そういえば、「BATNA」を使うのをすっかり忘れていたようです。
posted by だいばあしてぃ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

残り15秒でのゴール!

昨夜は第7回フットサル練習日でした。

とうとう9月に女子大生チームと初の対外試合が組まれたこともあり、
みなさん目の色が違ってきています。

早速、お昼休みにソックスやすね当てを購入していました。

「そもそもルールがわかっていない!」と半分逆ギレ状態で、
「簡単でわかりやすいルールのマニュアルを作ってほしい!」と言われたので、
ネット検索をしながら、コピペでサクっと作成しました。

実は僕も詳しく知らなかったのです。
4秒ルールやキーパーへのバックパスの禁止事項とか読んで、
思わずマウスを持つ手が止まってしまいました。

それからユニフォームも揃えるということで、製作委員会がいつのまにか発足されて、
カタログが回覧されています。

やはり「形から入る」のが好きみたいですね。

今回の参加者は25名ほどです。

基礎練習の後、簡単なフォーメーションを構成してパスをつないでシュートという練習を取り入れました。
これはかなり好評で、ミニゲームでも意識して使っていました。

また今回初めて、ミニゲームの中で、
男性チーム(オーバー40平均年齢50?)VS女子フットサル経験者のゲームをしました。
男性チームはサッカー経験者は僕を含めて2名。
後の2名は50代後半で、キーパーは小学校2年生です。

最初は軽く考えていたのですが、彼女たちはかなりうまくて、よく走ります。
こちらも少しずつ真剣モードになってきました。

そしてお互い無得点のまま時計の針は進んでいたのですが、
なんと残り2分くらいでカウンターから失点してしまいました。

もうこうなったら120%マジですね。
たとえ遊びでも僕の薄っぺらい辞書に「負ける」なんてあり得ません!

ドリブル&パスで猛攻撃をかけるも、相手も引いて守っているので、点が入りません。

残り15秒で、コーナーキックのチャンス。

ゴール前のスペースを空けておいて、そこに走りこみました。
そこにタイミングドンピシャのパスが来て、インサイドで強烈なグランダーのシュート!

キーパーの手をすり抜けて、劇的なゴール!!!

とりあえず引き分けに持ち込むことができました。

まったく大人気ありませんね。

終わった後は肩で息をして、呼吸は乱れて、着替えるのもやっと・・・、
という状態でした。

でもいい汗かきました。

スポーツで思いっきり集中する感覚を久しぶりに思い出して、
かなり充実した気分になりました。
posted by だいばあしてぃ at 23:04| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

ダンスはうまく踊れない

前日のFC東京のキッズフェスティバルで、プロのサッカー選手とふれあい、
その感激もあって、子供たちから「どうしてもワールドカップの決勝を見たいから起こしてくれ!」と頼まれました。

夜中の3時に壊れた非常ベルみたいな大音量の目覚ましが2台鳴って、
僕たちは眠い目をこすって、フラフラしながらリビングに向かい、テレビをつけました。

試合は始まったばかりです。
緑の芝の上に青いユニフォームと白いユニフォームの選手たちが入れ混じって、
たったひとつのボールを目指して動き回っています。

小6の長男と妻(爆睡中)と僕はイタリアを応援しています。
小2の次男だけは「ジダンの引退試合だから・・・」と言ってフランスを応援しています。

開始早々、ジダンがPKを決めました。

しかしあんな状況下で、よくあのキックを使うことを選択しましたね。
ポルトガル戦で左隅を狙ったので、おなじ方向へ飛んだキーパーをあざ笑うかのようなPKでした。

次男は喜んでいます。

まだ前半の早い時間帯だったので、このまま終わることはないだろうと思っていたところ、
いきなりイタリアのコーナーキックからの同点弾。

「ずいぶん高くジャンプしたねー」と3人で感心していました。

その後、中盤で激しい攻防が続いて、得点シーンもなく、そのまま延長戦に突入。

ここで長男は力尽きて、ベッドに戻りました。

次男はまだ頑張っています。
小さな瞳にジダンのラストダンスを焼き付けているのかもしれません。

そして、問題のシーン。
ジダンのレッドカードによる退場です。

「パパァ、なんだかピカチュウのロケット頭突きみたいだったね。ジダン、どうしたんだろう・・・」
次男はプーと頬をふくらませてしまいました。

一人少なくなったフランスですが、積極的に攻めていました。
イタリアは交代選手があまり機能していませんでしたね。

結局、お互い譲らず、PK戦までもつれて、
最後はイタリアの勝利が決まりました。

妻が起きてきて「今日は月曜でしょ!まだ小さいんだから、こんな時間まで起こさないで!」
と怒られてしまいました。

これまでは、ひとりで見るワールドカップでしたが、
今回は子供たちと一緒に見ることが出来て、喜びや驚き、悔しさという感情を共有できて、
とても思い出深いワールドカップになりました。

あーあ、とうとう終わってしまいましたね。

なんだかあっという間の1カ月でした。

子供たちにとって、このワールドカップはどんな思い出を刻んだのでしょう?

posted by だいばあしてぃ at 22:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

FC東京キッズフェスティバルにて

灰色の雲が空を覆って、いつ雨が降り出してもおかしくないような
怪しい天気の中、味の素スタジアムに行ってきました。

今日は子供たちが楽しみにしていた「FC東京キッズフェスティバル」です。

開場の30分前にスタジアムに到着したら、すでにかなりの人数が並んでいます。
今回はFC東京の選手との記念撮影会があり、人数限定の先着順ということで、早めに並んだ人が多かったのでしょう。

僕たちは何とか整理券をもらうことができました。

開場されると、ピッチ以外のスタジアムの中に入ることができます。

ピッチからスタンドを見渡すと、その広さに圧倒されますね。
高校生時代に一度だけ国立競技場でプレイしたことを思い出しました。

子供たちはシュートスピードを測るアトラクションなどで、
選手と一緒に遊んでいました。

記念撮影は、石川選手や三浦選手、梶山選手らと一緒に撮ってもらいました。
僕も握手をさせてもらいました。
石川選手のさわやかな笑顔が印象的でした。

続いて、抽選で当たったミニゲームです。

選手と一緒に5分間のミニゲームでは、長男は3本のシュートを撃ったのですが、残念ながらキーパーに防がれてしまいました。

次男は2本のシュートを撃ったのですが、これも得点に結びつかず。
そのうち1本は日本代表の茂庭選手からのパスでした。
茂庭選手はボールをお腹の中で抱えながら走っていて、
子供たちは大喜びでした。

写真はゲーム終了後に茂庭選手の話を聞いているところです。

二人とも楽しんだようです。

しかし今の子供はいいですね。
プロの選手と写真を撮ったり、一緒にプレイができるんですから。

さて、あと数時間でワールドカップの決勝戦です。

目覚ましをかけて起きる予定です。

白熱したゲームを期待しています!

image/diversity-2006-07-09T21:08:26-1.jpg
posted by だいばあしてぃ at 21:08| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

HEROたち

昨夜は遅くまで会議があって、少々疲れ気味でしたが、
新しい自転車に乗って、心地よい風のエネルギーを感じながら、
「今ここ」に感謝の気持ちを持って、
今日1日の仕事のフィードバックをしながら、
22時過ぎに帰宅したところ、妻から一言。
「中田、引退したよ!」

声が裏返るくらいビックリしたと同時に、「やっぱりなぁ」という納得感もありました。

彼の心の中に何があったかは、僕にはわからないし、
彼の今回の決断の是非について、コメントするつもりはありません。

ただワールドカップの惨敗と彼の引退で、
日本のサッカーのひとつのサイクルが終わったんだなぁ、
という漠然とした喪失感を覚えました。

妻が見ていたスペシャルドラマ「HERO」をニュース番組に変えてもらい、
彼の引退のメッセージを見ました。

「傷つけないようにと胸の奥に押し込めてきたサッカーへの思い。
 厚い壁を築くようにして守ってきた気持ち・・・
             
 最後の最後、俺の心に存在した壁は崩れすべてが一気に溢れ出した。」


とてもいい文章ですね。

あのブラジル戦の後、心身ともに究極に疲れ果て、
いわゆる「何も知らない状態」(KNS)にいたのかもしれません。

そんな状態の中だからこそ、これまで厚い壁で隠していた
本当の自分の感情が溢れ出てきたのかもしれません。

そんな複雑な感情の中で、あらためて「HERO」を見ました。

ドラマのテイストを思い出して、とても懐かしい気分になりました。

しかし主人公の仕事に対するスタンスはブレることなく明確であり、
そのための行動は本当にシンプルです。

そういえば、このドラマを見るたびに
「目の前の仕事に対して、余計な感情を入れずにベストを尽くす」
というメッセージを受け取っていたことを思い出しました。

いろいろな思いと感情が交錯した夜でした。
posted by だいばあしてぃ at 23:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

ワールドカップを見る前にフットサル練習

昨夜は第6回フットサル練習日でした。

今回の参加者は20名と、これまでで一番少なかったのですが、
お子様が10名ほど参加したので、30名ほどになりました。

かなり暑い日でしたが、風が心地よくなかなか良いコンディションです。

コーチ役の僕は、パスやシュート練習に参加できないので、
短い休憩時間にひとりで黙々とシュート練習するのですが、
今回は子供にボールを取られてしまい、全然練習できず、
少しストレスが溜まってしまいました。

それでも「キーパーをやりたい!」という子供相手に
ベッカムもどきのカーブをかけたフリーキックの練習が出来て、
少しだけ発散できましたが・・・。

今回はミニゲームに時間を割いたのですが、
負けず嫌いの子供がマジになってしまうので、
女性陣は「ちょっと困ったなぁ」という雰囲気でした。

運営も楽じゃないですよね。

恒例の親睦会も10名ほど参加して、美味しいビールを飲みながら、
そろそろ試合をしようかという話で盛り上がりました。

昨夜は、とても大切な「ドイツVSアルゼンチン」の試合があったので、
10時半過ぎに途中退出させて頂き、なんとか開始前に家に着きました。

同じサッカーなのに、さっきの自分たちのプレーとは次元の違う高度なプレーを堪能しました。

しかしアルゼンチンはもう少し見たかったなぁ・・・。
メッシも見たかったなぁ・・・。
posted by だいばあしてぃ at 21:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

次期監督はNLPコーチなのか?

週末からワールドカップの決勝トーナメントが始まりました。

今回は大きな番狂わせもなく、強豪対決が盛り沢山で、カードを見ただけで、ワクワクしてきます。

このカードを肴に、サッカー好きの友人とどこの国が勝ち進むかを2時間くらい議論したいものです。

個人的にはスペインが気に入りました。
これまでは期待のわりにがっかりすることも多かったのですが、
今回は期待できそうですね。
あの攻撃力が見ていて、スカっとして楽しいです。

ただどこが優勝するかは、正直言ってさっぱりわかりません。

ブラジルはまだまだ余力がありそうですが、
本気モードになる前にコロっと負けてしまうかもしれません。

ドイツも勢いがありますね。
次のアルゼンチン戦が楽しみです。

さて、日本では次期監督の話題で盛り上がっていますね。

テレビを見ていると、キャプテンの失言は「本当に失言なのか?」
ということを言っているアナウンサーもいました。

これが仮に意図的であるなら、相当な戦略家ですね。

戦犯探しをしたがるマスコミや
まだ今回の敗戦について未整理な大衆の目を逸らすためには
絶好の話題ですから・・・。

次期監督として噂されるオシム監督ですが、
彼は本当にメタファーがうまいですね。

記者の質問に対して、的確なメタファーで無意識レベルに語りかける
非常に優れたコミュニケーターです。

選手指導も無意識レベルでのラポールを取っているのかもしれません。

ということは、もしかして、彼はNLPコーチなのでは・・・?

もし本当に日本代表の監督を引き受けてくれたら、
「誰が日本代表に選ばれるのか?」
非常に興味があります。

きっとたくさんのサプライズがあることでしょう。
posted by だいばあしてぃ at 22:17| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

6.23の記憶

今朝は4時に起きました。
眠い目をこすりながらテレビをつけました。

そして・・・

緊張と驚きと懇願と諦めと様々な感情が去来しました。

さて、完膚なきまで叩きのめされた日本代表は立ち直れるのでしょうか?

2010年はWカップに参加できるのでしょうか?

しばらく呆然となりました。


いつのまにか会社に行く時間となったので、家を出ました。

いつも見る風景がちょっと違って見えました。

ブログのテンプレートを変更しようと決意しました。
posted by だいばあしてぃ at 23:55| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

サポーターとしてのポジションチェンジ

昨日は休日出勤でした。

土曜日は昼休みを全員で取ることができるので、
総勢15人ほどで、近くのファミレスに行き、
「パーティーランチ」なるものを食べました。

パスタやピザなど、いろいろな種類のものが食べられて、
それはそれでよかったのですが、全体的に量が少ないのと、
自分の好きな料理をオーダーできないので、
みなさん、ちょっと不満げでした。

帰宅して、撮り放しになっていたワールドカップの試合を見ました。

しかしレベルが高く熱い試合が続いていますね。
特に今大会はロングシュートが目立ちます。

コードジボワールは残念でしたね。
2連敗でも、今後に期待を持たせるような試合内容でした。

各Gとも大きな波乱はなさそうですが、
イタリア・チェコ・アメリカ・ガーナのいるグループEは、
混沌としていて、見逃せないですね。

各国のレベルの高い試合を見ていると、
日本チームに対して、次第にデソシエートしてきました。

客観的にゲームを楽しむというマインドになってきています。

もちろん応援はしますが、勝負は時の運。
精一杯、力の限り戦うというゲームを見せてほしいと願っています。
posted by だいばあしてぃ at 17:42| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

黙々とシュート練習

昨日は第5回フットサル練習日でした。

今回の練習は、僕にとってもかなりモチベーションが違っていました。

何度も言いますが、月曜日のやり場のないモヤモヤをボールにぶつけてやろうと、とても楽しみにしていたんです。

練習が始まる19時には、涼しい風も吹いて、まさに絶好のコンディションです。
今回は連れてきた子供も合わせると、30人ほどメンバーが集まっていました。

僕は練習前のアップの段階から、ひとり黙々とシュート練習をしていました。
もちろん全盛時よりキックのスピードがかなり衰えていて、
納得できるシュートは1本もありません。
それでも気持ちを込めて、助走をつけて、コンパクトなバックスイングから
インステップでボールを叩き続けました。

すぐ全体練習が始まっため、10本程度しか蹴れませんでしたが、
おかげで気分的にはだいぶスッキリしました。

最近は、月2回のペースの練習をしていますが、
みなさんのかなりモチベーションが高くて、だいぶ上達してきました。

練習中には「そんなことじゃ、次のクロアチア戦は勝てないぞ!」
とムチャクチャなことを言いながら、
ステートとしては熱血コーチ状態になって、
みなさんにハッパをかけています。

いい汗をかいて、ビールを飲んで、電車の中では爆睡しながら、
なんとか帰ってきました。
posted by だいばあしてぃ at 16:28| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

究極のサスペンス

先週の金曜から始まったワールドカップですが、
今回はどういうわけかモチベーションが上がってきません。

先週末は終日セミナーだったため、ライブで試合を見ていないのです。

やはり初日の開幕試合からしっかり見て、気持ちを入れていかないと、
どうも乗り遅れてしまうようです。

そして、月曜日の日本戦。

これぞ究極のサスペンス
誰も予想できないラストのどん返し
あんな衝撃的ラストシーンは見たことがない!
(2時間サスペンスの題名みたいですが)
というくらいに印象的な試合を見てしまったので、
強烈にアンカーがかかってしまいました。

残念ながらハッピーエンドにはなりませんでしたが・・・。

そんなわけでサッカーの試合を見ることに少し抵抗があって、
夜遅く帰ってきて、寝る時間を惜しんでまでもどうしても見たい!
というモチベーションではなくなっているようです。

ハードディスクには録画済みの試合やハイライトがどんどんたまっているのですが、そのライブラリをぼんやりと眺めて、「見ようかな」と思っても、
なんだか気持ちが重くなってきて、「やっぱりやめとこう」という状態なんです。

純粋にサッカーのゲームを楽しむというステートに早く戻さないといけませんね。

昨日のメタファーを自分なりに落とし込まないといけないですね。
posted by だいばあしてぃ at 23:55| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

サムライブルーVSキャプテン翼

いよいよワールドカップも開幕ですね。

昨夜は、愛用しているDVDレコーダーを駆使して、
目ぼしい試合の録画予約をしました。
こういう時に600GBの容量は心強いです。

実は、録画予約しようとしたときにちょっと不思議なことがありました。

このDVDレコーダーは、ネット接続していないので、番組データはADAMSから受信しているのですが、ジャンルで「サッカー」を選んでもワールドカップの番組がひとつも出て来ないのです。

上位のジャンルで「スポーツ全般」を選ぶと、ちゃんと出てくるのですが、
野球などの他のスポーツも含まれているので、検索するのにちょっと不便です。

そこで「キーワード」選択が出来ることを思い出して、いろいろと試してみました。

よく考えてみると、すべての試合を丸ごと見るのは時間的に厳しいですよね。
すると便利なことに、毎日のように「デイリーハイライト」をやっているんです。

早速、キーワードに「ハイライト」をインプットして、1週間先までの「デイリーハイライト」を予約しました。

帰宅してから、毎日ワールドカップのハイライトシーンが見れるなんて、なんて幸せなことでしょう!

ただ、ここにきて各国の主力メンバーにケガ人が増えてきて、ちょっと心配です。
とにかくお互いベストメンバーでの手に汗握るゲームを期待しています。

そうそうヤングジャンプ増刊を読みました。
ワールドカップの特集号です。

巻頭は、
「サムライブルー日本代表vs.キャプテン翼率いるGOLDEN23日本代表」
です。

現実のチームとマンガの中のチームのバランスをどのように設定するのか
とても興味深くて、中々面白かったです。

それと64試合完全シミュレーションもいいですねぇ。
サムライブルーはどうなるのかというと・・・

決勝トーナメントでアメリカにPK勝ちした後、
準々決勝でフランスに0−1で敗れるとのこと。

そうなってくれればホントいいですね。
posted by だいばあしてぃ at 23:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

6月のフットサル

昨日は第4回フットサル練習日でした。

前回は体調が悪く、プレイをお休みしてしまったので、
今回は準備万端で参加しました。

6月になって、19時といっても暑くなってきたので、ジャージを脱いでユニフォーム姿で参加したら、
「あら、脱いだのね」と50代の女性に言われて、腿の毛を触られました。

予想外の展開に、一瞬どういうリアクションをしていいかわからず、
高校時代は毛深くなかったということを懸命に説明している自分がいました。

練習も4回目となり、だいぶ様になってきました。

今回は25名ほど参加して、初参加の方が5名も来ました。
幼稚園や小学生の子供も6人ほど参加して、とても賑やかな練習になりました。

僕たち男性もゲームに参加するのですが、攻撃に参加すると、
周りからすぐ「大人気ない!」とのヤジが飛ぶので、
後方で守備に専念しています。

2時間たっぷり練習をして、いい汗をかきました。

その後は恒例の親睦会で、人数は少なめでしたが、その分深い下ネタで盛り上がっていました。



posted by だいばあしてぃ at 22:53| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

サムライブルーとともに

いよいよワールドカップが近づいてきました。

僕の中でもテンションを上げるため、
ブログのテンプレートもワールドカップモードに変更してみました。

「サムライブルー」のユニフォームのイラストかっこいいですよね。
文字の色はちょっとケバケバしくなり、少し見づらくなってしまいましたが、
開催期間中はこのままにしておこうと思います。

だんだんと4年前の記憶が鮮明に思い出されます。

新宿駅西口の広場で、代表のユニフォームを3枚(自分と子供2人分)購入して、試合の日はテレビの前でそれを着ながら、親子で応援していました。

そうなるとどうしても生で見たくなり、
毎日夜遅くまで、チケットGETのために、
公式のチケット販売サイトをクリックし続けていました。

残席ありの緑のランプが点くと、血圧が一気に30くらい上がるんです。
それから必死で何度もクリックを繰り返します。

でもアクセスが集中していて、時間切れとなり、次のページに中々進めないんですよね。
クレジットカード番号も300回以上入力したと思います。

わざわざ目覚ましをかけて夜中に起きて、クリックし続けたこともありました。

そして韓国対スペインの試合の最中に、見たいのを我慢して、PCの前に張り付いて、
ようやく埼玉での準決勝「ブラジル対トルコ」戦をGETしました。
プリンターが出てくるチケット引き換え券をブルブルと震える手で取り出し、
もううれしくてうれしくて、サルみたいにキャッキャ言いながら、寝ている妻を起こして報告したら、
「あ、そう。そんなことで起こさないで!」と冷たくあしらわれたことを思い出しました。

今年、2006年6月のワールドカップは、どんなステキな思い出が出来るのでしょうか?

日本代表は、かなり厳しい組に入りました。

でも最近教わったのですが、
「現実は構築」ということ、そして「集合的無意識のパワーの凄さ」。
だからポジティブに考え、1次リーグを突破できると信じて、応援したいと思います。
posted by だいばあしてぃ at 22:39| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

フットサルコーチのステートは?

昨日は第3回フットサル練習日でした。

チームの名前も決まり、ユニフォーム製作も始まり、
ロゴを作ったりして、こちらの想像以上に盛り上がってきました。

ところが、昨日は僕の体調が思わしくなく、
翌日の土曜日は出勤ということもあって、
今回は見学をすることにしました。

参加者は約20名。
天気予報が雨だったということで、前回より少し少なかったようです。

僕はというと、みなさんが熱心に練習しているところで、
コートの横からパスやドリブルのアドバイスのみの参加です。

一応コーチですから・・・。

コーチと言っても、スポーツのコーチはどうなのでしょうか?

やはりステート・ラポール・カリブレーション・フレキシビリティは、
必須なのでしょうかね?

走ってるときは、ミラーリングできませんし、
キック練習をしているときには、眼球動作までは追えないですけど・・・。

練習も3回目となると、初心だった女性たちも
だんだんと様になってきました。

このモチベーションを維持するために、
早めに試合を組んだ方が良さそうですね。

1時間ほど見学をして、ひとり寂しく帰りました。

やはりスポーツは見るものではなく、自分でやるものですよね。

次回までに体調を万全にしておかないと!
posted by だいばあしてぃ at 22:24| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

中田選手をカリブレート

日本代表23人が決まりました。

マリノスファンとしては、
松田が選ばれなかったのはしようがないかなぁと思っていましたが、
まさか久保が落選するとは思いませんでした。

ネガティブ・サプライズは、今回もマリノスですね。

久保にとって恐らくラストチャンスだったと思います。
確かに今のパフォーマンスを考えるとやむを得ないかなぁと思いますが、
いいときのイメージがあり、彼なら大舞台でも得点してくれるのではないか
という期待が物凄く強かったので、ホント残念です。

昨夜は選ばれた選手がテレビに出演していて、
珍しく中田選手がニュース番組に生出演していました。

あれだけの強い意志と肉体を持ったアスリートをカリブレートする
またとない機会です。

サッカーは、フィールドの真上(メタポジション)から見ると、
各選手のポジションやスペースを把握することが容易になり、
彼はその空間把握力に優れていることで知られています。

彼の眼球動作パターン、頻繁に使用している言葉などから
彼の思考パターンをチェックしてみようと思いました。

しばらく見ていると、どうも会話が噛み合っていません。
司会者と中田選手との間にラポールが取れていたとは思えませんでした。

例えば、
中田選手から、試合中のコミュニケーションの取り方について、
興味深い話がありました。

試合中は、お互いの距離が離れていると、言葉が届かない。
だから僕は、あえて追いつけないかもしれないところにパスを出し、
そこに走ってほしいとの意思を伝える。

パラフレーズすると、
「結果としてパスは通らないかもしれないが、意思は通る」
ということですかね。
まさにノンバーバル・コミュニケーションです。

彼はこの話に2度触れたのですが、
司会者はあまり深く突っ込みませんでした。

また「気持ちで負けないように戦う」ということと、
それでも「頭の中は冷静さを保つ」ということについて、
「言葉で表現するのは難しいのですが、」と言いながら、
「集中力」という言葉を使って、説明しようとしていました。
まさに「情熱と冷静のあいだ」ですよね。

「おお、その話聞きたい!」と思っていたのですが、
司会者はあっさり素通りしてしまいました。

それで、司会者は自分の考えていたストーリー(椅子のメタファー)を
話し始め、中田選手に同意を求めていましたが、
あまりしっくりきていませんでした。
「完全にコンテンツの押しつけだなぁ」と思いました。

(僕はこの司会者が嫌いではありません。
 むしろこの司会者の実況は大好きでした。)

おかげさまで、NLPコーチングのセミナーに出て以来、
こうやってテレビのインタビューを見ているだけでも、
いろいろなことに気づくようになりました。
posted by だいばあしてぃ at 23:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

逆転負け

今日は久しぶりに味の素スタジアムに行ってきました。

4月から小6の長男がFC東京のサッカースクールに通い始めました。
約5年間もキャンセル待ちして、ようやく順番が回ってきたのです。

小2の次男は、幼稚園からやっているので、
これで兄弟揃って、FC東京にお世話になっています。

そのサッカースクールでもらったチケットで、
味の素スタジアムに「FC東京VS大宮」のゲームを見に行きました。

GWということで、2万5千人もの観客が入ったようです。

今年初観戦ということで、
監督が変わったFC東京がどういうチームになったのか?
とても興味深いです。

それと今バリバリ売り出し中の大宮の小林大吾選手はどういうプレイをするのか?これも注目のひとつでした。

試合の感想としては、
今ひとつ盛り上がりに欠ける内容です。
特に後半は、FC東京の攻撃にあまり迫力が感じられませんでした。
選手交代もあまり効果的ではなかったようです。

大宮は、後半からの桜井の投入で攻撃のリズムを作っていました。
小林選手のキックはなかなか鋭いものがありますね。

試合は、前半PKで先制したFC東京ですが、
後半に追いつかれ、ロスタイムに小林選手の逆転FKを決められるという
最悪の展開でした。

子供たちは、すっかり不機嫌になってしまいました。

image/diversity-2006-05-06T21:00:37-1.jpg
posted by だいばあしてぃ at 21:00| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

進め!フットサルチーム

昨夜は、所属のコールセンターの女性を中心としたフットサルチームの練習日でした。

先月に発足したチームですが、名前も決まり、本格的に毎月練習することになったのです。

2回目ということで、どれぐらい集まるのかと心配していましたが、
1回目よりも増えて、なんと30名弱も集まりました。

賑やかで楽しい2時間を過ごすことができました。

4月に異動された大先輩も見学に来て、
「社員と派遣社員がこんなに楽しそうに仲良くまとまっている組織は初めてみた」とビックリしていました。

今回の練習は、前回と同様に、ストレッチから手つなぎ鬼、
パス&トラップ、ドリブルというメニューをこなした後、
シュート練習も取り入れてみました。

みなさん想像以上に熱心で、上手ですね。

僕もコーチとして、プレイのたびに声をかけています。

「すごい、初心者とは思えないボールさばき!」
「ナイスシュート、今のはカーンも取れない!」
「ドリブルがうまい、タコの吸盤みたいにボールが足にくっついている」

こんなことばかり言ってたら、
いつのまにか「ほめ殺しコーチ」と呼ばれていました。

今回は人数も多いので、3分間のミニゲームを15本程度やりました。

男性も順番にフィールドに出て、
僕らも2回ほどプレイすることができました。

これが周辺視野の練習にかなり効果的なんです。
ドリブルやキックするとき、目の前のボールにフォーカスしながら、
瞬間的に敵や見方の位置を周辺視野で確認し、パスを通す。
NLPはスポーツにもピッタリですね。

今回はみなさんもシュート練習をしたせいか、
前回よりも得点する人が増えて、かなり喜んでいました。

ケガ人もなく、無事終了して、2次会へ。

前回は26時まで飲んでいた方がいて、翌日大変だったということで、
23時にお開きとなりました。

今週は忙しくないと思っていたのですが、月・火と打ち合わせで遅くなり、
土日のセミナーの疲れが全然取れません。
posted by だいばあしてぃ at 23:21| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。