2006年01月31日

「容疑者Xの献身」と「愛の流刑地」の最終回

「容疑者Xの献身」を読了しました。

ミステリー好きのわりには、東野圭吾の作品を読むのは、初めてです。

「このミステリーがすごい!」第1位、さらに直木賞受賞の本書ですが、
実に面白かったです。

まずとても読みやすいです。あっという間に読んでしまいました。

また、かなりミステリーを読み込んでいて、最近は犯人を当てるのが得意になっていたのですが、
トリックとしてもよく出来ていて、すっかり騙されてしまいました。

トリックに凝ったミステリーは、犯罪の背景や人間性、動機などに無理があるものも多いのですが、その辺も見事に描かれています。

天才学者同士の対決というところも見応えがありました。

小説と言えば、

本日が「愛の流刑地」の最終回でした。

題名とストーリーがようやくつながったというエンディングで、
僕としては納得感のある最終回となりました。

しかい女性は恐いですね。
posted by だいばあしてぃ at 11:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

面談のときは、何を最優先させるか?

先週からリーダーによる派遣社員の個別指導を実施しています。

初めての個別指導ということで事前勉強会もしています。

いきなりリーダーと派遣社員2人でやるのもどうかと思い、
管理職も入り3者面談みたいな形式で行うことにしました。

トライアングルはバランスがいいですからね。

僕はオブザーバーのポジションを取り、2人をじっくり観察させて頂きました。

まさにNLPのカリブレーションテクニックを実践で使う良い機会です。

あまり凝視すると、またセクハラだなんだと言われるので、
周辺視野を使いながら、極微筋肉動作まで観察してみました。

なかなか面白い発見がたくさんありましたよ。

普段知っている人でも、こんな一面があるのかという気づきもありました。

事前にリーダーには、「呼吸を合わせろ」「カリブレーションしろ」
「笑顔を絶やすな」「感情に共感しろ」「この場に集中しろ」などと、
いろいろとムチャな注文をつけましたが、楽しい会話が出来ていたようです。

そして、個別指導を始めた翌日、別のグループのリーダーからこんな提案を受けました。

「あのー会話を録音する機械を買ってもらえませんか?」
「???なんで必要なの?」
「個別指導の結果を報告しなきゃいけないでしょ。話しながらメモするのが大変なので、
 録音したいのです」

「指導が終わってから、簡単にメモしたら?」
「全部覚えられないんです。一生懸命メモしても全部書ききれないし」

後で聞いたのですが、このリーダーは面談時にずっとメモを取っていたそうです。

「うーん、確かに報告することにはなっているけど、それは最優先事項じゃないよね。
 最優先事項は『その場に集中して、良いコミュニケーションをとること』だから、
 それを犠牲にしてまで報告する必要はないと思うよ」
「じゃあ、報告はいい加減でいいんですね!」

なるほど、こういう思考パターンなんですね。
「○か×か」、「できるかできないか」、その両極端にしか答えはないという
世界地図に囚われているようです。

「面談のときに、相手がメモを取るのに集中していると話しにくいよね。
 まして録音していたらもっと萎縮してしまい、いいたいことも言えなくなると思うよ。
 君も上司の面接のとき、そんな風に感じない?」
「まあ、そうですけど・・・」
「集中して話していれば、相手の一番言いたいことは覚えているものだよ。
 すべて報告する必要なんてないから、一番いいたいところだけでも
 面談が終わった後にメモしたら?」
「できるかわかりませんが、やってみます」
そう言って、彼女はスタスタと自分の席に戻っていきました。

僕の話に100%納得したようにも思えませんが、
実際に自分でやってみるとわかるかもしれませんね。
posted by だいばあしてぃ at 13:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

あかるいみらい

この土日はこたつの中で暖まりながら、録り溜めていた映画を見ています。

今日は黒沢清監督の「アカルイミライ」を見ました。
オダギリジョー、浅野忠信、藤竜也らが出演しています。

黒沢監督の作品は、ケーブルテレビでよく放映してくれるので、
これまで「CURE」や「カリスマ」を見ました。

難解ですが、とても印象深く考えさせられる作品です。

それで今回の「アカルイミライ」は、その中でも特に難解でした。

はっきり言って、よくわからないうちに、いつのまにかエンディングとなり、
ポカンとして、そのまま置き去りにされたような感覚になりました。

いったいどういう映画なんだろうとネットで検索して、
いろいろな方のコメントを読んで、ようやく少しだけ理解できました。

自分でもつくづく理解力が乏しいなぁと悲しくなってしまいました。

こういう難解な作品のわからなさが結構好きなのですが、
今回はそれ以前の問題でしたね。

そもそも小説や映画などの芸術は、
受け手の感覚でどう解釈してもOKだいうことを認識してはいるのですが、
僕の性格上、どうしても明確な答えを求めてしまうようです。

そういう曖昧さも含めて、楽しめればいいのですが・・・。




posted by だいばあしてぃ at 22:46| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(3) | 映画&ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

久しぶりの休日

久しぶりの連休です。
考えてみたら、今年に入って初めてです。

土日にはセミナーや休日出勤が続いて、
少し風邪気味だったので、心と体を休めるために
10時間近くゆっくり寝ていました。

それからブックオフに行き、単行本500円フェアで3冊ほど購入して、
DVDレコーダーの中のファイルを編集したり、DVDに焼いたり、
時間がなくてできなかったことをいろいろとこなしました。

こうやって身の回りのものを整理すると、なんだか気持ちもスッキリしてきます。

また来週から週末の予定がビッシリなので、
明日ものんびりしたいと思います。
posted by だいばあしてぃ at 23:49| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

人妻の揺れる思い(8)〜ヒーリング〜

前回の報告から約1カ月経ちました。

久しぶりに彼女と話したのですが、クリスマスプレゼントをあげて以来、会っていないようです。

「年末に会いたかったんだけど、彼の都合が合わなくてダメだったの。
 それでね、彼にとってアタシと会うより別の用事の方が大事なんだなって
 気づいちゃった」

「へぇー、じゃあしばらく会ってないんだね。ちょっと寂しいよね。」
「うん、でもねアタシの気持ちが落ちてる時は、あんまり会いたくないんだ。
 彼ってすごーい前向きだから、アタシが元気なときは、大丈夫なんだけど、
 そうでもない時は、その前向きさが逆につらくなって、帰りたくなっちゃうの」

「確かに無理矢理元気づけられるのもかえってつらいよね」
「そうなの・・・、こんなネガティブな自分なのに、無理して明るく話していると、
 だんだん疲れてくるの。だからね、メールで『しばらく会えないかも』ってレスしたんだ」
「そうなんだー、彼の前向きさが逆に苦しめることになるんだね」
「落ち込んでるときは、そのまま一緒にその場所にいて、黙って抱きしめてくれる人がいいな。
 そういう人いない?」

「この前、セミナーに行ったときに言われたんだけど、自分が誰かに癒してほしいと思ったら、
 逆に自分から誰かを癒してあげないとダメなんだって」
「へぇー、そうなんだ。・・・そうかぁ、アタシ癒してほしいとずっと思っていたけど、
 誰かを癒してあげようなんて思ったことなかったな・・・。
 話して、少し楽になったよ、ありがと!」

2人の関係は、一時期の熱狂的な気持ちから、冷静で客観的な関係へと
変化していってるようです。

ということで、もしかしたらこのシリーズもこれで最後になるかもしれません。
posted by だいばあしてぃ at 14:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

結論を決めないで書く文章の結論って・・・

みなさんは文章書くときに結論をイメージしていますか?

僕はブログに限って言えば、特に「終わり」を考えずに書き始めています。
だからこの文書も一体どういう落ちになるのか、この時点ではわからない状態です。

もちろんビジネス文書では、しっかり結論を意識して書きますが、
最近のブログ記事は、特に目的地も決めずに、
まずはブラブラ歩いてみようというスタンスで書いています。

「何について書こうかな?」程度はイメージして、最初の一歩を踏み出します。
そこからまわりの風景をぼんやり見ながら、気ままに立ち止まったり、
方向を変えたりして、心にとまったことをスケッチするような感じで、
いろいろ気づいた点を確認します。

まさに自由気ままな冒険です。
スタート地点では、ゴールはおろか途中の道程さえわかりません。

「何も知らない状態」ですね。

そうやって書いていくうちに、思いがけないアイデアや結論に導かれるときがあります。
これが結構面白いんです。

もう完全に自己満足の世界ですが、
文章書くということは、自分の思考を整理することでもあり、
書きながら、自分の思考の流れの中に思いがけない宝物を発見すること
もあるのではないかと思います。

だから文章書くのは結構好きなんです。

いや、正確にいうと、文章をキーボードで打つのが好きで、
かなりの悪筆なので字を書くことは嫌いなのです。

子供たちもかなり悪筆で、妻からは父親のせいだと言われていますが、
今度字が上手な人の「ストラテジーの引出し/インストール」を行い、
モデリングしてみようかと思ってます。

試しに字の上手な妻に聞いてみたら、
「最初に全体のバランスを見てから書き始める」と教えてもらい、
「おおー」と唸ってしまいました。

ブログと一緒に何も考えずに書き始めてるうちの男たちって・・・。

※うーん、やっぱり思いがけない結論になってしまった。
posted by だいばあしてぃ at 13:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

誰がセクハラ研修の講師だって?

昨夜は12月末で退社した後輩の送別会でした。

彼は同業の某社に内定をもらったとのことで、
これまでと同じような仕事をするようです。

当社はすっかり人材供給会社になっています。

そんな話になると、「自分はどうなのか?」と考えてしまいます。

いろいろとセミナー行ったりしているわりに、
「で、具体的にどうするの?」という質問に明確な答えがあるわけではないのです。

そんな思考が頭にちらつきながら、
久しぶりに集まった以前の所属のメンバー10人ほどと、懐かしいバカ話で盛り上がりました。

もう10年ほど前になりますが、当時はコンプラが今ほどうるさくなかったので、
社内旅行で、セーラー服着せてビデオを撮ったり、スカートを捲ったり、
下半身を露出したり、結構乱れていたように思います。

それを率先してやっていた人が、今はセクハラ等のコンプラ研修をする講師だから笑っちゃいます。
「これまで自分でやってきたことを悪い例として、ビシバシく研修しているんだ。
 実例が具体的でわかりやすいって評判いいんだよ。ハッハッハ」

そりゃ、そうでしょう、でもあんなことを今やったら、即刻クビですから・・・。
posted by だいばあしてぃ at 14:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ないとらいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふたつのブログを書いて学んだこと(BlogPet)

ネットでパターンなどを帰納しなかったことを書き易さもだんだんわかってきました
このブログも約1年半弱となり、自分の興味を引くかということが少しずつわかってきています
自分の興味を引くかということが少しずつわかってきました
そういうわけで、先月から全く異なるジャンルでブログを立ち上げました
と、だいばあしてぃは考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぷっち」が書きました。
posted by だいばあしてぃ at 10:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

「24 シーズンX」て・・・

昨夜、「24 シーズンW」を見終わりました。

シリーズ物は回を増すごとにクオリティが落ちてくるのですが、
このシリーズに関しては、そんなことはないようです。

※以下、ネタバレあるかもしれません

シーズン4は、これまでの主要人物(ジャックの娘キム)が登場せず、
少し趣きが変わっています。

僕が気づいた点としては、
・ターゲット(誘拐⇒原発⇒核ミサイル)が変わることで、3〜4時間単位でクライマックスがあること
・主犯が強いこと(何度も脱出しています)
・キムが出てこないこと
・ベルースはどこへ?

裏のテーマとして、「喪失から再構築」という流れがあるように思えます。
離れてしまった親子や夫婦関係、失われた職などなど
それが再生できたケースと結局壊れてしまったケースがありました。

しかし、このシナリオライターさんは、かなりのサドなのでしょうか?
まさかここまでやるか!ということを平気でやりますよね。

それと登場人物をあっけなく殺しちゃいます。
それがわかっているので、ストーリー展開にドキドキしながら見てしまいます。

どうやらシーズンXも放送されるようですね。

英語版のHPの最初の1時間のあらすじをエキサイト翻訳で見てみたら・・・、
冒頭にいきなり主要人物が数人暗殺されるようで、ちょっとビックリです。
早く見たいなぁ。

ここ数日睡眠不足になりましたが、充実した24時間でした。
posted by だいばあしてぃ at 14:06| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画&ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

涙を拭いて♪

時間があるとき、大きめの本屋さんをウロウロするのが結構好きなんです。

流行の本とか、お店独自の手書きポップとか眺めているだけで、
結構楽しいですよね、

最近、平積みされている中で「コミュニケーション」をテーマにしている本が
チラホラ目立つようになってきました。

コミュニケーションというと、まずは「聴くこと」となるのですが、
これが本当にむずかしい。

キャリアカウンセリングを学ぶ前の僕は、
誰かから相談を受けたら、あまり最後まで聞かずにアドバイスをしまくっていました。

そしてそのことが間違っているなんて、これっぽっちも思っていませんでした。

「相談をするということ」=「答えを求めているということ」という思い込みがかなり強かったようです。

カウンセリングの授業で「ただ聴くだけでいい」と先生に言われたとき、
「せっかく相談しに来ているのに、ただ聴くだけなんて、仕事をしていないと同じだ」
くらいの勢いで先生にしつこく質問をしていたことを今でも鮮明に思い出します。

本を読んだり、セミナーに出たり、ロープレをしたり、いろいろと経験を積むうちに
少しずつ「聴くこと」ができるようになっていました。

最近、所属の派遣社員から続けて相談を受ける場面がありました。

内容はそれぞれ違うのですが、
ニコニコしながら、ちゃんと聴いていることを表現して、
ときにはメタポジションに移動しながら、相手の表情をカリブレートして、
「目の前にいるこの人は、いったい何を伝えたいんだろう」ということに集中しました。

そして、話の中で、相手が自分の感情面について語ったとき、
僕はそのままの言葉を感情を込めて返してあげました。

「そう、つらかったんだねぇ」「それは悔しかったよねぇ」

すると相手の目からボロボロと涙がこぼれてきて、
「わかってくれてありがとうございます」ととても感謝されました。

別に特別なことを言ったわけではないのです。
解決策を提示したわけでもありません。
ただ相手の感情に触れる言葉を返しただけなのです。

僕は、ポケットティッシュをそっと差し出しました。

なんだか映画のワンシーンみたいです。

と、ここまではとてもいい感じだったのですが、
実はそのティッシュ、思いっきりキャバクラ宣伝用のティッシュだったのです。

感激の涙の奥に軽蔑の眼差しが光ったのは気のせいでしょうか?

まだまだです、いやホントに・・・。
posted by だいばあしてぃ at 13:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

アントクアリウム観察日記5

前回の日記から3カ月弱、久しぶりの報告です。

アリは5匹とも元気です。
ただ冬ということもあり、以前より動きが少なくなったようです。

アリの巣は左下から右に伸びた横穴を上の方まで掘って、
真ん中の横穴の右隅に繋げたようです。

冬になると巣の中に水滴がついてしまい、
2日に1回、空気の入れ替えをしています。

一番大きなアリは、ほとんど巣の右下で休んでいて、
他の4匹は相変わらず地上にいます。

5匹とも長生きしてくれて、うれしいですね。

image/diversity-2006-01-22T21:14:25-1.jpg

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

昨日は、かなり寒かったですね。

会社帰りにアレアレアのラーメンスクエアに寄り、
ネット喫茶で以前から興味のあった「ホムンクルス」を読くて、
駅からタクシーで帰ってきました。

連日の寒さで、風邪を引いたようです。

posted by だいばあしてぃ at 21:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

チョコを食べた妖精

外は雪です。
とても寒いです。

そして僕は今、オフィスにいます。

こんな日に休日出勤はつらいです。
家でこたつでぬくぬくしながら、「24 シーズンW」でも見ていたいです。
でも当番なので、絶対に出勤しなければいけません。
そこのところは、平日よりもプレッシャーがかかります。

寒そうにしていたら、部下の女性がチョコレートをくれました。
あまりにもおいしかったので、あっという間に食べてしまいました。
「もう食べたんですかぁ?」空になった袋を見て言いました。
「あ、これねぇ、開けたら中身が入ってなかった」
「えぇー、ウソでしょ?また自分で食べといて無いって言ってるだけでしょ?」
「いや、ホント入ってなかった。だって俺食べてないもん。
 ああ、そうだ、きっと妖精が食べちゃったんだ」
「妖精???またおかしなこと言い出したよ、この人」そう言いながら、あきれ顔してデスクに戻っていきました。

しばらくしてから「今度は妖精に食べられないよう見張っといてくださいね」
そう言ってまたチョコを二つくれました。

ホントありがたいです。

今朝、電車の中で思いついた「おまじない」を心の中で言いました。
ちょっと恥ずかしいけど、忘れないように書いておきます。

【らっぴんきゅぅ】

「ついてる」「しあわせ」「ありがとう」をミックスした言葉です。

ギャルぽっくて、中年のオヤジが発するような言葉ではないのですが、
ちょっと気に入ってます。

こんなことをしているから、最近、ますますおかしくなったと言われるようになりました。
これは「Knowing Nothing State」のせいでしょうか?


▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

昨夜は同僚の家族に不幸があったということで、お通夜に行ってきました。
かなり遠くて、帰るのも遅くなり、すっかり体が冷えてしまいました。

お通夜の席で、同僚の悲しんでいる姿を見て、何とも言えない気持ちになりました。
というのは、僕は彼女に対して、本当の意味で共感することができなかったのです。

幸いなことに僕の両親は健在であり、これまで親しい人を亡くした経験がありません。
だから僕は彼女の感じている悲しみを体感したことがないのです。

未経験のことについて、想像で体感しようとすることは、
とても難しいことだけど、この感情だけはできるだけ体験したくないなぁ
と改めて感じた日でした。
posted by だいばあしてぃ at 14:17| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

アイルケが連載終了のようです

今朝の日経新聞によるとアイルケこと「愛の流刑地」は、
今月31日をもって連載が終了するとのことです。

ということはあと11回で最終回ということですね。(当たり前か)

今日が435回ということで、連載も1年と数ヶ月という思いのほか短かったように思えます。

前の連載の「新リア王」は未完のまま連載終了となったので、
まさか今回は違うとは思いますが・・・。

「愛の流刑地」は、かなり際どい性描写で話題になっていましたが、
ストーリーの中盤でヒロインを殺してしまうとは全く想定外の展開でした。

ヒロインを失った小説は、華を無くしたように重みを増して、主人公の内へ内へと入っていきます。

これからどうなるのだろう?というところで、いきなり終了。

本の小説を読むときは、その本の厚さやページ数から、
読者はストーリーの現在位置がわかります。

自分の位置がわかるということは、なんとなく安心感がありますよね。

ところが新聞小説となると、この先いったいどれくらい続いて、自分は今どこにいるのか全くわかりません。

ゴールまでの距離や現在位置がわからないと不安になります。

どこに行くのかわからないまま歩いていると、いきなり目の前にゴールがあった
という感じで、「連載終了」の告知には、かなりビックリしてしまいました。

連載小説のライブ的面白さということで、それはそれで良い点なのかもしれません。

もう少し楽しみたかったのですが、次は映画化のキャストに期待します!
posted by だいばあしてぃ at 13:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

小学校から逃げ帰りました

昨日は、代休でした。

朝(といっても10時頃)、起きると誰もいません。

妻は、最近ハマッてるコストコに行っているようです。
子供たちはもちろん学校です。

僕は、ミルクをかけたコーンフレークとお気に入りのバニラコーヒーという
ブランチを食べて、学校に出かけました。

今週は学校公開週間です。

いつもは妻と一緒に行くのですが、今回は僕一人で、かなり心細いです。

最初は長男のクラスを覗きに行きました。

理科の実験中で、ビーカーの水に塩を入れて、容量や重さを量っています。

早速、彼のGFをチェックしました。
賢そうな感じですね。

長男はこちらを横目でチラチア見ながら、ビーカーをチェックしています。

30分ほど見て、次男の教室に移動しました。

こちらは音楽の時間です。

彼はこちらを気づくと、あかんべーをしたり、変な顔したり、
なんだか照れた様子です。

先生が説明しています。
「これからハナイチモンメを歌います。さあ、立って踊ってみましょう!
 おうちの方と一緒に踊りますよー。おうちの方は7人いるので、
 班ごとに一人つかまえて、輪の中に入れてくださーい」


おいおい、ちょっと勘弁してよ!
確かに僕を入れて7人だけど、他はみんなお母さんだよ。
それに「ハっとしてGOOD!」や「仮面舞踏会」「BANG!BANG!バカンス!」なら踊れるけど、
「ハナイチモンメ」のフリは知らないよ。

僕は、「ごめんなさい」をしながら、両手でバイバイをしてその場を去ろうとします。
「あら、おうちの方ひとり帰ってしまいます」先生の声が聞こえても、
「ごめんなさい」の会釈をして、逃げるように学校から帰ってきました。

その話を妻にすると、
「あんた、いつもカラオケで踊ったりしてるんでしょ?
 どうしても子供のために踊ってあげないの!」

と叱れてしまいました。
「だって小学校1年生の前で腰振ってもしようがないし・・・」
「ハナイチモンメに腰を振るところなんてないでしょ!」

おっしゃる通りです、ただメチャメチャ恥ずかしかったから逃げて帰ってきただけなんです。
posted by だいばあしてぃ at 14:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

なぜ本で読んだ知識だけではダメなのか?

本で読んだ知識と実際にワークで見につけた知識とではやっぱり違いますね。

昨日は、派遣社員の個別指導を初めて行うリーダーのための勉強会を行いました。
フィードバックのノウハウももちろんですが、
何よりリーダーたちの不安を取り除き、モチベーションをあげることが大切だと思い、
勉強会を企画したのです。

ファシリテーターはトレーナーとして採用した派遣社員に任せ、
僕はオブザーバーとして参加しました。

トレーナーはモチベーションが高く、何とか自分の熱い思いを伝えようと、
冒頭から熱心に話しています。
○いろいろと質問を投げかけて、相手の話をしっかり聴こう
○相手をよく観察しよう
○上から押し付けるのではなく、一緒に考えてるというスタンスで望もう
などとフィードバックのポイントを熱心に説明しています。

まさに正論です。

僕は話を聞いているリーダーの様子を見ていました。

うーん、何か違和感を感じます。
空気が重いみたいです。

次にリーダーからの質問タイムに移りました。
この会議の参加にあたって、自主性を持たせること、
自分が疑問に思っていることをお互いにシェアすることを目的として、
事前に質問票を提出してもらいました。

その質問に対して、トレーナーが説明しています。

そこでも違和感がありました。

リーダーたちはあまり話さず、表情が暗いんです。

ようやくわかりました。

トレーナー自身が、さっき自分で説明したフィードバックのポイントと
全く逆のことをしていたんです。
○トレーナーから一方的に話している
○質問の答えに対して、相手が腑に落ちない表情をしているのを観察していない
○上から指示的な口調で話している

本で読んだ知識については正しく説明できるのですが、
それが身についていないため、実践できていないのです。

NLPのセミナーで先生が口を酸っぱくして言っている
「本だけの知識ではダメ、実際にワークして体感しないといけない」
ということがよ〜く理解できました。

トレーナーの人には申し訳なかったのですが、
少しだけ介入させてもらいました。

posted by だいばあしてぃ at 13:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彼女が家にやってきた!(BlogPet)

昨日、勤務中に「大変!!!」
というかなり緊急っぽい題名のメールが届きました
大変と大変を動揺したかった
うれしそうにルックスや、週間をメールしたかった
だいばあしています
実は、その女の子が家に来て、背が高く、ルックス的には、メッセージとかぶったので、その女の子が家に遊びに来る!]
とのこと
マチャアキであれば、大袈裟にズッコケしなかったの?
昨日はだいば、週間をメールしたかった
宛先は妻からです
メガネをかけていたので、かわいいメッセージと、うれしそうに得意げとか、印象などなるのですが・・・
それで、その女の子が家に来ています
昨日は、ネットで何事などをメールしなかったよ


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぷっち」が書きました。
posted by だいばあしてぃ at 10:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

彼女が家にやってきた!

昨日、勤務中に「大変!!!」というかなり緊急っぽい題名のメールが届きました。
宛先は妻からです。

事故か病気か、何事なんだ!と思って、慌ててメッセージを読むと、
[長男が好きと言っているクラスの女の子が家に遊びに来る!]とのこと。

マチャアキであれば、大袈裟にズッコケるような話です。

父親にとっては、「なかなかヤルじゃん!」という感じで、ほのぼのとした気分になるのですが、
やっぱ母親は違いますね。かなり動揺しています。

実は、その女の子のことは学校公開週間でチェック済みです。
メガネをかけていて、背が高く、ルックス的には、まあまあかわいい普通の女の子です。

「へえ、あいつのタイプはああいう感じなんだ〜。俺とかぶんないなぁ〜」というのが第一印象でした。
(好みが父親とかぶったとしたらどうなんだ!と突っ込まれそうですが・・・)

それで、その女の子が家に来て、次男の友達も来ていたので、
4人で「ポケモン 不思議のダンジョン 青の救助隊」をやっていたそうです。

「クリアできないと言っていたので、俺がクリアしてやったんだよ!」得意げでうれしそうに話していました。

「これからいろいろあると思うけど、まあがんばれよ」と心の中で応援してあげました。
posted by だいばあしてぃ at 16:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

もしかして、軽くヤバイ?

日曜日の明け方はうなされて目が覚めました。
そして今朝方は、唸り声に似た寝言を聞いたと妻から言われました。

別におかしな病気になったわけではありません。

これにはちゃんとした理由があるのです。

週末はNLPマスターコースのセミナーがありました。

プラクティショナーコースと比較すると、かなり密度が濃くなっています。
講義内容はより深く広範囲になり、心理学の世界を超えて、物理、論理、精神世界まで
話が及ぶようになっています。

ワークについても、催眠等のテクニックを使った無意識へのアクセスなど、
まったく未使用だった心の領域を刺激され、
今までに味わったことのない何とも表現しようのない不思議な感覚を体感しました。

そもそも僕は、左脳的な人間で、論理的に説明できないものについては、
信じないことにしていたのですが、
最近そういうポリシーも、赤ちゃんににらまれたブロックのように、
まさに崩れかけようとしています。

それにしても週末のワークはかなり密度の濃いものでした。

土曜日は、NEWコードと呼ばれるNLPの新しいテクニックを学び、
これまでに経験したことのない「開いた?」状態(ちょっと言葉にはできません)になり、
ワークのデモで、直接、先生から強力な自己変容のセッションを受けて、
セミナーが終わった後も、何となく不思議な状態が続いていて、
おみやげを買うためにデパ地下のスイーツ売り場を歩いているときもキビキビとした足取りになり、
レジのお姉さんにも妙に愛想が良くなり、
「いやー、このクッキー、うちの子、目がなくて・・・」なんて、
テキトーなことを口走ったり・・・。

とにかくおかしな状態になったのです。

日曜日は、ようやくサブモダリティでコツを掴み、
催眠をかけたり、かけられたりして、またもおかしな状態になり、
帰りに立ち寄ったサッポロラーメン屋で、
カウンターの後ろにかけていたコートを通りがかったサラリーマンに落とされたときも、
「いやー、黒だから汚れも目立たないんですよぉー♪」とやけに明るい声で話したり・・・。

もしかして、軽くヤバイ?
posted by だいばあしてぃ at 14:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

ニューロエコノミクス(神経経済学)とは

「消費者金融で借金を重ね、自己破産する人が絶えないのはなぜか?」

今日の日経新聞でこんな面白い記事を見つけました。

こういう問題を経済学者と脳科学者が協力して取り組んでいるようです。

どうやら高利の融資に手を出したり、衝動買いしたりするのは、
脳本来の働きのひとつで、「非合理な過ち」とは言えないそうです。

「アリの周到さとキリギリスの刹那主義は同じ人間に共存し、
 別々の神経回路がつかさどっている」という論文が発表され、
神経経済学が脚光を浴びるきっかけとなったようです。

「脳の中でアリ(理性脳)とキリギリス(情動脳)がせめぎ合い、
 キリギリスが勝つと損得を度外視した非合理な行動に走る。
 心の病気や障害ではなく、誰にでも起こりうる話で
 経済学でも無視できない」とのことです。

最近は脳に働きについて、考えることも多いのですが、
脳の科学といろいろな学問をミックスすると、
新しいものが生み出される可能性がありそうですね。

ちなみにマネーゲームの勝者の傾向は、

「情動に左右されない冷酷な人が勝者になりやすい」とのことです。

だから僕は性格的に投資には向いていないのですね。


posted by だいばあしてぃ at 23:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

ふたつのブログを書いて学んだこと

このブログも約1年半弱となり、自分に課した「毎日更新!」という課題も
なんとかこなしてきました。

もうどれくらいの量の文書を書いたのでしょうか?

かなり広範囲のテーマをそのときの気分のまま書いてきましたが、
何となくテーマも絞られてきています。

自分の興味や思考パターンをカテゴリー単位にまとめると、
記事の数や書き易さもだんだんわかってきました。

これはまさに帰納法です。

こうして書き続けていると、いろいろなしがらみで書けなかったことを
書きたいという気持ちがふつふつと沸いてきました。

そういうわけで、先月から全く異なるジャンルでブログを立ち上げました。
このブログは完全にテーマを絞って書いています。
ちょっとした実験的な試みもしています。

そうしたら、今週とうとうこのブログのアクセス数を超えた日がありました。

どういうテーマの記事が人の興味を引くかということが少しずつわかってきました。

二つのブログを毎日更新するのは、結構大変ですが、
それなりに学ぶことも多いみたいです。
posted by だいばあしてぃ at 23:16| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

メタモデル

昨夜は、仕事を早めに切り上げて五反田に行きました。

別に変な遊びをするために行ったのではありません。
真面目にNLPの勉強をするために行ってきました。

何事も独りで勉強するよりは、グループで行った方が
新しい気づきやモチベーションアップのためにも効果的ですよね。

勉強会のテーマは「メタモデル」です。

名前から連想しても、内容がピンとこないですよね。

内容としては、次のことを目的として効果的な質問をするということです。
○コミュニケーションしている相手をより深く理解すること
○相手に気づきを与え、世界地図を広げてあげること

僕の理解度としては、なんとなくわかっているレベルであり、
人に説明できるレベルまでは達していないという状態でした。

講義とワークで、かなり理解が進んだと思います。

その後、懇親会があり、これまであまりお話したことがなかった方とも話せて、
なかなかエキサイティングの1日でした。

でも帰ったのが夜中の1時前。
連日の飲み会で、土日のセミナーに向けて、睡眠不足を解消しておかないと・・・。

今日は、新ドラや24のDVDを見るのを我慢して早めに寝ようと思います。
posted by だいばあしてぃ at 12:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

もし息子の嫁が美形だったら・・・

昨夜はファンクラブ主催の新年会でした。

前回は11月だったので、久しぶりです。

その席で、孫の話で盛り上がりました。

というのは、僕より5才上の方がもうおばあさんになってしまったのです。

去年、息子さんが21才の若さで、いわゆる「できちゃった婚」で結婚して、
12月にかわいい女の赤ちゃんが生まれたそうです。

写メで見せてもらったのですが、目鼻立ちがしっかりしてかわいいんです。
お嫁さんも写っていたのですが、今時のアイドル並みにかわいいお嫁さんです。
どうやら息子さんは、ファッション雑誌にちょくちょくスナップショットが載る
ぐらいのイケメンということで、美男美女カップルですね。

新しい家族が出来たということで、とてもうれしそうでした。
こういうのが「幸せ」なんだろうなぁ、と感じさせてもらいました。

「ところで、だいばぁさんの息子さんがゴマキみたいなかわいいお嫁さん連れてきたらどうする?」
「俺は引いちゃうなぁ、どう接していいかわからないもん」
「またぁ、カラオケ行って、トシちゃんでも踊って盛り上げようなんて考えてるでしょ?」
「いや、絶対しないと思う。妻も見たことないし、そんな姿見せられないよ。
 これでもシャイなんだよ」
「ということは・・・、アタシたちの前でやってくれるということは、
 どうでもいい存在ってこと?」


どんどん深みにはまるような気がしたので、話題を変えました。

「ところで、○○さんの息子さんは最近どう?」
「なんだか一人暮らししたいって言って、必死にバイトして、物件探してるみたいなの」
「そうそう、男ってさ、学生時代とかって、一人暮らしに憧れるんだよ」
「それでね、絶対風呂付きがいいって言うのよ」
「当たり前だよ、だって彼女呼べないじゃん!」
「エー!!!そんなことのために一人暮らししたいってこと?」
「そりゃ、そうだよ、若い男って頭の中は、そんなことだらけだよ」
「ウソー!それはだいばあさんだけだよ。うちの息子に限って
 そんなスケベ男ではないわよ。一緒にしないで!」


どうやら話題を変えても深みにはまったようです。

そんな感じで、一応楽しい飲み会でした。

posted by だいばあしてぃ at 13:39| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | ないとらいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

ようやく24シーズン�Mに突入(BlogPet)

いつは、ネットで後藤真希の写真をペタペタ貼ったばかりで、ランチのときに軽い気持ちで睡眠不足の日々が続きそうですが、ネットで軽い映画などをスベシャルドラマし、そもそもロクなことを書いていないでね!
と、ぷっちが思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぷっち」が書きました。
posted by だいばあしてぃ at 17:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会議の席でもチャンクアップ

会議をしていると、議論がグチャグチャしてきて、
何時間も話したわりに、「決まったのは次回の日程だけ」ということがあります。

昨日の会議もまさにそのような雰囲気となりました。

相手の発言をしっかり聞かず、自分の意見だけを押し通して、ケンカ腰になる。
席上で、個別に2〜3人が勝手に話を始める。
過去のミスの責任の所在を容赦なく問い詰める。
課題を指摘するだけで、現実的な解決案を考えない。

悲しいけど、よくある風景です。

NLPを始めてから、そういう出席者の思考や感情、エネルギーなどを
観察するようになりました。
もちろんその場にいる自分も含めて、メタポジションで見るように意識し始めました。

そうすると、いろいろと面白いことに気づきます。

例えば、
議論に入り込んでしまって、まわりが見えなくなっているなあ・・・。
お互い同じことを主張しているのに、議論が噛み合ってないなぁ・・・。
自分が何を話しているのか混乱していて、主張がくるくる変わっているなぁ・・・。
自分に仕事が回ってこなければどうでもいいやという姿勢が見えるなぁ・・・。
などなど。

そんなときは、「目的と手段」で分けて考えれば、議論がスムーズにいくことが多いようです。

お互い気づいていないことが多いのですが、目的は同じことが多いのです。
ただ、手段やプロセス、優先順位で揉めてしまうのです。

目的地が同じことをお互い知らないで、
車で行くか電車で行くかで揉めているようなものですね。
前回は電車で行ったからイヤだ、車は事故に合う可能性がある、
誰が車を出すのか?誰が運転するのか?ガソリン代をどうやって均等割りするか?
などなど、揉める話題には事欠きません。

そういうときには、議論のフィールドをチャンクアップして、
お互いの目的を確認できれば、その段階でかなり前向きな議論に変えることができます。

昨日もある人が、「問題だ!誰が悪いんだ!あのときお前がこう言った!やっぱりおかしい!」
とずっと吠えていたので、
「だからこうして集まっているんでしょ。みんなその問題を認識していて、どうしたらいいかを考えています」
「そんなこと言ってるんじゃない!話が合わない!だから会議をやってもムダだ!」
「あなたの考える理想像はなんですか?」
「○○だよ」
「その理想と現状はギャップがある、だからあなたは怒っているわけですよね。みなさんもそう思ってますよね。
 では、そのギャップを埋めるための手段をここで考えましょうよ」
「ああ」
「何かよいアイデアはありますか?」

まあ、こんな感じで、一時の険悪なムードは一掃されました。

NLPはいろいろと応用が出来て、便利なツールです。
posted by だいばあしてぃ at 15:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

ようやく24シーズンWに突入

「24 シーズンW」を見始めました。

とりあえず6時間分見たのですが、相変わらずクオリティが高いですね。

これまでのところ、Vまでの出演者はほとんど出てきませんが、
いつ登場するのかが、とっても楽しみです。

それにしてもジャックのヒーローぶりには、スカっとさせられますね。

おかげで睡眠不足の日々が続きそうです。
(まだお正月のスベシャルドラマや映画も見終わってないし・・・)

NLPのセミナーで、ランチのときに軽い気持ちでブログの話をしたら、
あっという間に発見されてしまいました。

さすが洞察力が鋭いですねぇ。

でもねぇ、知り合いに見られるのは、やっぱ恥ずかしいですよね。

ちょうど後藤真希の写真をペタペタ貼ったばかりで、
「彼女のファン」と言うと、たいていの女性に引かれるし、
そもそもロクなことを書いていないし・・・。

まあ、「自己開示」ということでポジティブに考えることにします。

ブログ見ても、飽きれないでね!
posted by だいばあしてぃ at 15:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

ハリランのウインターバーゲン

毎年恒例のハリウッドランチマーケットのバーゲンに行ってきました。

去年の冬はこんな感じで悲惨な目に会い、去年の夏は、こんな感じでした。

午前中の用事を済まして、ハリラン特設のバーゲン会場に着いたのは、14時50分。
初日をはずして、午後から参戦ということで、
待ち時間は相変わらず検討がつきません。

人の列は、エジプト大使館まで並んでいます。
まあ、こんなものですかね。

ところが結局1時間待ちました。
午後で、それほど寒くなったかので、まだ耐えることができました。
自分の前で列を切られたときは、かなりショックでしたが・・・。

ようやく入場すると、中の人はかなり空いています。
以前はもっとギュウギュウで、選ぶのが大変でしたが、
今回は、かなりゆったりと見れました。
時間制限もないようです。

それで、グレイとブラックのボタンのトレーナーと
ホワイトの厚手のダンガリーシャツを購入しました。
トレーナーはかなりの人気だったようで、Sサイズしかなかったのですが、
着てみるとそれほど小さくなかったので、購入しました。

今回のバーゲンは、当たりでしたよ。
posted by だいばあしてぃ at 21:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

オブサーブのポジション

週末はNLPのプラクティショナーコースに参加しました。

これはマスターコースのカリキュラムのひとつであり、
オブザーブポジションを体験するというものです。

半年前に受けた研修をマスターコース受講者として、
プラクティショナーの方をサポートしながら、
再受講するということでしたが、いろいろと新しい発見がありました。

当時は、僕たちもマスターの方からサポートしてもらいましたが、
「みんなすごいなぁ」と感心していました。

そして今は逆の立場です。
半年経って、どれだけ成長しているのでしょうか?

知識面では、かなり体系的に整理出来てきたと思います。
でもそれを使えるか?というと、かなりデカフォントのクエスチョンマークですね。

人に上手に教えるほどの領域にはまだまだ達しているとは思えませんが、
できるだけのサポートはしたつもりです。

今回もいろいろな方と知り合いになりました。

決して安くはない費用を払って、勉強をしに来てる方たちなので、
みなさん前向きだし、芯が一本通っているという感じがします。
とても勉強熱心だし、独立してビジネスをされてる方が多いようです。
ホント感心してばかりですね。

セミナーを終えてから、軽くバーゲン会場を覗いてみました。
もう良いものはないようです。

いつものマジックサンクでブーツを買って、
子供のおみやげにUFOキャッチャーで「ミズゴロウ」をGETして、
帰りました。




posted by だいばあしてぃ at 22:12| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

新選組!!〜土方歳三 最期の一日を見ました

ようやく「新選組!!〜土方歳三 最期の一日」を見ました。
この日は見たい番組が集中していたので、W録が役に立ちました。

土方歳三を主人公にした「新選組!」の続編です。

重厚な1時間30分でした。

当時のメンバーも同窓会のように集まっていました。
(香取くんはその場にいませんでしたが)
1年経った後も変わらず、仲良さそうな雰囲気でした。

それにしても土方と榎本の対話は、凄かった。
降伏を主張する榎本と反対する土方。

相反する主張が、最後にはひとつにまとまるカタルシス。
ビジネスシーンでも使えそうな、秀逸なコミュニケーションです。
それぞれの会話をきちんと検討すると、見事な交渉術になるのでは?

三谷さんの脚本は凄いですね。

古畑もそうですが、お正月は三谷ドラマでかなりの視聴率を稼いだようです。

ミステリー、チームワーク、心理学、交渉術などを盛り込み、
ああいうストーリーが展開できるなんて、ホント尊敬してしまいます。
posted by だいばあしてぃ at 23:55| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画&ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

寒い冬のデッサン

冬だから当たり前なんですが、ホント寒いです。

外に出ると冷蔵庫に閉じ込められてように冷たいです。
職場もかなり寒くて、震えながら仕事をしています。

昨夜は、同僚と軽い新年会をしましたが、
お店もそれほど暖かくなく、早めに切り上げました。

そういえば、同僚に「髪を切って、若者っぽくなったな」と言われました。

3カ月もカットに行ってなかったので、バランスも悪くなり、
髪の重さでペタっとしていて、思うようにドライヤーでも立ってくれないんです。

年末には忙しくて行けなかったので、ようやくカットができて、
気分的にもかなりスッキリします。

前回、担当の美容師さんがディレクターに昇格して、
料金も5000円となったので、どうしようかと迷ったのですが、
結局、他を探すのも面倒なので、その人にカットしてもらいました。

40過ぎの男がカットに5000円(正確にはシャンプー代込みで6000円弱)も
かけるなんて、なんだかねぇ・・・。

美容室に行くと、1時間近く、鏡に映った自分の顔と対面しますよね。
普通に生活していれば、超ナルシスの人でなければ、
こんなに長く自分の顔は見ないですよね。

今回も改めて感じました、自分の老い・・・。

シミが増えたし、髪は白いのが目立ち、以前よりも前髪が少なくなった・・・。

こうなるとヘアースタイルも限定されてきます。

前髪伸ばして、おろすのはもうダメですね。
重くなって、ボリューム感がなくなって、かなりヤバイ感じになります。
短くして、立たせて、上げれば、それなりに見えるものです。

そういえば、美容室の鏡って細工されてるって聞いたのですが、本当でしょうか?

美容師さんに聞いたのですが、
今年の正月バーゲンはものすごい混雑だったそうです。

試着で30分待ち、レジで1時間待ちということで、結局あきらめたそうです。
新宿の伊勢丹に行った人もひどい目にあったようです。

今週末からハリランのバーゲンが始まります。
去年は作戦を誤ったので、今年はしっかりプランを練りたいと思います。
posted by だいばあしてぃ at 13:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

「決意のセクシー」真希姫はどこまで進化する?

昨日の朝、ぼうっとした頭で新聞を眺めていたら、
「週間ポスト」の広告に信じられない文字が・・・

「スクープグラビア 後藤真希 決意のセクシー」

うーん、この題名からは、どこまで衣装を着ているのか判断できません。
ヌードやセミヌードという文字がないので、そこまで過激ではないのでしょう。
でも「決意」という文字が気になります。
早く見たい!

でも昨日から出勤ということで、朝はコンビニで立ち読みする時間もありません。
仕事帰りは、3カ月も髪を切っていたなかったので、
いつもの美容室に予約を入れていました。

カットを終えて、まっすぐコンビニへ。

どうやら真希姫のグラビアは巻末のようです。

ページをめくると・・・、

ちゃんと衣装は着ていて、ホっとしました。

でも表情やポーズはこれまでにないような色気です。
最後のページの背中が大胆に開いた写真は、
かなりドキっとさせられます。

前回の写真集でも、背中がきれいだなぁと思っていましたが、
今回もスゴイです。

これは、2月放送予定の愛憎渦巻くレズビアンの世界を描いた
日本テレビ系特別ドラマ「松本清張スペシャル『指』」の布石なのでしょうか?

まあ、百聞は一見にしかず、ということで、拾い物ですがアップしましたので、
ぜひ見てみてください。






gotomaki101.jpg gotomaki102.jpg gotomaki103.jpg
gotomaki104.jpg gotomaki105.jpg
posted by だいばあしてぃ at 10:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 真希姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

必見映画!「ザ・ジブン」(BlogPet)

きょうは実家みたいなドライブする?
または横浜までだいばあしてぃがイメージしなかった。
でも横浜へだいばあしてぃは妻をドライブしたいなぁ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぷっち」が書きました。
posted by だいばあしてぃ at 18:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しいパソコンにハマってます

パソコンを買い換えてから、ホント快適です。

今までよく我慢していたなぁと不思議になるくらい
素晴らしいパソ生活を送っています。

これまでの次のような不具合がなくなり、すっかりストレス解消になりました。
○ネットで頻繁にフリーズ
○WEB上のボタンが押せない
○テレビ・動画ソフトが普通に見れない
○毎回立ち上げるときや終了するとき、「壊れるかもしれない」という
 ハラ・ドキ感

さらに、
○インスタント起動でテレビやDVDが見れる
○iTunesでいろいろな音楽が聞ける
など、AV機能が充実して、オモチャを与えられた子供のようにあ
いじくりまくってます。

そして、昨日は念願の「DVD焼き」に成功しました。
その手の雑誌を買ってきて、ソフト(フリー)をDLし、
TUTAYAで「機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者」レンタルしてきて、
トライしてみました。

ちゃんと出来ましたよ!

なんだかすご〜くうれしいです。
今年一番の喜びです!(まだ始まったばかりですが・・・)

既に300枚ほど焼いている友人からは、「1回やるとハマルよ」と聞いてましたが、
結構簡単にできて、いいですね。
ソニー系は新しいガードになっている。それにもうすぐ規制がかかるかもしれないから、
 ソフトDLするのもDVDに焼くのも今のうちだよ
」とのこと。

次は何を焼こうかと検討中です。
(たくさんは見る暇も焼く暇もないので厳選しないと・・・)

posted by だいばあしてぃ at 12:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

古畑vs催眠誘導

今日の夜のテレビは見たい番組が目白押しでした。

W録で「新撰組」のスペシャルとモノマネを撮り、
ライブで「古畑任三郎」を見ていました。
里見八犬伝やWカップの映画もやっていましたが、
それは断念しました。

しかし今回の古畑はちょっと異色で面白かったですね。
ネタバレになるかもしれないので、見ていない人は注意してくださいね。

実は今回は、「催眠誘導」が事件を解く鍵となっていました。

たまたまNLPマスターコースの中で、
「ミルトンモデルを参考にしながら催眠誘導の文章を考える」
という宿題が出ていて、まさにその宿題を昼間にやっていたのです。

おかげですぐに真の犯人に気づくことができました。

しかし巧みな催眠誘導でした。
「埋め込み命令」「否定的命令」で見事に暗示にかけ、
実行犯や古畑までも自分の思い通りにあやつっていました。

授業の中でも、人は知らず知らずのうちに、
いろいろな人から、また映像や音から、催眠誘導されていて、
行動をコントロールされているということを教えられました。

たとえば、最近買ったモノで、それをなぜ自分が購入したか?
わかっている人がどれくらいいるのでしょうか?

当然、自分の意思で買った!と思うのでしょうが、
よーく考えると、誰かの言葉に影響されていたりしていませんか?
もちろんCMかもしれませんが、それも一種の誘導ですよね。

自分の思考パターンを観察していくと、
思わぬ発見があると思います。
posted by だいばあしてぃ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

必見映画!「ザ・ジブン」

昨日は横浜の実家に行ってきました。

道路も空いていて、快適なドライブです。
でも今はほとんどのデパートは元旦から営業しているんですね。
福袋を抱えた人がたくさんいました。

今日は、妻の実家(かなり近い)に行って、
近くの神社に初詣に行きました。

毎年変わらず、平凡なお正月ですが、
これが幸せであり、そのことについて感謝をしないといけないですね。

今年から、湯船に使っているとき、または寝るときに
自分の1日の行動をビジュアルイメージで思い出して、
それを映画のように鑑賞するということをしていきたいと
思っています。

こういうことは書いておかないとすぐ忘れてしまうので、
三日坊主にならないようにちゃんと続けていきたいと思っています。
posted by だいばあしてぃ at 21:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

元旦!

あけましておめでとうございます。

昨夜はかなり多忙でした。
と言ってもたいしたことはしていません。

パソコンのデータを移行させながら、
紅白と格闘技とお笑いを見ていただけですから。

紅白は、まだ全部見たわけではありませんが、
何といっても「ラブマシーン」ですね。
あのメンバー、懐かしいじゃありませんか。
多少化粧が濃くてケバイ人もいましたが、
あの時代のメンバーを見れたことだけでも
かなりうれしいし、テレビの前でひとりで盛り上がってしまいました。
真希姫もすごくかわいかった。
ファンとしては、もっと写して欲しかったのですが・・・。

新メンバーも若くて華やかでしたね。
旧と比べてライトな感じがしましたが、
そういうテイストでもいいのかなぁと思いました。

とにかくこれは永久保存版です。

それと格闘技は何といっても「小川×吉田」戦ですね。
僕はどういうわけか心情的に小川を応援していました。
なぜだろうと考えてみたのですが、
もともと新日ファン⇒橋本が好き⇒
橋本に勝った小川が好きではなかったが、そのときのキラーぶりが見たい
⇒だから吉田が勝つと新日が否定される気がする
心の中にこんなロジックがあったのだと思います。

残念ながら試合には負けてしまいましたが、
最後のハッスルを含めて、人間的にどちらが観客にアピールできて、
記憶に残ったかという観点で考えると・・・、
逆の結果となったような気がします。

ところで今年の目標を考えました。
<無意識との交流>
 いきなり難解な目標ですが、そのためには、こんなことを勉強する予定です。
 ○瞑想を学ぶ
 ○NLPを学ぶ
 ○催眠を学ぶ
 ○ヨガの知識
<感謝の気持ちを持つ>
 謙虚に「ありがとう」と常に言えるような心の状態にしたいと思っています。
<合気道>
 セミナー通いが落ち着いたら、子供と同じ道場に通いたいと思います。
<自分プロデュース>
 プロデューサーの視点で、自分を分析して、
 セールスポイントを選別したい(多くて3つ)と思います。
<Blog>
 実は先月から、新しいブログを立ち上げたのですが、mixyも含めて
 アウトプットの構成を整理しようかと思っています。

なんだか全部抽象的な目標ですが、もう少し時間をかけて、
具体的なものにしていこうと思っています。

それでは、今年もよろしくお願いします。



posted by だいばあしてぃ at 22:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。