2007年02月02日

英雄の旅

吉祥寺の「ニューロカフェ」で、2回目の「NLPライブジャムセッション」に行ってきました。

前回の様子は、こんな感じでした。

会場に入ると、知ってる顔がチラホラ。

そんな中で、うれしいことに、ほぼ1年ぶりに懐かしい方とお会いできました。

いつもブログで影響を受け、参考にさせてもらって、
個人的にリスペクトしています。

これからはセミナー会場でお会いする機会が多くなりそうですね。


そして、会場は前回とレイアウトが変わっていました。
周りを見渡すと、様々なアートが飾られていて、本当に不思議な空間です。

会場のスクリーンは、「スターウォーズ エビソードW」が映されています。

きっと今回のお話のメタファーなのでしょう。
それはヒーローズ・ジャーニーかもしれません。

会場へ行くまでの電車の中で、ロバート・ディルツの「NLPコーチング」の本を
読んでいたので、ヒーローズ・ジャーニーの説明は比較的理解しやすかったです。

それより、私としてショッキングだったのは、
NLPはコンテンツフリーのモデルだけど、
その効果や凄さは、コンテンツにどっぷり浸かった人でないと、
実感できないのではないか、という話です。

なんでも楽して体得しようと思ってはいけないのですね。

英語を完璧なものにするために、
3年かかって、辞書にあるすべての単語をチェックしたという話も
胸にズーンときました。

それはまさにNLPを学んだ後の話と聞いて、
さらに頭にガツンときました。

セッション会場を出たあとも、深く長く考えさせられた1日でした。

posted by だいばあしてぃ at 00:00| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぷっちがソードと吉祥寺まで空間っぽい話したかったの♪
Posted by BlogPetのぷっち at 2007年02月02日 12:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。