2007年02月26日

完成されたパズルの先には

週末はNLPプラクティショナーコースにアシスタントとして参加していました。

いつのまにか第5モジュールです。
講義内容もますます深く、ワークの内容も難易度が高くなっています。

特にこのモジュールでは、初めて無意識レベルへのアクセスやNEWコードを扱ったため、
受講生のみなさんの様子がいつもとは違う感じがしました。

しかし無意識への領域にアクセスするワークは、本当にパワフルですね。

一昨年は受講生として参加していました。
講義やワークは同じ内容でも、
当時の自分との理解度は異なるし、
また物理的にも異なるポジションで参加するということで、
まったく別の学びがあります。

そして今回は2日目の午前中に大きなサプライズが待っていました。

これまでずっともやもやとしてうっすらと霧がかかっていたようなところが、
春一番がすーと吹き飛ばしてくれたような、
そんな素晴らしい講義を聞くことができました。

おかげで目の前がすっきりとして、
鮮やかに明確にイメージを掴むことができました。

そして読んでいた本や興味深く聞いた話の中で
これまで気になっていた様々なキーワード、
例えば周辺視野・中心視野、抽象・具象、
視点の高低の変化、水平・垂直チャンク、
トランスフォーメーションなどなど、
それが統合されたような感じがしました。

どうやらバラバラになったパズルのピースが、
あるきっかけで次々につながっていって、
見事にひとつの絵が完成されたようです。

それは「学び方を学ぶ」という本質的なものです。

そして霧が晴れたすがすがしい道を
少しだけスキップしながら歩いています。

思いがけずに遠くまで進んだのかもしれません。

いつのまにか深く紫色の霧が、
目の前に広がっているのが見えました。

「そのことをいかに人に伝えるか?」
ラベル:NLP
posted by だいばあしてぃ at 23:42| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぷっちはここにだいばあしてぃとスキップされたみたい…
Posted by BlogPetのぷっち at 2007年03月03日 11:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。