2006年04月30日

メタファー構築法

昨日に引き続き、NLPコーチングのセミナーですが、
本日でジョン・グリンダー博士とカルメン・ボスティック女史が担当する前半の3日間が終了しました。

特に今回のワークで、グリンダー博士のメタファー構築法には、
やられてしまいました。

クライエントの問題について、
その場で文芸的で感動的なメタファーに置き換えて、
僕たちへ意識的・無意識的に語り始めました。

見事なメタファーでそれも感動的なストーリーなので、
もう唖然とさせられました。

お話が終わった後、会場は割れんばかりの拍手でした。

時間の感覚を忘れるほどの濃密な3日間となりました。

頭も体かなり疲れています。

睡眠中にも、受け取ったかなりの知識や情報を整理すべく活発に活動しているようで、
妻からは「ひどい騒音!」とクレームを受けました。

宿題もたくさん出ています。
とにかくプラクティスですね。

それと個人的にかなりうれしかったことは、
グリンダー先生との2ショットの写真を撮らせてもらったことです。

先生とのお約束でネットにアップはしませんが、
自分がこの場で先生から学んだという、記念すべき貴重な思い出として、
大切にしたいと思います。
posted by だいばあしてぃ at 23:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

NLPコーチング そして伝説へ

昨日からNLPコーチングセミナーのモジュール2が始まっています。

この3日間は、NLP創始者であるジョン・グリンダー博士とカルメン・ボスティック女史が担当されています。

僕はお二人にお会いするのは初めてでしたが、
グリンダー博士は優しさの中にも威厳があって、
とてもかっこいい紳士でした。

カルメンさんは、きれいで立ち振る舞いも優雅で、
とてもよい香りがしました。

そんな印象もセミナーが始まれば、別の衝撃が待っていました。

やはり創始者の言葉は、ひとつひとつ重みと深みがあります。
これまで学んできたことが、とてもよく体の中に入ってきます。

そしてデモを見たとき、
「達人というのはこう人を言うのか!」
とつくづく感じ入ってしまいました。

もの凄いことを簡単にさらっとやってしまうんですね。

何も知らない人が見たら、
もしかしたらその凄さがわからないかもしれませんが、
デモの中で、様々な高度なテクニックを効果的に
しかもさりげなく散りばめていて、
見ている方は唖然としてしまいました。

とても言葉では表現できない凄さでした。

帰りの電車の中で、髪の長い男性から言われた一言が印象深いです。

「これは伝説のセミナーになるかもしれないね」

思い切って参加して本当に良かったと思っています。



posted by だいばあしてぃ at 23:11| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

美容師のストラテジー

昨日、2ヶ月ぶりに髪を切りました。

ディレクターになったなじみの美容師さんと話をしていて、
カットするときのストラテジーを聞いてみました。

どうやら切る前に完成形をイメージするようです。
そのイメージに近づけるため、髪の量や長さ、堅さをチェックして、
カットをしていくそうです。

お客が「こうしてほしい」とのリクエストに対して、
「この方が似合うからこうしましょう」という
チャレンジをすることがあるかを聞いてみました。

相手のキャラで判断するそうです。

チャレンジしてうまく行けばいいのですが、
逆にガッカリして帰ると凹んでしまうそうです。

美容師さんにある質問をして、
NLPの眼球動作パターンをチェックしてみると、
予想通り、上を見ました。

職業柄イメージを大切にしているようです。

簡単に眼球動作パターンのレクチャーをしたら、
すごく興味を示して、早速やってみようと喜んでいました。

常にお客と接する美容師さんには、ラポール形成のために
NLPを学ぶのも効果的かもしれません。
posted by だいばあしてぃ at 23:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

ブログを見ている人と話すとき

ブログを書き始めて、1年9カ月。
数えてみたら650以上の日記を書いていました。

我ながらよく続いたなぁと思っています。

文章を書くのは嫌いではないのですが、日記を書くのが苦手でした。
自分のことを書くということがなんだか照れくさくて、
すごく抵抗があったのです。

それでも「自分のことを理解したい」、そして「表現したい」
という欲求がフツフツと湧き上がってきて、
誰にも言わず、細々とスタートしました。

「それならわざわざブログという形式で、ネット上で公開しなくてもいいんじゃないか?」
とも思ったのですが、
無意識の中で「自分ことを誰かに知ってもらいたい」
という気持ちもあったようです。

そんな形で始めたこのブログも、少しずつ知人が知るようになりました。

たまにそんな友人と話していると、
「先月、旅行に行ってさー」
「ああ、草津行ったんだろ?」
「エッ、なんで知ってるの?」
「だってブログに書いてたじゃん!」

「この前見たDVDがすごく面白くてさぁ・・・」
「バタフライ・エフェクトでしょ?私も借りちゃった」

僕が話そうと思っていたことが、すでに知られているんですよね。
ちょっと恥ずかしい気持ちになって、会話のペースが乱れてしまいます。

そうなると、
「この人はブログを知ってるから、この前書いた記事と同じことを話してもしようがない」
「いや、もしかしたら読んでないかもしれないから、違う角度から話せば大丈夫かな」
などど話す前にいろいろと考えてしまいます。

そもそも楽しい時間を共有するための気軽なおしゃべりが、
話す前に内容についてあれこれ考えてしまうことに疲れてしまって、
逆効果になってしまいます。

だから・・・
もし僕がブログに書いたことを話し始めたとしても、あまり気にしないでくださいね。

そういえば、書く内容についても気を使うようになりました。
posted by だいばあしてぃ at 23:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

兄と弟

昨日は次男の誕生日でした。
8歳になりました。

両親からのプレゼントはニンテンドーDSソフトの「ポケモンレンジャー」をあげました。

兄弟で取り合いしながら、仲良く?遊んでいたようです。

兄は、ムシキングの「ヘラクレスリッキーブルー」のレアカードをあげていました。

僕はひとりっこなので、兄弟という関係は経験的にわからないのですが、
どうやらうちの兄弟は、かなり仲がいいようです。

弟は自分のベッドがあるのに、わざわざ兄のベッドに行き、
狭いスペースにくっつきながら一緒に寝ています。

ただでさえ狭いのに、UFOキャッチャーで取ってきた
ポケモンのぬいぐるみを枕元にたくさん置いて、一緒に寝ています。
 
なんだか微笑ましい風景です。

学校から帰ると、家に話し相手や遊び相手がいるっていいですね。

ところで、最近の子供は、友人どうしで遊ぶ機会が減っているようです。

塾や習い事をしている子が多いみたいだし、
いろいろと物騒なので、親も子供だけで外で遊ばせたがらないので、
特に体を動かして遊ぶ機会が激減しているようです。

本当の森を仲間で探検したり、
隣町の川を渡ったり、
秘密基地を作ったり、
そんな時間も環境もないので、
きっとゲームで疑似体験をしているのでしょう。

今の子供が大人になる頃は、どんな世の中になっているのでしょうか?
いろいろなことがヴァーチャルの世界で楽しめる(?)ように
なっているのでしょうか?

まさにマトリックス・・・。
posted by だいばあしてぃ at 22:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コールセンターのベンチーマーク(BlogPet)

最近はセミナーに行ってきました
効果と広い他社などをビッグサプライズするつもりだった
ぷっちたちが、良いところに観点とかを認識しなかったの良いところにこもっていると、ベンチマークの設定に役立ちます
セミナー終了後、今回は、上手に左脳的説明をされました
今回他業界などをビッグサプライズがありませんでした
と、ぷっちが思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぷっち」が書きました。
posted by だいばあしてぃ at 10:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

子どものころなりたかった職業ベスト10!

All Aboutでこんな記事を見つけました。

20代から60代の男女の読者投票の結果が以下のとおりです。

では男の子のベストテンは・・・

1位 パイロット
2位 野球選手
3位 電車の運転士
4位 医者
5位 学校の先生
6位 科学者
7位 検察官
8位 サッカー選手
9位 レーサー
10位 弁護士

女の子のベストテンは・・・

1位 フライトアテンダント
2位 学校の先生
3位 幼稚園の先生&保育士
4位 看護士
5位 お花屋さん
6位 歌手・アイドル
7位 ピアノの先生
8位 ケーキ屋さん
9位 漫画家
10位 医者/獣医

男女とも1位は飛行機系ですね。
みんな空を飛ぶことに憧れていたのでしょうか?

男性は野球選手やサッカー選手などスポーツ系がランクインしてますが、
女性はかわいい系の職業が多く、
スポーツはあまり人気がなかったようですね。

男性の7位の検察官は意外です。弁護士より人気があったのですね。

ちなみに僕は、小学校低学年のときは、仮面ライダーで、
その後、探偵になりたかったのですが・・・、
いずれもランク圏外のようですね。

中学生以降は、将来の職業についてのイメージが
まったくなかった気がします。
なりたくない職業は、なんとなく想像できたのですが・・・。

実はデスクワークだけは、絶対向いてないし、イヤだと思っていたのに、
入社1年目の営業研修を最後に、ずーと事務系のデスクワークなんです。

営業の成績も110人中3位というなかなかの業績だったのですが、
ホント不思議ですよねぇ・・・。
なにか人格的問題でもあったのでしょうか・・・。
posted by だいばあしてぃ at 23:22| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | キャリアカウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

涙から学んだこと

先週から派遣社員の面談を始めました。

入社3年経過した方たちから、
「退社したい」という声がチラホラ聞こえてきました。

とうとう当社も、業界特有の「燃え尽き症候群」が発生した可能性もあり、
下手な手を打つと総崩れになるので、
まずは慎重に本音を探り出そうということになったのです。

ということで、実は先週だけで4人も泣かせてしまいました。

別に僕がパワハラをしたり、セクハラをして、
いじめたわけではありません。

みなさんが、ポツリポツリと話し始めた、
つらかったこと、苦しかったことに対して
感情にペーシングしたら、彼女たちの目が潤んできて、
自然と涙が溢れ出てきたのです。

この仕事はストレスの溜まる仕事です。
やはりメンタル面でのサポートが必要だったようです。

また派遣社員という立場は、こちらが考える以上に
そのポジションに不安を感じているようです。

みなさんの存在意義について、
もっともっと言葉でその必要性を伝えてあげること、
どうやらそれが足りなかったようです。

またひとつみなさんに教わりました。

posted by だいばあしてぃ at 23:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

キャリアカウンセラーとNLP

キャリアカウンセラーのセミナーの同窓会に行ってきました。

全国から20人ほど集まり、バイキング形式での
美味しい料理を楽しみました。

2年間一緒に学んだ仲間たちです。
合計3回の合宿も経験しています。
丸2日間、エンカウンターもやりました。

だから絆も深くて、1年ぶりの再会でも
全く違和感がありませんね。

簡単な近況報告を聞くと、
この1年間で転職をしたり、起業したり、
みなさんいろいろと転機があったようです。

それとお互いにお仕事を紹介しあって、
活動をしているようです。

僕は環境的に変化はありません。
当時から会社も仕事も変わっていません。
ただ内面的には変化があったと思います。

近況報告では、NLPの話をしました。

カウンセラーのセミナーで学んだこととNLPで学んだこととの大きな違いは・・・、
「クライエントのコンテンツを聴く」というより、
「いまここ」にいて、クライエントの非言語のメッセージを
カリブレーションすることの大切さを学んだ。
言語と非言語の両方のメッセージをバランスよく聴くことが出来ると、
相手の理解がより深くなる。
という話をしました。

みなさん、かなり興味深く聞いてくれて、
後から「NLPってなに?」「目の動きだけでわかるの?」
など、いろいろと質問されました。

3時間ほどの懇親会でしたが、かなり盛り上がりました。

こういう会って、献身的な幹事の方がいるとちゃんとまとまりますよね。

posted by だいばあしてぃ at 23:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアカウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

憧れの赤のアウディ

本日は土曜日出勤です。

休日出勤ということで、白いジャケットにジーンズという
カジュアルなスタイルで、マイカー通勤をしています。

家と会社は直線距離では近いので、
電車通勤の半分の時間しかかからず、気分的にもとても楽ですね。

とてもよい天気です。
空は青く、澄み切った空気で、まだ山頂に白い雪の残る富士山が
とてもきれいに見えました。

最近は、土日にセミナーに行くことが多いので、
車を運転する機会が大幅に減りました。

そのせいか車庫入れが下手になってしまい、
運転に少し自信がなくなってきています。

こんなことは初めてです。
車両感覚がすっかり鈍っているようです。

ところで、今の車は8年目になるのですが、
ようやく走行距離が3万キロになりました。

独身時代は1年で1万キロは走っていたのですが、
この頃は、すっかりドライブに行かなくなりましたね。

車に乗ること自体が楽しいと感じていた時代がなんだか懐かしいです。

入社したての頃に無理をして購入した
中古の流面系の白いセリカは早かったです。
もちろんマニュアルです。
湾岸道路を思い切り飛ばして走っていました。
雪の中、チェーンをつけずに軽井沢に行っても大丈夫でした。

次に買った中古のアウディは、
乗ってるだけでステイタスを感じてました。

なぜアウディかというと、
高校時代に松田聖子のファンクラブ通信で見た
「好きな車は赤のアウディ」という記事が
強烈に印象に残っていたからです。

さすがに赤はミーハーだと思ったので、青を選びました。

ところがこのアウディは故障が多く、
かなりひどい思いをしたのです。

外車は、パーツが限定されていて、修理できるところが少なく、
故障すると大変なことになります。

以前GWの初日にバッテリーが切れて、
ふつうの工場には純正パーツが置いてなく、
ほとんどのアウディショップが長期休みに入っていて、
車をとめるたびに、他の車につないでもらって、エンジンをかけるという
情けない状態になったことがありました。

その他、アンテナがすぐ折れる、クーラーが止まらなくなる、
極めつけは、高速道路の追い越し車線を運転中に
警告ランプが全て点灯して、
アクセルを踏んでもスピードがどんどん落ちていくという
恐ーい体験をしました。

結局、アウディはすぐ売却しました。

そろそろ新しい車を検討したいですね。

今度はカーナビをつけようっと!
posted by だいばあしてぃ at 23:21| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

揺るぎない軸はどこにあるのか?

昨夜はとても寒かったですね。

4月の夜って、こんなに寒かったかなぁ・・・。

昨夜は、NLPセミナーで一緒に勉強した方と話す機会があって、
その方と僕の同僚との会話の中で、
僕にとってもかなり大きな気づきがありました。

「仕事に対するスタンスにしっかりとした軸がないと、
 他人の言葉や行動に影響されて自分を見失ってしまう」

まさにその通りですね。
僕にも当てはまる痛烈なセリフです。

軸が曖昧だといろいろなことでフラフラしてしまい、
他人の評価に振り回されて、言動が一致しなくなります。

まさに「首尾一貫性」の欠如ですね。

僕も地に足をつけた揺るぎない軸を持たなければいけないと
痛感しました。

でもその軸はどこにあるのでしょうか?

1日の生活の中で、会社にいる時間が最も長く、
仕事に費やすエネルギーが最も多いのに、
迷いながら時間を浪費するのはもったいないことです。

どうやら時間の消費量に比べて、エネルギーの消費量が足りなくて、
特に問題のない現状において、何か欠落しているような焦燥感を
感じてしまうのかもしれません。

こんなことを書いていたら「あしたのジョー」のラストシーンが
浮かんできました。
posted by だいばあしてぃ at 22:54| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

進め!フットサルチーム

昨夜は、所属のコールセンターの女性を中心としたフットサルチームの練習日でした。

先月に発足したチームですが、名前も決まり、本格的に毎月練習することになったのです。

2回目ということで、どれぐらい集まるのかと心配していましたが、
1回目よりも増えて、なんと30名弱も集まりました。

賑やかで楽しい2時間を過ごすことができました。

4月に異動された大先輩も見学に来て、
「社員と派遣社員がこんなに楽しそうに仲良くまとまっている組織は初めてみた」とビックリしていました。

今回の練習は、前回と同様に、ストレッチから手つなぎ鬼、
パス&トラップ、ドリブルというメニューをこなした後、
シュート練習も取り入れてみました。

みなさん想像以上に熱心で、上手ですね。

僕もコーチとして、プレイのたびに声をかけています。

「すごい、初心者とは思えないボールさばき!」
「ナイスシュート、今のはカーンも取れない!」
「ドリブルがうまい、タコの吸盤みたいにボールが足にくっついている」

こんなことばかり言ってたら、
いつのまにか「ほめ殺しコーチ」と呼ばれていました。

今回は人数も多いので、3分間のミニゲームを15本程度やりました。

男性も順番にフィールドに出て、
僕らも2回ほどプレイすることができました。

これが周辺視野の練習にかなり効果的なんです。
ドリブルやキックするとき、目の前のボールにフォーカスしながら、
瞬間的に敵や見方の位置を周辺視野で確認し、パスを通す。
NLPはスポーツにもピッタリですね。

今回はみなさんもシュート練習をしたせいか、
前回よりも得点する人が増えて、かなり喜んでいました。

ケガ人もなく、無事終了して、2次会へ。

前回は26時まで飲んでいた方がいて、翌日大変だったということで、
23時にお開きとなりました。

今週は忙しくないと思っていたのですが、月・火と打ち合わせで遅くなり、
土日のセミナーの疲れが全然取れません。
posted by だいばあしてぃ at 23:21| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

「24」の続報

「24」の続報です。

eiga.comの記事より
日本でも大ヒット中のTVシリーズ「24」の出演契約を、
 第8シーズンまで延長したキーファー・サザーランドが、
 映画版「24」の進行状況について明らかにした。

 現在、脚本家チームがさまざまなストーリーを模索中で、
 早ければ来年夏に撮影開始になるという。
 検討されている案の中には、第1シーズンより前の時代を描く
 バージョンもあり、実現すれば、TVシリーズでは死亡してしまった
 人気キャラクターを再登場させることができるという。
 また、映画版ではリアルタイム形式はとらず、
 24時間の出来事を2時間でまとめる形になるとか。
 さらに、サザーランド自身が「テレビと映画は共存できると信じている」
 と言うように、
 映画版は「24」のフィナーレではなく、映画とテレビとを
 並行させていく予定だとか


まだまだ「24」は続くようですね。

やはり映画版はリアルタイム形式ではないようです。
以前に題名が「2」になるのでは?と書きましたが
そんなわけないですよね。

でも第1シーズンより前というアイデアは面白そうですね。

シリーズ物で、時代を遡るというアイデアは定番なのでしょうか?
映画だと「スターウォーズ」、マンガだと「島耕作」、小説だとスティーブン・ハンターの「スワガーシリーズ」など。

やはり死んでしまった人気キャラを復活させることができるという点が
いいのかもしれませんね。
posted by だいばあしてぃ at 23:21| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画&ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

季節外れの卒業式(BlogPet)

きょうはだいばあしてぃの帰り際は編集したいなぁ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぷっち」が書きました。
posted by だいばあしてぃ at 10:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

知の巨人からベジータへ

[組織内のコミュニケーションの活性化を図る]というお題目で、
2年ほど前からアナログの交換日記をしています。

オペレーターはスーパーバイザーに
スーパーバイザーはマネージャーに
5行程度の日記を出し、コメントを返すということをしています。

僕のチームの20代の独身女性が昨日の日記で、
「毎日同じことの繰り返しでイヤだ」と書いてきたので、
「世の中には、満員電車とテレビしか知らないまま
 人生を終えてしまう人がたくさんいる。早く目覚めないとダメだ」
という先日書いた先生のコメント
彼女の好きなドラゴンボールの絵を描いて、返しました。

早速、彼女が僕のデスクまで来て、
「これって、すごくわかりますぅ。毎日同じ電車乗って、家帰って、
 バクバク食べながらテレビ見て・・・」

「マトリックスと一緒だし、なんだか奴隷みたいだよね」
「なんですか、奴隷って?」
「未来の人が歴史の教科書を作るとき、
 『この時代のサラリーマンとはローマ時代の奴隷と同じである』
 なーんて、書いてるかもしれないよね」
「そっかー。でもそういうこと考えると、恐くて眠れなくなっちゃいます。
 だって私たちのことを遠い宇宙の人が、ずっと観察していて、
 操作してるのかもしれないですよね」

「遠い宇宙の人って、ナメック星人とかのこと言ってる?」
「そういえば、マックのハッピーセットで、ベジータGETしました♪
 やっと見つけたんですよ!」


いやぁ、ずいぶんダイナミックな展開ですよね。
知の巨人と呼ばれる先生の深い話から、
いつのまにかマックのハッピーセットのオマケの話になってしまいました。

それから延々とマックのポテトについての個人的見解を
聞かされることになりました。
posted by だいばあしてぃ at 23:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

季節外れの卒業式

昨日は、NLPマスターコースの最終日で査定の日です。

査定のテーマは、自分で考えたNLPのオリジナルテクニックを
デモ形式で実演するということです。

実は、どんなテクニックを創るかということで、2か月前から悩んでいたのです。

オリジナルで、論理的整合性が取れていて、きちんと効果が出て、わかりやすくて・・・。

悩んでいるという表現はちょっと違いますね。
実はワクワクしながら、考えていました。

昔から新しいものを創るというプロセスが好きなんです。

浮かんだアイデアを頭の中でシミュレーションして、調整したり、
煮詰まったりしたら、しばらく寝かせておいたり・・・。

これが「仕事」だったら・・・、
こんなに楽しみながら出来なかったはずです。

締切りに追われたり、いろいろな制約条件があったりすると、
自由に発想できず、80点程度で妥協してしまったと思います。

そういうことで、今回考えたテクニックは・・・、
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」という名前をつけてみました。

簡単に説明すると、
タイムライン上の過去から、エディターのポジションで、
ポジティブ&ネガティブのサブモダリティを編集し、
映画にして(正反合)、それを体感した後、
無意識に任せた新しいタイムラインを歩くという内容です。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」や「バタフライ・エフェクト」から
ヒントを得て、過去の記憶の編集から新しい現在を導くということが
テーマになっています。

サブモダリティの編集は、DVDのプレイリスト編集からヒントを得ました。

頭の中で、何度もシミュレートして本番に臨んだのですが、
実際のところかなり緊張しました。

手順や説明はすべてカバーできましたが、
デモとしては、オブザーバーから見えにくかったようです。

またカリブレートした感じでは、
効果的な内的変化は少なかったかもしれません。

やっぱり簡単には行かないものです。

とりあえず査定は終了して、なんとか卒業することができました。

その夜の打ち上げは、オバカな話でかなり盛り上がって、
久しぶりに大笑いしました。

帰りの電車の中でも、思い出すだけで笑ってしまいましたよ。

「永ちゃん、サイコー!MMKすごーい!マルーンって誰?」

僕もNEWコードゲームでかなりハイ状態になっていたので、
いろいろなことを口走ってしまったようです。

そのせいか、帰り際にある方から
「上半身と下半身で人格が違うんですね」
とのフィードバックを頂きました。

ようやく気づかれたようです。
posted by だいばあしてぃ at 23:21| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

永遠の旅を楽しむ

週末はNLPマスターコースの最終モジュールです。

11月からスタートした6カ月間、
プラクティショナーコースを含めると、5月からの1年間、
長いようで短いような旅が終わってしまいます。

5月の初日の緊張感は、昨日のことのように思い出しますが、
それははるか昔のことのようにも感じています。

教えて頂いた先生、一緒に学んだ仲間、事務局の方々、
いろいろな人と触れ合い、本当に良かったと思っていまし、
「ありがとうございます」という気持ちでいっぱいです。

たぶんこの1年間は、後になって振り返ると、
僕の人生における大きな分岐点になっているのではないかと思います。

セミナーの最後にひとりずつコメントする機会があり、
僕は次のようなことを話しました。

(NLPを知っている人どうしと話をすると、伝わり方や理解のスピードが速いのですが、)
例えばNLPを全く知らない会社の人と話をすると、
効率が悪いのでかなりもどかしいと感じるようになりました。

すると先生から、
「世の中には、満員電車とテレビしか知らないまま
 人生を終えてしまう人がたくさんいる。
 早く目覚めないとダメだ」
というようなコメントを頂きました。

恐い話ですよね。

まるでマトリックスの世界のようです。

また先生から最後に「永遠の旅を楽しんで!」という
明るいメッセージも頂きました。

ホントそうですよね。
ずっと学んでいきたいと思います。
posted by だいばあしてぃ at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

アイドル系新入社員の歓迎会にて

昨夜は歓迎会がありました。

総勢50名弱の組織で、転入者が7名、噂の新入社員1名の歓迎会です。

グループのオペレーターにトラブルがあったため、
30分ほど遅れて会場に行くと、
6個のテーブルに仲良しグループ単位に分かれて座っていて、
盛り上がっていました。

どこに座ろうかと一瞬悩んだ結果、
一番人数が少なく、盛り上がっていないテーブルに座ることにしました。

本当は、新入社員を含む入社3年以内の若手女性グループのところに
行きたかったのですが、そんなことをすると後で何を言われるか
わかりませんから・・・。

とりあえず座って、静かに飲みながら、周りを観察していたのですが、
男性は席を移動しながら、いろいろな人と話しているのですが、
女性は絶対動きませんね。

トイレで席を立つのも数人で行くんです。

僕もテーブルの人たちがバラけた頃、各テーブルを巡回しました。
そして、若手女性のテーブルに行きました。

そこにはいつもの「かわいこブリっこ隊」と「盛り上げ隊」と
アイドル系新人が座っています。

軽く新人さんに挨拶すると、
ちょっと体を引きながら1コ上の先輩に視線を移しました。

「ねえ、なんか怯えてない?」
新人「いえ、そんなことないです」
昨年入社の盛り上げ隊「この娘にちゃんと話しておいたから」
「エッ!何それ?」
昨年入社の盛り上げ隊「研修の時間に若い頃の失恋話をしたり、いい年してゴマキのコンサート行ったり、朝礼で一発芸しろと言ったり、着ている服にダメ出ししたり・・・」
「あのさー、そんなこと言ったら、サイテー男と誤解するじゃない?」
盛り上げ隊長「だって、そうじゃん!」

完全にナメられてます。
入社2年目の子にタメ口されてます。
アイドル新人にすっかり引かれています。

そのテーブルから早々に退散させて頂きました。




posted by だいばあしてぃ at 23:52| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ないとらいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

聴き直す歌謡曲

最近の僕のipodは、年代物のラジオみたいに
70年代から80年代の歌謡曲しか鳴りません。

近所のTUTAYAで、
「CDレンタル5枚で千円」というプロモーションにまんまと乗せられ、
思いつきでレンタルした「青春歌年鑑 70年代総集編」&「青春歌年鑑 80年代総集編」。

すっかりハマッてしまいました。
はっきり言ってこれしか聞いていません。

70年代のDISC1は、まだ音楽に目覚めていないときですが、
この頃のフォークソングは今聞いてもいいですね。

ゆったりしたきれいなメロディーに乗せられて、歌詞が心に染み込んできます。
音楽を聴きながら、イメージが膨らんできます。
気軽に口ずさむことができる覚えやすい歌ばかりです。

よしだたくろうの「旅の宿」を改めて聴いてみて、
この詩ってすごいなぁと思いました。

70年代のDISC2はメッチャクチャ懐かしい曲ばかりです。

当時は音楽に興味を持ち始めた頃で、
毎週日曜日の10時から始まる「不二家歌謡ベストテン」?を
お年玉で買ったラジカセで録音して、聴いていました。

当時、ダウン・タウン・ブギウギ・バンドの「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」はよく聴いてましたが、今聞くと、印象が全然違います。

以前、阿久悠さんが番組の中で、
あんたあの娘なんなのさ」という歌詞に出会って、
「なぜ俺はここまで来なかったのか」と衝撃を受けたと話していました。

インタビュー形式で様々な人から語られるヨーコの孤独や彼女を探す男の優しさ、
段々彼女に近づいてくるドラマ性、最後の落ちのセリフなどなど、
歌詞から映像が浮かんでくるような素晴らしい曲です。

そうそう「木綿のハンカチーフ」の詩もせつない状況が浮かんできますよね。

ところで今の日本の歌って、
サウンドや歌詞が妙に凝っているかもしれないけど、
メロディーが覚えやすくて、歌詞がすーと入ってきて、
シンプルで歌いやすい曲が本当に少なくなりましたね。

「青春アミーゴ」がヒットした理由がわかるような気がします。
posted by だいばあしてぃ at 23:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

カウンセラー仲間と話すとき

昨夜は、キャリアカウンセラーのセミナーで2年間一緒に勉強した仲間と
久しぶりに会いました。

1年ぶりですね。

僕を含めて、3人で飲んだのですが、
ひとりは職場が近く、一度ランチをしたことがある女性です。
もうひとりの男性は、その女性からの仕事の依頼で、こっちに来てるということで、
久しぶりにご飯でも食べようということになりました。

2年間も一緒に勉強したということで、1年ぶりに会ってもすーと話に入っていけますね。
話題も過去の思い出に浸るというより、
今何を勉強しているのか?
これからどうするのか?
という前向きな話題が多かったです。

二人とも産業カウンセラーの勉強をしているようです。

僕も最近ハマッているNLPの話をしました。

コンテンツ重視のカウンセリングとカリブレーション重視のNLPの違いを説明すると、とても興味深く聞いていました。

もちろん二人ともカウンセラーだから、
「傾聴」のスタイルは確率されていて、ちゃーんと聞いてくれます。

やっぱりカウンセラー仲間やNLPの仲間と世間話をするときは、話しやすいです。

でもそれに甘えてしまって、
たいして面白くない話を長々と続けないように、
気をつけないといけないですね。
posted by だいばあしてぃ at 22:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアカウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

コールセンターのベンチーマーク

久しぶりに外出して、コールセンターのセミナーに行ってきました。

社内にこもっていると、それが常識だとついつい思い込んでいることが、
他社の話を聞くことで、それが世間では通用しないことに気づかされて、
ベンチマークを知るという意味でとても大切なんです。

今回は、いわゆる進んでいる数社のセンターの実例を聞きました。

最近はセミナーに行くと、プレゼンテーターをカリブレーションするのが
癖になっているようです。

みなさん、パワーポイントを使いながら、上手に左脳的説明をされていました。

今回のセミナーは、
ストラテジーマネジメントとクオリティマネジメントの観点からのお話でした。

内容としては・・・、
正直言って、ビッグサプライズがありませんでした。

以前はセミナーに行くと、「はー」「へー」「スゲー」とか
感嘆符しか出なかったのですが、
今回は、「あれ?」という感じです。
というのは、「これはうちでもやってる」
「この点はうちの方が効果的だなぁ」という点もチラホラあったのです。
自分のセンターの良いところに初めて気づかされました。

どうしても自分のところの悪い点や改善点ばかり目についていたのですが、
バランス感覚を持って、良い点も認識する必要がありますね。

やはり他業界の話を聞くと、ベンチマークの設定に役立ちます。

セミナー終了後、旧友とちょっとしたテーマパークで親交を深めました。
posted by だいばあしてぃ at 23:31| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年の新入社員はアイドル系です!(BlogPet)

前はぷっちたちが、明るく視線や、正面から一際輝くオーラを感じました
今回は、僕のグループではなく、席もかなり離れているんだな・・・
彼女を見た瞬間の上司のメチャクチャうれしそうなされるので、まさにその女性ので、ほとんど話すことはなさそうで、まさにその女性が待っています
と、だいばあしてぃは考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぷっち」が書きました。
posted by だいばあしてぃ at 11:27| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

幸せをつかむTVセミナー 成功への9ステップ

録画しておいた「幸せをつかむTVセミナー 成功への9ステップ 」を見ました。

本はまだ読んでないので、
●どんな内容なのかという興味と、
●ジェームス・スキナーさん自身がどのようなプレゼンをするのか
ということで、ノートとペンを用意して、
ワクワクしながら、再生ボタンを押しました。

みのもんたが司会しています。
この方のプレゼンも味がありますね。
噂によると、僕の高校の同級生が毎日、局でお守りをしているようです。

肝心のスキナーさんですが、日本語ペラペラです。
ビックリしました。

話し方、内容、表情、ジェスチャーなど、ほんとプレゼンがうまいなぁと
感心してしまいました。

セミナーの内容として、
一番印象に残ったのは、第4のステップの「計画」です。
これは「時間をムダに使うな」ということで、
まずは「感情」を最優先しろということでした。

このブログでも「時間管理」について、何度か書いていたのですが、
この考え方は新鮮でした。

何か計画をするにあたり、
それをすることで、どんな感情を得たいのか」を最優先で考えるということです。

いわゆるチャンクアップして、高次の目的を事前に考えるということでしょうか?

それと僕に足りないリソースは、やはり「決断」だということに気づかされました。

参加者が目標を書いた木片を手で叩き割るシーンは、映像的にも効果的でした。

また角田信朗さんのイグアナ恐怖症を治すところは、
NLPのテクニック「フォビア/トラウマ キュア」を使っていましたね。
さりげなく肩に触れてアンカーリングもしていました。

見終わって気づいたことがあります。

僕の情報吸収方法としては、
文章を読んだりして、視覚的に吸収するより、
セミナーなどで人の話を聞くという聴覚からの吸収が
向いているのかもしれないということです。
posted by だいばあしてぃ at 23:29| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

仕事は学園祭だ!

今年度も、女性中心の組織改善活動のチームを再編成し、
活動を開始しました。

年度始ということで、活動計画書を作成してもらうこととしましたが、
今回は「目標の設定」について、十分な検討をしてもらいたいと思い、
ちょっとした仕掛けを考えました。

そうしないとねぇ、
普通に「計画書を提出してください」という指示をすると、
安易に昨年度と同じ項目を並べたり、「手段」を目標にしてしまうことが
想定されるからです。

本当は、NLPのNEWコードゲームを使って、
「know nohing state」状態にして、
ミーティング&作業を行えば、かなりのパフォーマンスを発揮できると思いますが、(NLP仲間のエンジェルさんからのアドバイスです!)
いきなりオフィス内でアルファベットゲームでも始めたら、
「あの人さー、前から心配してたけど、春になって、ちょっと・・・」
と言われそうです。

それとミーティングにあまり時間がかけられないという制約があったのです。

いろいろ考えた結果、今回はKJ法もどきで、
事前に送付したカードに各自「チームの目標」を書いてきてもらい、
それを全員でまとめていくということにしました。

チームリーダーには以下の指示をして、僕はオブザーバーとして参加しました。

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

■今回の打ち合わせの3つの目的

○全員が目標を書くことを通じて、「何を目指すか?」について
各自で事前に考える機会を作り、グループで話し合うことで、
自分の中に気づきや新しい視点を取り入れること
○1年間の活動をスムーズに行うため、全員参加型で一体感を持って
もらうこと
○問題解決のノウハウとして、KJ法を体験すること

■進行のポイント
○あまり堅く考えず、学園祭のイベント作りというノリで、
ゲーム感覚で楽しく進行してください。
○最初に一人ずつ「目標」を発表して、終わったら拍手をして
あげてください。
○発言しない人がいたら、声をかけてあげてください。
○人の意見は必ず最後まで聞き、認めてあげてください。
○カードは50枚程度集まるはずです。まとめるとき、
細部にこだわると時間がかかるので、注意してください。
○カードがいくつかのグループにまとまったら、それぞれのグループごとに
 人数を分けてまとめてもいいと思います。

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

それで、先週の金曜日に実際やってみました。

結果としては、初めて実施したわりにうまくいったと思います。

ワーワーギャーギャーの盛り上がりではなかったのですが、
全員が真剣に作業に取り組み、発言をして、
なんとか時間内にまとめることができました。

まとめ方については、口を出したいシーンもありましたが、
黙って見守ることにしました。

知恵を出し合うということは、無限の可能性があるようですね。


そんなことを思いながら、家に帰って、
前日に録画していたNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」
を見ました。

普段あまりドキュメントは見ないのですが、
R25に紹介されていていたことと、
ジブリのプロデューサーの鈴木敏夫さんが出るということで、
僕の無意識が刺激されたようです。

「ほぼ日刊イトイ新聞」でもジブリの仕事というテーマで連載されていて、
それがとても面白かったのです。

印象深かったのは・・・

仕事を祭りにする」ということです。
仕事を仕事と思っていたら、バカバカしくてやってられない。
だから“仕事”をみんなで楽しむ“祭り”に変えてしまう。
「仕事を忘れない限り、いい仕事は生まれない」そうです。

見ていて、
「あれ、今日同じようなこと話したなぁ・・・、これも共鳴なのかなぁ?」
と不思議な気分になりました。
posted by だいばあしてぃ at 23:56| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

真希姫とアイコンタクト

約1年ぶりに真希姫に会ってきました。

今日は、パルテノン多摩にて、
「後藤真希キャプテン公演 ハロ☆プロパーティー!2006」
がありました。

出演者は真希姫と辻希美、石川梨華率いる美勇伝です。

今回ヤフオクでGETしたのは、前から6番目の中央の席です。
いつもはサイドの席ばかりだったので、初の中央でとても楽しみです。

会場に着くと、すごーく男臭い匂い。
あちこちでTシャツ姿に着替えて、臨戦態勢ですね。
ちょっと異様な雰囲気で、どうもなじめません。

そんな熱い男たちをかきわけて、ようやく席にたどり着きました。
いやーこれはすごい。ホントど真ん中です。

開演と同時に真希姫が出てくると、かなりの近距離ですなんと真正面です!
6番目の席だと、視線がモロにぶつかる位置です!

これはちょっとヤバイです。
たぶん数回、目が合ってしまったと思います。
思わずポーとなってしまいました。

コンサとしては、ソロではないので、持ち歌が全部聞けなくて
残念でしたが、その分、いつもと違うモーニング娘時代の曲が聞けたり、
石川梨華や辻希美が見れて、よかったですね。

真希姫は比較的露出は少なかったようですが、
他のメンバーはほとんど水着同然の衣装で激しく体を動かしていて、
それを近距離で見てしまい、かなり度肝を抜かれました。

すいません、親父的発言でした・・・。

明日出勤したら、「昨日コンサート行ったでしょ?」
とみなさんから突っ込まれそうです。

完全に行動が読まれていますね。

image/diversity-2006-04-09T23:09:31-1.jpg
posted by だいばあしてぃ at 23:09| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 真希姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

青い自転車に乗って

今日は次男の誕生プレゼントを買いに行きました。

僕の両親からということで、自転車を買うことにしました。
これまで10年くらい前に買った長男のお下がりを使っていたので、
小さくてボロボロでブレーキの利きも悪く、かわいそうだったんです。

ディスカウントショップに行ってみると、
子供用でもかなりの種類があります。

マウンテンバイクがほしいということで、
いろいろ見て回りました。

6段ギアが主流のようで、値段も2万円前後なんですね。
僕のママチャリの倍の値段です。

次男が興味を示したのは、ブルーのマウンテンバイクで、
ハンドルのところにデジタルのスピードメーターと距離計がついている
ものです。
いかにも彼が好きそうなものですね。

値段みると2万3千円と、かなり高価です。

たぶん小学校いっぱい乗るのでしょうから、
24インチと少し大きめの型を選びました。

子供用といっても車に乗せるにはかなり大きいので、
リアシートを倒し、なんとかトランクから押し込んで、家まで運びました。

家に着くと、早速自転車に跨り、体全体で喜びを表しながら、
ヨロヨロ走っていました。

よっぽどうれしかったのか、なかなか降りようとしませんでした。
特にスピードメーターや距離計が気に入ったようです。

長男は少しうらやましそうにしていました。
posted by だいばあしてぃ at 21:01| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

家族に聞きました 「名言セラピー」の感想

「名言セラピー」を読了しました。

長男と妻が読んで、最後に僕が読み終わりました。

文字が大きく、読みやすいので、速読やフォトリーディングを使うことなく、あっという間に読み終わりました。

長男の感想は・・・、

???

きっと真面目に読んでいないのでしょう。

妻は・・・
○面白かったけど、自分に当てはまることも多く、
 特別参考にならなかった。
 ということはアタシって、あまり悩みがないのかなぁ・・・。
 (すげー、ホント?)
○電車の中で、つり革に掴まりながら片手で読んでいたけど、
 1ページの文字量が少なく、しっちょうページをめくらないと
 いけないので、疲れた。もっと文字を小さく、薄くしてほしい。
 (本の内容を聞いたんだけど・・・)
○お友達にも見せて、一緒に話したんだけど、
 「ご主人ってこんな本読んでるの?」と聞かれて返答に困った。
 (別にアダルト本じゃないんだけど・・・)

「最近、僕の話す言葉が少し宗教じみていて、ちょっと気味悪い」なんて言われてます。

NLPやカウンセリング、コーチング、心理学、無意識の力など、
これまで話題にしなかったことを話し始めたので、
「この人、大丈夫?」て思っているようです。

例えば、僕がDVDを真剣に見ているときに話しかけられると、
昔は「今見てるから、後にして!」と怒っていましたが、
今は一時停止ボタンを押して、「なあに?」とニコニコしています。

でもそういう態度も余計気に入らないみたいで、
「もういい!」と怒られてしまいます。

僕がきちんと説明しないのも悪いのですが、
家族に説明するのってむずかしいですね。

そうそう、僕の感想は・・・

○以前からメルマガを読んでいて、ほとんど一度読んだことがあったので、
 ビッグサプライズは少なかったかもしれません。
○でも最後のページはすごいです!心に響きました。
○こうやって本にまとめて、好きなときに読み返せるのがいいですね。
○誰かに薦めたい!という気持ちにさせる本です。
posted by だいばあしてぃ at 23:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

アウトカムの明確化

最近は、呪文のように「アウトカム」という言葉を呟いています。

寝る前にNLPのドリームインキュベーターというテクニックで
アウトカムの明確化を唱えて、
朝起きると、今日のアウトカムは何だっけ?と考え、
仕事をしているときや誰かと雑談しているとき、
飲み会に行くときも、

「このアウトカムは何?」

と呟いています。

これが結構面白いんですよ。

つまらないことをしているようで、
リラックスのためだったり、自分を守るためだったり、
快楽の追求だったり、
いろいろと気づくことがあります。

自分の行動の高次の目的を探るということにつながるようです。

ただあまりやり過ぎると疲れてしまうので、
ほどほどにしないとダメですね。


そういえば、桜が散り始めました。

駅の自転車置き場のところに桜並木があり、
朝の通勤時にそこから空を見上げると、
満開の桜の花の間からところどころに青い空が透けて見えて、
とても清らかな気分になります。

posted by だいばあしてぃ at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

DVD映画雑記

先週の週末にDVDをまとめて見ました。

■バタフライ・エフェクト

記憶の再構築が自分だけの世界に留まらず、
まわりの人間にも影響するという興味深い設定です。

現実とはなんだろう?

前回のNLPセミナーで、
「現実は構築である」と教わりました。

過去の記憶は再構築可能であると思っています。
ただそれはあくまで個人的なレベルに留まるのに対して、
この映画はまわりの世界も含めて、再構築され、
主人公は最適な解を求めて、何度もトライするというストーリーです。

そして最後に選択した現実は・・・

とても面白い映画でした。

DVD版には別バーションのエンディングがオプションでついていました。
監督のコメントもあって、いろいろ検討した結果、
あのエンディングを選んだんだなぁということがわかりました。

■SAW

会社の後輩から薦められて見ました。

ストーリーや設定が良いと、お金をかけなくても
こんなに面白い映画が撮れるものなんですね。

CUBEみたいな圧迫感のある雰囲気に
最後までどうなるのか予想のつかない展開で、
何度も深い溜息をつきながら、見ていました。

これはラストが秀逸ですね。
ミステリー好きの僕も、完全KO状態でした。

SAW2もDVDで発売されたようなので、ぜひ見てみようと思います。

■コンスタンティン

ストーリーは予想できますが、設定が面白いですね。
楽しく見ることができました。

この映画の感想は、

そろそろ禁煙しないといけない・・・
ということしょうか。

■ミリオンダラーベイビー

アカデミー賞受賞ということと題名のイメージから
どんな映画なんだろうとずっと気になっていました。

重いテーマでしたねぇ。

期待が大きかった分、少し拍子抜けしてしまった感があります。
何事にも先入観を持つと、結果があまりよくないのかもしれません。
posted by だいばあしてぃ at 23:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連ドラ雑記(BlogPet)

今回のスペシャルも凄かったですね
ネットでスペシャルとかいい原作や鮮明と異なるのは初めてかもしれません
妻も「何これ?」
と飽きれていた長男も凍りついてました
先週は連ドラの最終回、これは何なの倉庫での死闘は迫力ありました
暗く切ないお話でした
連ドラの最終回、そこからの続きを見たようなドラマに出会えるのでしょうか!
原作と全然違いました
とか書いてみるの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぷっち」が書きました。
posted by だいばあしてぃ at 11:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

今年の新入社員はアイドル系です!

今年も新入社員が入ってきました。

お昼前に僕のところへ新社員を迎えに来るようにとの電話が入り、
会議室まで行くと、6人ほど緊張した面持ちの女性の新入社員が待っていました。

周辺視野を使って、さりげなく見渡すと、正面から一際輝くオーラを感じました。
目のパッチリしたアイドル系の女性が座っています。

担当の男性から「えー、あなたの部署は○○さんだね」との声で、
まさにその女性が明るく少し緊張した声で「はい」と返事をしました。

おお、彼女なのかぁ!
これはちょっとすごいことになりそうだな・・・。
彼女目当てに僕の部署に訪れる若い男性が増えそうです。

「緊張してる?」
「はいっ」
などととほんの二言三言話して、オフィスに戻り、上司に紹介しました。
彼女を見た瞬間の上司のメチャクチャうれしそうな顔が印象的でした。

今回は、僕のグループではなく、席もかなり離れているので、
ほとんど話すことはなさそうで、ちょっと残念です。

でもあんまりうれしそうな顔をして、はしゃいでいると、
周りの女性から冷たい視線を浴びて、エロ親父呼ばわりされるので、
十分注意をしなくてはいけません。

でも誰かに似ているんだけど、思い出せないんですよね。
藤本美貴系かなぁ、ちょっと違うかなぁ・・・。

いずれにしても会社に来る楽しみがひとつ増えました。

posted by だいばあしてぃ at 23:58| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

アロハロ2

お約束のように、いい年の親父が購入してしまいました。

「アロハロ2 後藤真希DVD」

まったくハロプロの思う壺ですね。

でも今回のDVDはかなりいいですねぇ。
前回のアロハロとは比べ物になりません。

前回はせっかくハワイに行ったのに、ショッピングしたり、
食べたりしているだけだったのですが、
今回はプールで遊ぶシーンがあるんです。

これがすごいことになってるので、機会があればぜひ見てください。
何がすごいかっていうのは、2ちゃんで話題になっているので、
ここではあえて書きませんが・・・。

デビューが13才で、今はもう20才なんですよね。
ずいぶんと大人っぽくなりました。

週末はコンサに行く予定です。

image/diversity-2006-04-03T23:29:40-1.jpg gotomakihellogirls4412.jpg
posted by だいばあしてぃ at 23:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 真希姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

春が連れてきた思い出

ブログを書き始めて2回目の4月を迎えました。

いつも月始には、去年はこの頃何をしていたのかと
チェックしてみるのですが、結構驚かされることがあります。

行動が変わっていない!
考えてることや悩みごとも同じ!

ということは、1年間何も進歩がないということじゃないですか!

うーん、これはまずいよ、俺・・・て感じです。

もともと怠け者なので、刺激がないとダラダラしてしまうんですね。

まずは行動しようと思い、近くの桜並木を散歩しました。
曇り空の中に、少しくすんだ色の桜の花びらを眺めてみました。

顔を上げ、目線を上に向けるだけで、ウキウキするような気分になり、
新鮮なエネルギーをもらっている感じです。

子供の頃、つくしを取りに野原を走り回って、
草むらに寝転んで、春の日差しを浴びながら、
大きな声で友達とウルトラマンの歌を歌っていたことを思い出しました。
posted by だいばあしてぃ at 15:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

新年度の誓い

4月1日という日は、ある意味で元旦よりも
新しい年を意識する日です。

学生時代からも社会人になっても、
自分の環境が大きく変化する日だと思います。

新しい学校に進学したり、クラスメートが変わったり、
転勤で新しい職場に変わったり、周りのメンバーが変わったり・・・、
心機一転という感じですね。

僕にとって、今年度はいつもと違う年度にしたいと思っています。
自分のアウトカムを明確にして、主体的に計画的に行動していく
年度にしたいなぁと思っています。

眠っていた心のエンジンに火をつける刺激を見つけて、
パワー全開で走り抜ける年にしたいですね。

posted by だいばあしてぃ at 23:31| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。