2006年08月27日

NLPコーチとして

ブログを少しお休みをしているからといって、
こんな大事なことを書かないわけにはいきません!

え?真希姫の写真集のことかって?

ええ、それも大事なことのひとつですが、
ちょっと違いますね。

とうとうNLPコーチングのセミナーが終了しました。

ということで、僕は日本で初めてで、しかもまだ約30名しかいない

NLPコーチに認定されたのです。

うれしいです、ありがたいです、ホっとしました。

でも冷静に考えてみると、これはすごいことなのですが、
浮かれてばかりはいられません。

はたして僕にはそれだけの実力が伴っているのでしょうか?

もしかしたら、今はまだおたまじゃくしにようやく足が生えてきた状態なのかもしれません。

だからセミナーという形式で、先生方から教わるというステージは「卒業」しても、
これからはひとりで自主的に学んで練習し、実践していくという
新たなステージに移行したということなのかもしれません。

これはかなりハードルが高いです。

これまで以上に真剣に取り組まないと、
半年後にはすっかり忘れているかもしれません。

セミナーでのあるワークの中で、
仕事から帰って、やろうと思ってもついつい勉強できない
という問題に対して、コーチングをしてもらっている中で、
「部屋をきれいにすること」というアイデアが浮かびました。

早速、実践していきたいと思っています。
タグ:NLP
posted by だいばあしてぃ at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

ブログで小説を書くこと

[だいばあしてぃの冒険]の毎日更新というパターンを一時中断して、
ブログで小説を書き始めています。

こちらです

ようやく第1章を書き終えました。

実は、この小説、そもそもこの第1章だけで終わる予定だったのです。

15年以上前、当時26歳の独身だった僕は、
すでに同人誌に『恋愛私小説』とからかわれた短編を3つほど投稿しており、完全にネタがつきた状態でした。

編集長から矢のような督促の電話があって、
どうしようかと困っていたところに
僕の恋愛観を変えることになったある衝撃的な事件があって、
その話をベースに書くことにしました。

つまり、この第1章のヒロインにはモデルがいるんです。

そのモデルというのは、2人の女性がミックスされています。
正確に言うと、
ある人物そのものと
別の人物と僕との間に起きた文脈が統合されているのです。

当時、たまたま親しくしていた中学時代のクラスメイトが2人いて、
ひとりは憧れの女性であり、
もうひとりは親しいお友達で、
親しいお友達と何回か食事をした後に、
第1章に出てくるような衝撃的な出来事が起こったのです。

そして1年後、編集長から新たな原稿の依頼が来たときに、
同じ文脈を視点を変えて、男性側から書くとどうなるのか?
ということを考えて、続きを書くことにしました。

それが第2章です。

多少手を入れていますが、ベースは当時の内容をそのまま書いています。

すでに3年前に発行した同人誌の最終号で、第7章までは書き終えています。

結婚という生活スタイルの大きな変更を機に
書き手にとっても、テーマやテイストが少し変化しています。

どうなるかわかりませんが、なんとか続けていこうと思っています。

アクセスが少なくて寂しいので、覗いてみてください!

最終列車
posted by だいばあしてぃ at 23:55| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

A3杯で見つけた選手(BlogPet)

前はなかったの?
A30分から左足でシュートしていました
A3杯の良席チケットを頂いたの?
ようやくスタンドに入ろうとするとしたの後の6日連続勤務は、ジェフのサッカーは見ていたのです
ところが後半、巻と羽生を投入しなかったので、見ていてもやもやとした展開で、なんとガンバ大阪が大敗していました
これは阿部のPKでの得点シーンです
これは阿部のPKでの右に外れてしまったんだよ
ほらあの辺りから左足でシュートしたら、見違えるような動きになりました


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぷっち」が書きました。
posted by だいばあしてぃ at 13:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

新しい冒険の旅へ

お久しぶりです。

再開を楽しみにしているというメールを何名かの方から頂きました。

どうもありがとうございます!

休んでいる間、いろいろなことがありました。

8/11にポケモンジャングルクルーズに行ったときは、
ついついブログ用の写真を撮ったりして、
「ああ、そういえば更新を中断していたんだなぁ」
と気づいたりして・・・。

でも10日も経つと、「毎日このブログを書かないこと」にも慣れてきたようです。

実は、この期間はある新しい企画に取り組んでいました。

僕が26歳の独身のときから、15年以上も手掛けていて、
それも完結しないまま放置されていたことです。

ずっと気になっていたのですが、かなりパワーが必要なことなので、
そのままにしていました。

どうやら今がそのチャンスのようです。

ということで、唐突ですが、

ブログで連載小説を始めました!

正確にいうと、17年以上前から同人誌で細々と連載していた小説を
加筆修正しながら、アップしています。

その同人誌は数年前に廃刊となり、僕の小説も未完のまま終わっていたのです。

周りの方からは、「続きを読みたい!」という声もチラホラあり、
(たぶんお世辞もあるのでしょうが・・・)
僕としても中途半端なまま放置されている主人公たちの行方も気になっていて、思い切って再開することにしました。

当時の原稿をベースに書き直しているのですが、
26歳当時の自分と向き合うのも照れくさいけど、
NLP的には面白いですね。

まさに現代の第3ポジションから過去の第1ポジションを見ているようです。

それに時代の進歩を感じてしまいます。
なんといっても当時は携帯電話がありませんから・・・。

内容は、純愛小説です。

だから携帯電話があれば、成立しない出来事もあります。

毎日更新は出来ないと思いますが、
こちらのブログ共々よろしくお願いします。

最終列車



posted by だいばあしてぃ at 23:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

だいばあしてぃの冒険

8月9日という日は、特に特徴のない1年の中の普通の1日かもしれませんが、
ある人にとっては、この日を迎えることで、感慨深く、いろいろと考えさせられる日だったりします。

2004年8月10日にスタートした【だいばあしてぃの冒険】
月日を重ねて、とうとう丸2年となりました。

毎日読んでくれている方
たまにのぞいてくれる方
応援してくれる大切なお友達

読んでくれて、どうもありがとうございます!

誰かが読んでくれているから・・・
という思いで、なんとか書き続けることができました。

今は、毎日ブログを書くことが、歯を磨くことのように生活の一部となっています。
うまく日常生活のパターンにはまったようです。

ところでNLPのテクニックのひとつに【パターン中断】というものがあります。

普段意識しないで使っている思考パターン・行動パターンを崩すことで、
新たな気づきを得るというものです。

そこで、この機会に【冒険】の中断をしてみようかと思います。

先月ハワイに行く前に少し考えてみたことですが、
これは思った以上に勇気のいることです。

再開を楽しみにしているという有り難いコメントも頂き、
気分がブルーなときは、何度も読み返して、
モチベーションをあげています。

それに日々の記録という点でも備忘録的な役割もあるし、
アクセス数の分析にも影響が出てくることが予想されて、
やめることでいろいろと不具合が生じそうです。

そして、どうやら僕は「書くこと」が好きみたいですね。

行く先を決めない気ままな一人旅のように、
いつも「落ち」を考えずに書き始めて、
いつの間にか予定していない場所へ思考が辿り着く
というプロセスが好きなのです。

だから僕にとっては「続ける」ことより「やめる」ことの方が大変なのです。

やはり【冒険】というのは、新たなことにチャレンジすることです。

そこで思い切って一度中断してみて、インプットを増やして、
そして新たな展開を模索していこうと思います。

再開は・・・

明後日かもしれないし、もう少し時間がかかるかもしれません。

書きたい気持ちで、グラスの水が溢れてきたら・・・、
またきっと【冒険】の続きが始まることでしょう。

posted by だいばあしてぃ at 23:39| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「捨てる」ということ(BlogPet)

BSで放送しなかったの?
6日も怖いですね
どうでもいい大量の情報を選別してみると思ってしまい、読みで、ほとんど頭に入ってきません
こんなに服を持っていましたよ
と、だいばあしてぃが考えてるみたい♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぷっち」が書きました。
posted by だいばあしてぃ at 13:29| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

夜中のコンビニに現れた男

家に帰ると、郵便受けには夕刊が入ったままで、外灯も消えており、
ブザーを鳴らしても誰も出てきません。

暗がりでカバンからようやくカギを探してドアを開けると、家の中は真っ暗で、
安ホテルのサウナ風呂みたいにムっとする空気を感じます。

カバンを落として呆然とする・・・

ようなことではありません。
妻は子供たちを連れて、妹のところに遊びに行っただけです。

ということで、数日間一人暮らし状態です。

家の中は、
始まったばかりの合コンでスベった発言をしてしまい、
誰も話を引き継がないときの凍りついた空気のように
キーンというかなり高音域の金属音が響いているようです

僕は一人っ子で、独身時代は7年ほど一人暮らしの経験があるので、
特に寂しいという感情は出てこないのですが、
不便であることは痛切に感じます。

やはり不在時には家族のありがたさがよくわかります。

朝、ちゃんと起きれるか心配でドキドキしながら、目覚ましを3個セットしています。
夜、両手を土だらけにして、カブトムシやクワガタにエサをあげています。
家を出るときは、見習いの駅員みたいに、声を出して指差し確認しながら、
電気・ガス、戸締りをチェックしています。

昨夜は、25時過ぎにそろそろ寝ようと思い、カブトムシたちにエサをあげていたら、
自分の朝ゴハンを購入するのを忘れていたことに気づきました!
(ここ最近の無意識さんは、とても優秀で、忘れていることを気づかせてくれます)

とりあえずソファーに脱ぎ散らかしてた部屋着にしているTシャツと短パンを履いて、近くのコンビニに買いに行きました。

その短パンは10年以上前のもので、ウエストのゴムが伸びきっています。

そしてポケットにサイフやカギを無理矢理入れたので、
歩いているうちにずり下がってしまい、
コンビニのカガミに写った僕の姿は、若者の腰履き状態で、
チェックのトランクスが剥き出しになっていました。

これを若者がやれば、ファッションですみますが、
夜中に中年オヤジがそんな格好してコンビニを徘徊していると、
いつ警官に職務質問を受けるかわかりません。

「これがチョイ悪スタイルですよー」と言い訳しても、
「ああ、そのようだね」と適当に相槌打たれて、
そのままどこかに連れて行かれてしまうことでしょう。

これでは、かなりマズ親父です。

少し動揺しながらも、両手で短パンのゴムを引っ張りながら、
そそくさと夕張メロンパンを手にとって、
爽やかそうな笑顔でいかにも無害な一般ピープルを演じながら、
レジに行きました。

無事、パンを購入して、家に戻ると、シャワーを浴びたばかりなのに
胸のあたりに変な汗をかいていました。

まったく何をやってるんだか・・・。
posted by だいばあしてぃ at 23:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

LOSTシーズン2の後半の30分

昨日は所用があり、新宿まで出かけました。

せっかく出掛けるので、ハワイで購入しばかりの
RUEHL 925のライトブルーのTシャツにDIESELのベージュのカーゴパンツ、
という組み合わせで出かけました。

お気に入りの新しい服を着ると、新品のスポーツバッグを買った中学生みたいにウキウキしてきます。

[外出する]という意図を自分に尋ねると、
そもそも本当に用事があるので出かけるのか、
それとも新しい服を着たいために用事を作ってわざわざ出かけるのか、
どちらかわからなくなってきます。

しかし昨日の新宿は暑かったですね。

長男の合宿用のブルーのサッカーパンツを購入し、
次男に頼まれたリラクマのぬいぐるみをUFOキャッチャーに1500円くらい投資してようやくGETして、
伊勢丹の別館で開催されていたアニエス・ビーのバーゲンをチラ見して帰ってきました。
(今回は自分のものは一切購入していません)

昨夜はあまりの暑さに自分の部屋にこもらずに
冷房のあるリビングで休んでいたら、
22時にカチャっと音がして、予約してたケーブルテレビのスイッチが入りました。

そうです、日曜の夜は【LOST シーズン2】ですね。

普段はリアルタイムで見ないのですが、前回アザーズに囚われたソーヤーたちの様子が気になっていたので、
見てみようかと思って、テレビのチャンネルを変えると・・・。

あれ、やってない。

ん?ああ、そうかぁ、前回の予告で、
「次のLOSTの放映は22時30分からです」
とアナウンスしてたのを思い出し、
思わず右手の拳でテーブルをポンと叩いてしまいました。

でも、これはツイてます!
このまま気づかなかったら、後半の30分を録り逃がすところでした。

しかしLOSTシーズン2の内容ですが、
よーく考えると、状況は大きく進展していないのですが、
毎回新しくて驚愕の事実が明らかになっています。
やはり脚本が見事としか言いようがないですね。

伏線も緻密に張られているようです。

シーズン2では、墜落事故を起こした飛行機の後部座席にいた乗客という人物が、新たに登場しています。

この人たちも主要メンバーと過去にいろいろと関係があるようです。

シーズン1のDVDをレンタルした方も増えて、LOSTの関心も高まっているようですね。
タグ:LOST
posted by だいばあしてぃ at 22:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

A3杯で見つけた選手

昨日は休日出勤日でした。
9連休の後の6日連続勤務は、緩んだ帯を引き締めなおすようで、
かなり刺激的でした。

18時前に勤務を終えて、長男と急ぎ国立競技場へ。

A3杯の良席チケットを頂いたのです。

猛暑の中、なんとかたどり着いたときには、
1試合目が終わったところで、なんとガンバ大阪が大敗していました。

スタンドに入ろうとすると、ポケモンスタンプラリーをやっていたので、
汗だくになって、競技場を一周してスタンプを集め、
くじを引いたら、結局はずれ。
ピカチュウの紙製サンバイザーをもらいました。

ようやくスタンドに入れました。
観客は1万7千人も入ったようです。
味スタと違って、ずいぶんとグランドに近いなぁと思いました。

「高校生の頃、ここでプレーしたことあるんだよ。ほらあの辺りから左足でシュートしたら、ゴールの右に外れてしまったんだよ」と自慢したら、
「枠にいかなかったの?パパも決定力なかったんだね」
とあっさり言われてしまいました。

そして19時30分から[千葉vs大連実徳]の試合が始まりました。

千葉の試合を見るのは初めてだったので、オシムの申し子たちを見るのを
楽しみにしていましたが、前半は主力温存ということで、
見ていてもやもやとした展開で、子供も飽き気味です。

ところが後半、巻と羽生を投入した千葉は、見違えるような動きになりました。

しかし羽生にはビックリしました。
動き出しが早いし、運動量も豊富です。
効果的なパスが出なくても何度も裏のスペースを突いていました。
いやあ、ジェフのサッカーは見ていて面白いですね。

ホントいいものを見せて頂きました。

これは阿部のPKでの得点シーンです。

YL9YL8sh0001_I.jpg
タグ:A3
posted by だいばあしてぃ at 19:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

満員電車におけるポジショニングについての考察

昨夜は久しぶりのファンクラブの会合でした。

ファンクラブについて知りたい人は、こちらへ

今回は、「脱!地元」イベント第2弾ということで、新宿で開催されました。
新宿開催は2回目です。

実は去年の4月のイベント第1弾のときは、ショーパブの舞台で野球拳をやらされて、
ひどい目に合ってるんですね。
詳細はこちらへ

今回はおしゃれな居酒屋の個室で、ゆっくりとトークするというテーマのようです。
メンバーは男性2名、女性7名でした。

そうそう、前回の会合のとき、アクシデントで先輩が来れなかったんですよね。
というのは、ジョッキー試験に見事合格した先輩の息子さんが、
お菓子を食べたとい理由で、退学させられるという事件が発生したのです。

その後の経過を聞いてみました。

休学処分で済んだそうです。
ホッとした顔とやれやれという表情が混じりながら、うれしそうに話してくれました。

今回は、終電の時間の話から女性専用車両を経由して痴漢の経験談まで、話題は展開されました。

「主人も言ってたけど、満員電車できれいな女性が近くにいたら、痴漢とかしたくなります?」
「イヤイヤ、かえって警戒しちゃうよ。かばんを両手で持ったり、両手でつり革をつかんだり」
「そんなことで捕まったら、人生終わってしまうしねー」
「でも昔は、よく高校生から痴漢された。それもグリグリ坊主の野球部!」
「触られるのもイヤだけど、露出されるのはもっとイヤ。座って寝ていたときにイヤな予感がして目を開けたら
 目の前にあったの・・・」

「触るのは正常だけど、露出は変態よね」
「あなた、正常ってことはないでしょう?」
「でもねぇ、中年の男性がつり革つかまってると・・・、脇が臭いのよね」
「大変ねー中年オヤジは・・・。両手を下げてると痴漢と疑われるし、両手を上げてつり革つかまってると、
 臭いって言われるし・・・」


その後、中年親父の悲哀について、討論となりました。
posted by だいばあしてぃ at 23:23| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | ないとらいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

昨日をさらって・・・

「もう仕事には慣れましたか?」

ランチの時に同僚から何気なく言われた一言で面白いことに気づきました。

ん?俺は新入社員じゃないぞ。
いや違う、休みボケのことを聞いているんだな。
そういえば先週は朝焼けの海辺がきれいな南の島にいたんだよなぁ。
月曜日は、メールと回覧の量に圧倒されて、悪い食べ物に当たったような気分になったなぁ。
飲み会や夜遅くまで続いた会議で、睡眠時間が4時間ペースに戻ってしまったなぁ。
でも休みボケはしてないなぁ。

この間の思考スピードは2秒ほどでしょうか?

「初日からいきなりハイペースだったので、休みボケはなかったよ」
僕はそう答えました。

たぶん環境に適応しやすいタイプなのでしょう。

そのせいか月曜日の朝に感じた掃除したてで埃ひとつない窓ガラスのようなきれいなステートが、
一日ごとに埃が積もり、DANG DANGと曇ってきて、汚染されてきていることを実感します。

日常生活の中に潜んでいる出来事を自分の中で小さなウィルスに変えてしまって、
クリーニングすることなくほったらかしにして、溜め込んでしまっているようです。

そして、少しづつ ああ少しづつ何にも感じなくなってゆくのかもしれません。

そういえば、昔から整理整頓が苦手でした。

本当は、毎日クリーニングしてあげればいいのですが・・・。

そう、土用波のように 派手に砕け散って 昨日をさらって・・・♪


今日は、大好きな曲の歌詞を散りばめてみました。

最近、ipodでよく聴いています。
この曲を聴くと、イメージが苦手な僕もあるシーンを映画のように思い浮かべることができます。

ある高校の文化祭に行ったとき、夕陽に染まったオレンジ色の薄暗い教室で、
突然、発売されたばかりのこのアルバムが流れてきて、
なんだかよくわからなかったけど、鳥肌が立って、とてもせつない気分になったことです。

まだ青いみかんを食べたときのような甘酸っぱい思い出ですね。
posted by だいばあしてぃ at 23:55| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

ドント・ストップ・ミー・ナウ

昨夜は久しぶりに前所属の方たちと飲む機会がありました。

当時の僕は、今の仕事とはずいぶん畑が違うことをしていました。

実は、経理部門にいたのです。

経理というと、
黒ブチのメガネを左手でクイッと上げて、電卓をカチャカチャ叩き、何やらブツブツと独り言を言いながら、
時おり「この数字違ってますよ」なんて、冷凍庫で凍らせたような冷たいトーンでしゃべる・・・、
なんだかお堅いイメージですよね。

ただ僕の場合は、普通の財務会計をやっていたわけではなく、
株式会社化のための東証上場・アメリカの株式市場上場のために
会計面で準備するプロジェクトチームの仕事をしていました。

はっきり言ってそのプロジェクトチームを担当すると聞いたときは、
一瞬、思考停止になりました。

もちろん上場対応なんて社内で知っている人は誰もいないのです。
特にUSーGAAPと言われるアメリカの会計基準対応は、
社内はもちろん、同業界の中でも経験している会社はほとんどゼロといった状態です。

それに・・・僕は英語がダメなんです。

本当に砂漠にポンと放り出された状況でした。

強烈に印象に残っているのが、担当して1カ月も経たないうちに
40人以上の部課長さんの前で、初めてプレゼンをしなくてはならないときでした。

そもそも僕自身が何をすべきかわかっていない状態で、
まして人前で話すのは苦手な性格で、
頭がキュウと締め付けられるような違和感と、
胸元からイヤな汗がボタボタ落ちているのを感じながら、
話していたことを思い出しました。

そんな苦労も今となっては、懐かしい思い出です。

当時のいろいろな思い出を語り合いながら、楽しいお酒を飲みました。

駅からの帰り道で、2次会のカラオケでボロボロだったクイーンの「ドント・ストップ・ミー・ナウ」を歌いながら、
いい気分でフラフラしながら自転車を漕いでいたところ、
交差点でおまわりさんが数人立っていました。

前回、止められてしまったので、 覚悟したのですが、
今度は、そのまま見逃してもらいました。

たぶん歌っていた曲のおかげだと思います。

posted by だいばあしてぃ at 23:34| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ないとらいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

くらぶ活動公募の結果は?

以前から企画していた会社の「くらぶ活動」 を公募しました。

80名の派遣社員を対象とした「まじめで楽しいくらぶ活動」です。

主旨は「明るく楽しい職場作り」です。
ただ、その裏にはいろいろな狙いがあるのですが・・・。

派遣社員全員に打ち出しする前に、女性のリーダー層に募集チラシを見せて、意見を聞いてみました。
・斬新なアイデアが出てきそう
・職場活性化につながる
・みんなのモチベーションがアップしそう
・新たな才能が発掘できそう

などなど期待する声が数多く聞かれました。

ただ、まったく初めての試みなので、どのような反応があるか想像できません。

もしかしたら、応募がまったくないかもしれません。
でも考えていてもしようがないので、とにかくトライしてみないと始まらないですよね。

そして朝礼で告知したところ、午前中だけで、なんと10名もの応募がありました。

その他、詳しく聞きたいという人もいて、もう少し人数も増えそうです。

積極的に応募してくれた方、本当にありがたいです!

なんだか良い活動になりそうで、遠足前夜の子供みたいにワクワクしてきました。
posted by だいばあしてぃ at 23:55| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユニフォーム選考委員会は踊る(BlogPet)

ぷっちは、選考されたみたい…
じゃああいだへだいばあしてぃがお話したかったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぷっち」が書きました。
posted by だいばあしてぃ at 13:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

ユニフォーム選考委員会は踊る

昨日、一週間ぶりに出社した僕を待っていたのは、フットサルの中心メンバーのこわもての女性カルテットです。

「お話したいことがあります!」と囲まれてしまいました。
彼女たちは[フットサルユニフォーム選考委員]なのです。

実は、休暇前にチームのユニフォームのアンケートで、
「エンジと黒の縦じまがいい。ピンクのユニフォームにするなら、俺は買わないよ!」
というメールを送りつけて、そのまま南国に旅立ってしまったのです。
(そもそもピンクにこんな背番号つけた人を見たらどう思います?)

後から聞くと、僕の不在の1週間は、いろいろと大変だったようで、
20代の女性陣も同調するように「ピンクはイヤ」と言い始めたようで、
そのために選考委員の方たちは事態の収拾におおわらわだったようです。

夕方、こわもてカルテットとユニフォーム選考会議が開かれました。

「アンケートではエンジと黒の縦じまよりピンクの方が多かったの」
「じゃあ、ピンクにすればいいじゃん」
「でもそしたら買わないんでしょ?」
「うん」
「えー、超ワガママ。ちょっとぉー、大人になってよ」
「ピンク似合ってたよ、かわいいしー、今なら日焼けした肌に似合いますよ」
「おだててもムダだよ。それに俺は一人っ子だからワガママなんだよ」
「じゃあ、どれならいいの?」
「ピンク以外!」
「えー、アタシは絶対ピンクがいいの!ソックスもピンクにするんだから!」
「それなら林家パー子になっちゃうよ」

そんなやりとりが続き、中々まとまりそうにありません。

僕もあえて混乱させるようなことを言って、本音を引き出そうという意図もあったのですが・・・。

結局、あいだを取るということになり、ピンクと黒の縦じまになりました。
(別に縦じまにこだわっていたわけではないのですが・・・)

「これなら絶対作ってくれますよね!」
「結局、俺が作るかどうかが問題なの?」
「そうですよ、他の男性はピンクでいいって言ってるんですよ」
「ふーん、ならしようがないか、その代わり背番号69はヤダよ」
「あれは冗談です。じゃあ、これで決まりね♪」

不本意ですが、そこまで言われたらしようがありません。
彼女たちの「みんなでお揃いのユニフォームを作りたい!」という熱い思いに負けました。

「ピンクがイヤだ」と言った20代の女性陣に話をしたら、
「えー、それってどこがあいだを取ったんですかぁ?別に縦じまを主張していたわけではないんですけどぉ。
 あのチンドン屋みたいなピンクをどうにかしてほしかったんですけどぉ・・・」
と文句を言われてしまいました。

そういえば、「BATNA」を使うのをすっかり忘れていたようです。
posted by だいばあしてぃ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。