2005年08月31日

アントクアリウム観察日記2

アリを5匹捕獲して、アントクアリウムの中に投入してから
1週間が過ぎました。

最初に縦に掘った穴から途中で、横2つに道を作り、
それぞれケースの端まで到達しています。

そのうちのひとつはさらに上下に道を作って、地上まで到達。
貫通してトンネルみたいになっています。

さらに地上から別の道を作り始めました。

一生懸命に掘ったゼリーを運んでいる姿を見ていると、
いつの間にか時間が経ってしまいます。

ゼリーもきれいなブルーでインテリアとしても中々いいですよ。
(通販では赤や白もあるみたいです)

いろいろなブログを見ていると、アリたちは半年くらいで死んでしまうようです。
(冬を越すのが大変みたいです)
別のアリが作った巣は嫌うみたいなので死んでしまったら、
1回使用したケースはもう使えないのでしょうか?

せっかくなので、長生きするように大切に育てたいと思います。

image/diversity-2005-08-31T15:41:07-1.jpg
posted by だいばあしてぃ at 15:41| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

自分の視線を感じています

一週間ぶりに出勤すると、頭も体も全然なじめません。

メールも連絡文もたくさん溜まっていて、憂鬱になります。

これを半日で処理すると、もしかして1週間分の仕事量って何だろう?
と疑問を感じてしまいました。

ところで、
土日のNLPのセミナーで「三段階分離」というテクニックを学んだのですが、
これがすごくパワフルでよく効いているんです。

どういうテクニックかというと、
誤解があるかもしれませんが、簡単に言ってしまうと、
いわゆる幽体離脱的なものです。

つまり「今いる自分」に対して、「客観的に観察する別の自分」を設定するというイメージです。

そのときは、あまり感じなかったのですが、
セミナーを出た後も、自分の右に設定した別の自分の視線を感じるようになったのです。

腕を組んで、冷静に自分を見つめる自分。

これまでは、セミナーが終わると、学んだテクニックをすぐ忘れてしまい、
日常的に活かすことが難しくって、悩んでいたのですが、
今回はなかなかパワフルで、効果が長続きしています。

おかげて、トランス状態から目覚めるきっかけを与えてもらって、
五感をフル活用する開かれた自分を意識する機会が増えました。

こうしてるときも、右側から僕を見ていますよ、ほら!

そろそろ名前をつけてあげようかな・・・。

こんなことを書くと、なにやらアヤシイ人になったと思われるかもしれませんが、
そんなことはないと思います、・・・たぶん。
posted by だいばあしてぃ at 14:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

夏の絵日記

とうとう今日で夏休みも終わりです。

セミナーの疲れもあって、10時過ぎまでゆっくりと寝ていました。

起きたらすぐに日経新聞の最終面を確認しました。

というのは、アイルケこと「愛の流刑地」が急展開なんです。

主人公の愛人、人妻のふゆかさんが死んでしまったようなんです。

夫への愛情のない生活から逃れるため、主人公とのHにのめり込むふゆかさん、
最近はその最中に「殺して」と懇願し、
主人公が首を絞めるというシーンが何回かありました。

今回は、いつもより強く首を絞めた後、ふゆかさんが動かなくなってしまいました。
本当に死んでしまったのでしょうか・・・?

連載がいつまで続くのかわかりませんが、
このタイミングでヒロインを殺してしまうなんて、
完全に想定外でしたね。

今後の展開が気になります。

======================================================

午後からは、またまた近所のプールに行ってきました。
日差しは強いのですが、少し風も吹いていて、気持ちのよい夏の午後です。

======================================================

アントクアリウムは順調に巣作りをしていて、
掘った後のゼリーのゴミを片付けました。
フタを空けると、急に激しく動き出すので、かなり難しくビミョウな作業なんです。
その最中、1匹脱走しましたが、無事確保しました。

======================================================

夏も終わりに近づき、16匹いたカブトムシ&クワガタも半分以下になってしまいました。
虫カゴの中の土を取り出し、中身を新聞紙の上に広げて、卵を探したのですが、
このカゴの中にはいませんでした。

======================================================

この時期になると、もうお店の棚から花火がなくなっています。
ボーリング大会の参加賞でもらった線香花火をして、
残り少ない夏の夜を味わいました。
posted by だいばあしてぃ at 22:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

前へ

連日のNLPセミナーです。

さすがに頭も体もどっと疲れが出ています。

今日もいろいろと気づきがあったのですが、
残念ながら、少しネガティブな内容でした。

というのが、自分の成功しているシーンを強烈にイメージできない
ということに気づいてしまったのです。

はたして僕はいったい何をしたいのでしょうか?
いろいろなモノを犠牲にしてまで欲しいモノとは何なのでしょうか?

この問いを突きつけられたとき、
明確に即座に答えを見つけることができませんでした。

成功者の条件の第1番目として、「目標を設定する」とありますが、
それを示せないということは、現時点で成功することはできないということです。

たぶんNLPを学ぼうと決心した理由のひとつとして、
「自分の熱中できるモノを見つけたい!」という気持ちがあったのだと思います。

ただひとつ言えることは・・・、
とりあえず現時点では明確にイメージできなかったけど、
何となく未だ見えないゴールに向けて、
遠回りしながらも進んでいるような予感がしています。

常に前を見て行こうと決意を新たにしました!
posted by だいばあしてぃ at 23:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

その答えは自分の中で長く眠っていたのです

暑い中、ふうふう言いながらも、NLPセミナーに行ってきました。

せっかくの良い日差しでプール日和でしたが、
室内にこもって、10時から19時までお勉強です。

このセミナーでは、毎回大きな気づきがあるんですよ。

今回は、ある演習で「英語をマスターする」という目標を設定し、
心身論理レベルで検証をしてみました。

なぜ英語の習得にこだわっているか?
そして習得したら僕はその英語を使って、一体何をしたのか?
未だにモノにできない理由はなぜか?

こんな問いを投げかけられて、
小学校時代の英語の教師である父との個別レッスンの経験に、
根源的な答えがあることに気づきました。

気づいた瞬間、僕の中で大きな驚きがあって、
長年の疑問の答えをようやく見つけたという安堵感がありました。

これは自分だけでは決して気づかなかったことなんです。

答えはずっと前から自分の中にあったのですが、
NLPを使った他者とのコミュニケーションの中で、
潜在意識の中から引き出されたのです。

とてもパワフルな演習でしたよ。
posted by だいばあしてぃ at 23:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

OLD BOY

夏休みが続いています。

台風もいなくなったようで、近くの公営プールに行きました。
台風明けの平日ということで、かなり空いていました。

家に帰ってのんびりとDVD鑑賞。

近所のTUTAYAは水曜日が半額デーなので、
子供たちのために「機動戦士ガンダム ZZ」を借りていたのですが、
たまには自分の見たいDVDも借りようと思って、
「OLD BOY」を借りておいたのです。

実は韓国映画を見るのは初めてだったのですが、
かなり衝撃的な内容で、面白かったですね。

予告などで見ていた主人公はもっと渋いイメージでしたが、
冒頭のシーンで、かなりオッサンだなぁという印象。
それでも15年の監禁生活で、アブナイ匂いプンプンの野生的な男性に
変貌していきます。

アクションや暴力シーンも斬新でショッキング、
思わず両手を口に当てて見ていました。

謎解きも意外性のある内容で、記憶に残る映画となりました。

「物事の真相を探るために最初の問いを間違えては正解に行き着かない」
なかなか深いです。
「なぜ15年監禁されていたのか?」という問いではなく、
「なぜ15年経って解放されたのか?」
これが重要なテーマなんですね。

ヒロインも魅力的でかわいかったなぁ。
posted by だいばあしてぃ at 17:30| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

合コンにピッタリのお店を見つけました(BlogPet)

日頃、ネットでいい系列とか盛り上がって
だいばあしてぃが、いいラブソファーや、健全などして本音などを移動し、リラックスできるからね
本当に楽しめたかは
ぷっちたちが、いいラブソファーや、健全などを連発しなかったの?
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぷっち」が書きました。
posted by だいばあしてぃ at 12:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

アントクアリウム

アントクアリウム購入しました!

一昨日ガンダムミュージアムに行った帰りに
新宿のLOFTに寄って衝動買いしました。

以前から気になっていたのですが、
次男が虫好きで、アリの観察をしてみたいと言うので・・・。

何でも子供に買い与えていいのかと悩みましたが、
これも勉強のひとつと自分に言い訳をして購入しました。

早速、昨日アリの捕獲をしようと思ったのですが、
これが結構大変なんです。

自宅の庭には小さなアリしかいなくて、
向かいの道路の端に大きいのがいると聞いて、
探しに行ったのですが、見つかりません。

説明書には「5匹程度の同じ巣のアリを見つけてください」と記載があったので、
とりあえずカブトのエサのゼリーを仕掛けておきました。

しばらくして見に行くと、かなり大きなアリが2匹ほどいました。
「手で持たないように捕獲して」との記載もあり、
子供2人と大騒ぎして捕獲活動を開始。

これがホント大変なんです。
やっと1匹ケースに入れて、もう1匹入れようとしてフタを空けると、
即効で逃げられて・・・。

ようやく2匹確保して、いったん家に戻りました。
その後30分おきに1匹ずつ捕まえ、
ケースに入れようとしたら・・・、
ケースを倒してしまって、確保したアリが家の中で脱走。
マンガみたいな騒ぎで、何とか5匹捕まえました。

ケースに入れたアリはミーティング後、数時間から2週間経過後、
巣を掘り出すそうです。

ケースの中のアリも早速ミーティング開始し、
昨日味スタから帰宅後、すでに穴を掘り始めていました。

写真は捕獲から丸1日経過後です。

チームワークが良いようで、かなり巣作り作業は進んでいるようです。

image/diversity-2005-08-25T23:20:15-1.jpg
posted by だいばあしてぃ at 23:20| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

楢崎in味スタ

夏休みイベント第2弾ということで、
FC東京VS名古屋グランパスエイト戦を見に行きました。

本日は小学生向けのイベントがあり、
先着5000名にキーホルダープレゼントや
大抽選会(はずれでしたが)、無料ペイントなどがありました。

平日の夜の開催ということで、会場はいつもより空いていましたが、
FC東京側はかなりの観客が入っていて、盛り上がっています。
名古屋側は端の一角だけサポーターいて、ガラ空き状態。

それでも2万人以上入っていて、
ネットで調べたら、味スタが動員数ナンバー1でした。
ちょっとビックリです。

試合内容は、両チームともはっきり言ってよくありませんでした。
躍動感がなく、雑なパスも目立ち、退屈な内容で、
さすがのFCサポからも「シュート打て!」のコールが・・・。

後半になって試合は動きました。
FCのCKから逆襲で、藤田の見事なシュート。
敵ながら素晴らしい動きです。

FCも反撃に出ますが、センタリングの精度もよくなく、
シュートも楢崎に防がれています。

ところが・・・、
今野の左からのセンタリング(ミスキックかな?)を楢崎がハンブル。
うれしい同点弾です。
楢崎の悔しがりようは、見ていてかわいそうになりました。
おまけにFCサポからは「大楢崎コール」。

そのまま試合終了。
ホイッスルと同時に楢崎はピッチに倒れこんでいました。

試合は引き分けでしたが、
同じ1点でも名古屋の見事なカウンターからの1点と
相手のミスでの1点では、内容的には判定負けでしたね。

それよりも僕としては、マリノスが連敗した方がショックなんです。

image/diversity-2005-08-24T23:14:18-1.jpg
posted by だいばあしてぃ at 23:14| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

ガンダムミュージアムにて

今日から少し時期外れの夏休みなんです。
特に旅行に行く予定もなく、近場で遊ぶつもりです。

夏休み第1弾の企画として、バンダイのガンダムミュージアムに行ってきました。
以前から気になっていて、一度は行っておこうと思っていたんです。

場所は松戸駅の前、結構渋いところにあるんです。
ビルの中の5階から8階がバンダイミュージアムで、
その中の7〜8階がガンダムミュージアム、
それほど広くはありません。

入場料ひとり500円×3人(大人も子供も同料金)を払って入場。
入り口近辺にはドデカいザクのヘッド。
モノアイが左右に動いています。

モビルスーツやコロニーの説明もヘッドホンで聞けるようになっています。

アトラクションは3つ。

ガンダムコクビット体感、サクマシンガンゲーム、コスプレ付きガンダムリフト。
すべて500円!(結構高い)

コクピット体感は写真付きですが、ただコクピット内に入るだけ・・・。
リフトは連邦やザフトなどの制服レンタル付きですが、
等身大?ガンダムの前にあるリフトに乗って上下するだけ・・・。

時間的にもあっという間で、値段的にもちょっと?です。

とりあえずザクマシガンだけやらせてあげました。
このマシンガン、重さ6キロと子供が持つにはちょっと厳しいです。
これもあっという間に終わってしまった・・・。

グッズ売り場はプラモやフィギュアも含めてかなり充実しています。
電車男の部屋みたいでしたよ。

外国からのお客様も新作の「SEED デスティニー」関連のプラモやポスターを
熱心に買い求めていました。
とりあえず記念にパンフだけ購入。
 
8階にはガンダムカフェもあり、しゃれたメニューがたくさんありましたが、
値段的にもそれなりだったので、パスしました。

2時間ほどいて、近くのミスドで食事をして、
別働していた妻と待ち合わせのため、新宿へ向かいました。

感想としては、とりあえず1回行ったということで、十分な内容です。
もう少し展示品を工夫したり、アニメの名シーンを上映したり、
アトラクションを安くすれば、リピーターも増えて盛況になるのに・・・。

うーん、もったいないなぁ・・・。
優秀なマーケッターさん、何とかしてあげて下さい。

image/diversity-2005-08-23T23:18:42-1.jpg
posted by だいばあしてぃ at 23:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

「加速学習」ってなんだろう?

ここのところ、NLP関連の本やメルマガなどでやたらと目にする単語があります。

またNLPセミナーで知り合った方からも、話の中でよく出てきます。

これって、何かの啓示なのかな・・・。

とにかく僕の中で、最近のキーワードなんです。

それは・・・

「加速学習」です。

気になったので、とりあえず本を読んでみようと思い、最近復刊された頭脳の果て(ウィン・ウェンガー/リチャード・ポー著、田中孝顕訳). をアマゾンで購入しました。

あまりアマゾンは使わないのですが、(図書カードまだあるし・・・)
当時は、大きめの本屋を探しても売ってなかったのです。
(その後、紀伊国屋では平積みされていました)

加速学習の本を読んでいるわりに、
読むスピードはかなり遅くて、まだ読み終えていません。

久々に「これは凄い!実践できそう」!と思える内容だったので、
ラインマーカーを引きながら、ゆっくり読んでいます。

まだ前半なのですが、ひとつ大きな発見をしました。

僕は視覚イメージがとても苦手だということがわかったのです。

NLPセミナーでも視覚イメージがうまく出来ず、
出来たとしてもスライドをみたいに、細切れのシーンが数枚出てくるだけです。
(他の方たちは、映画のように鮮明に出てくるよです)

日常でも、ほとんどモノを見ていませんね。

試しに駅から家に帰るみちで、視覚をフルに使って、
ブツブツ独り言を言いながら、目に映るものを描写して帰ったのですが、
毎日通っている道なのに、新しい発見ばかり。

1日のほとんどの時間を過ごすオフィスのデスク近辺の風景も
すぐ近くに植物があって実がなっていたことなど、全然気づきませんでした。

いったいこれまで、僕は何を見ていたのでしょうか?

だから小説を書くとき、風景描写が苦手だったんです。

きっと起きているときのほとんどの時間で、外からの刺激をシャットアウトして、
軽いトランス状態の中で、内的自分と対話をしているのでしょう。

NLPセミナーでも先生からはよく言われていますが、
「五感を常に使う」ことの重要さを改めて認識しました。
posted by だいばあしてぃ at 11:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

夏の平凡な日曜日

ハードな1週間の疲れを取るため、11時まで寝ていました。

昼過ぎから近くの公営プールへ行ってきました。
前回から1週間しか経ってないのに、下の子の泳ぎの上達ぶりに目を見張りましたよ。

僕の本棚から加速度学習法の本を立ち読みしたのかな・・・?

2時間ほど遊んで、家に帰って、カルピス味のかき氷を食べました。

少し休んでから、今週の録りだめた番組をチェック。

あーあ、電車男が途中で切れてる・・・。
また延長したのか!
ますますプロ野球へのうらみが・・・。

勝ち負けにこだわる高校野球の純真さを見ていたら、
僕は「野球」が嫌いなのではなく、「プロ野球が嫌い!」ということがわかりました。

ところでテレビ局さん、20時から22時までの時間帯で、
プレーのみを編集した密度の濃いダイジェスト放映考えてくれましたか?
この視聴率なら、生放送にこだわらなくてもいいんじゃない?

今日は本当に普通の日記みたいです。

posted by だいばあしてぃ at 19:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

ファンクラブ主催のボーリング大会

さて、真夏のHOT3ともいうべきイベントウィークのラストを飾るのは、
ファンクラブ主催のボーリング大会です。

昨夜、隣の駅で開催されたのですが、
連夜のイベントで、すでに行く前からドップリ疲れていました。

ところで、このファンクラブですが、ちょうど1年前に結成され
ほぼ毎月活動が続いていたのですが、
さすがにカラオケで毎回同じレパートリーを歌って踊るだけなのも
いい加減飽きられてきて、
マンネリ状態に陥っていました。

するとメンバーの中から次々と造反者が・・・
「実はわたし・・・、△△さんのファンなの!」
「あ、あたしもー♪」
「わたしは◇◇さん!」

というわけで、男性メンバーのテコ入れをすることになり、
2名が増員され、ソロから男性3人ユニットのひとりに格下げとなりました。

昔であれば、結構イジケてたかもしれませんが、
最近は心理学やNLPなどのお勉強のおかげで、
乗り切る精神力を身につけています!!!
(と強がってみる)

で、そのボーリングなのですが、
草津で長男40点、次男4点、その親80点という
最悪のゲームをした後だったので、どうなるかと思ったら、
112点とごくふつうの点数でした。
(えー、下手ですよ、否定しませんよ)

それでも参加者10名(男性3名、女性7名)中3位ということで、
景品の入浴剤を頂きました。

しかし、レベル低いっすねー。
posted by だいばあしてぃ at 12:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ないとらいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

祝!ブログ開設1周年!!!(BlogPet)

今回のヘアスタイル評判いいですよ!
とわざわざ教えに来てくれた人がいました
約10分間という短い時間にお客との会話をあんましたかったので、同じ美容師Bさんの取り合いなど楽しませる
時間は確かをカナヅチしなかったよ
あぁ、1周年!!!
といっても特に何か特別なことをするわけではありません
とか書いてみるの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぷっち」が書きました。
posted by だいばあしてぃ at 12:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

合コンにピッタリのお店を見つけました

昨夜は、派遣社員の中でも飛び切り若くて?(30代前半)きれいな人妻3人と
前所属の後輩2人と3vs3の合コンです。

1次会は後輩が予約してくれた「DEN AQUAROOM SHINJUKU」です。
系列店では月9ドラマの撮影に使われたというくらい、しゃれたお店でした。

テーブルを囲む二人がけのラブソファー(これがいい!)が3つ。
アクアのイメージどおり、壁には熱帯魚が泳ぐ水槽。

人妻と飲むのにピッタリの淫靡なシチュエーションです。

この店は、絶対使えますよ!

実際は健全な飲み会となり、下ネタ連発ということにはなりませんでしたが・・・。

しかし、20代の独身の女性と飲むのと、話題が全然違いますよ。
トークとしては、人妻さんと飲む方が、本音の話やH話で盛り上がって、
断然面白いです。

2次会はカラオケ屋で、僕のリクエストで和室にしました。
その方が席の移動も楽だし、リラックスできるからね。

そういえばカラオケも久しぶり、自分で曲を選べるのはもっと久しぶり、
ということで、歌本の見方もよくわからなくなっています。

おかげで日頃歌わないバラード系
「世界中の誰よりきっと」「I LOVE YOU」「わがままジュリエット」
を歌わせてもらいました。

毎回勝手に歌を入れられて、同じ曲を歌って踊るのもいい加減飽きたしねぇ。

男性陣も女性陣もいつもとは違う雰囲気でしたね。

本当に楽しめたかは「?」だけど・・・、
僕としては、楽しい飲み会となりました。
posted by だいばあしてぃ at 14:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ないとらいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

彼女はhard luck

帰りの電車の中で、同じ所属の女性と会いました。

30歳独身、流行のファッション、キャバ嬢っぽいが悪くないルックス。
ただ性格の方がきつい。好き嫌いが強く、感情の波が激しいんです。

彼女とは、以前はかなり仲が良かったのですが、
(個人的にバレンタインにチョコをもらったり・・・)
ある事件をきっかけにかなり険悪の仲となっているんです。

一瞬、知らん振りしようかと思いましたが、目が合ってしまったので、やむなく隣に座りました。

それから、彼女は今の仕事や人間関係の不満を話し続けます。

実は、彼女のチームでひとり退職者が出て、
僕のチームからサポートを出すことになったのですが、
その人が気に入らないようです。

「私がいろいろとリクエストしたのに、全然聞いてもらえない。
 ○○ちゃんの方がいいのに!
 全部、あなたの言うとおりになってる!
 だから・・・、あなたのこと恨んでいます!」
そう言って、彼女は席を立って、電車から降りていきました。

僕は、怒りを通り越して、なんだか悲しくなっていました。

サポートの件では、上司から急な要請を受けたときに
上司や同僚との意見対立が起き、チーム内で何度も打ち合わせをして、
はっきり言ってものすごくイヤな思いをしていました。

それでも、できるだけ彼女のためを思って、
サポートを出すことにして、いい人を人選したのに・・・。

まあ、こんなものですよね。

そもそも険悪となった原因は、
彼女の「自分を中心に世界が回っている」と信じている行動に
嫌気が差したからなんです。

彼女はよく「私は運がない。幸せが来ない。彼が出来ない。」
と悩んでいましたが、
やはり「ありがとう」という感謝の気持ちや周りに対する謙虚さが欠落していると
そういう素敵な巡りあわせからは遠いところに行ってしまうものなのでしょう。


半年ほど前、後輩から恋愛の相談を受けました。
二人の女性と仲良くなって、どちらかと真剣に付き合おうと思っているとのことでした。
それで、たまたま僕が二人とも知っているので相談に来たというわけです。

一人は、ちょっと大人しそうで仕事も一生懸命な女性。
もう一人は・・・、そう彼女です。
二人とも同い年で、ルックスも悪くないのです。

僕は、客観的に考えて、前者の女性を推薦しました。
真剣に付き合うのであれば、性格がいい方がいいと思ったからです。

後輩は来年その女性と結婚するそうです。

僕は後輩の相談に答えた後、とても大切なことに気づきました。

世の中というのは、こんな風に自分の知らないところで選ばれているということ。

モノの本で、「周りの人に親切にしていると幸せが来る」ということは、
こういうことなんだということ。
posted by だいばあしてぃ at 11:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

スター・ウォーズで刻の涙を見る

ようやく最後のピースが埋まりました!

「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」を見てきました。

思い起こせば、中学時代に初めて見たスター・ウォーズエピソード4の衝撃。

当時日本での公開は1年先ということで、ラジオドラマを録音して、
何度も聞きながら公開を待っていました。

それからエピソード5・6は学生時代につきあっていた女性と見に行きました。
青春真っ盛りの時期でしたね。

エピソード1・2はすでに社会人で、親となっていて、立派な?大人です。

会社帰りに上映時間に間に合うように走って新宿の映画館に駆け込み、
ハンバーガーをほおばりながら、見ていました。

30年弱にわたるスターウォーズシリーズ。
すべて劇場で見てきましたが、そのときの自分の思い・感情や自分を取り巻く環境など、
記憶イメージはとても鮮明です。

このエピソード4も同じように記憶に残ることでしょう。

昨日は雨が突然降り出して、近くのラーメン屋でみそラーメンを食べて、
コンビニで缶コーヒーと眠気覚ましのガムを買い、
上映前に隣に座った若いカップルの会話を聞いて、
上映スタートです。

ストーリーはアニメで見たクローン戦争の続きから始まりました。

すでにエピソード4があるので、結末は最初から提示されています。

今回のお話は、その結末に至るまでのプロセス、
最後の謎というパズルのピースを埋め込むという設定ですよね。

内容に触れないように少しだけ感想を書くと、
悲劇的な運命を受け入れるのを拒否するように
口元に手を当て、目を細めながら、見ていました。

アクションシーンはより激しく、映像も凝っていて、ただ感心するばかりです。
ほんの一瞬映るだけのシーンでも、細部にまでこだわりがあって、
お金と時間をかけた妥協を許さない作品ですね。

歴史的にはこの後、エピソード4に続くわけですが、
30年近く前の作品なので、アクションシーンや映像は、「3」のクオリティに届かないのは当然であり、
きっと監督は、作り直したいと思っているのではないでしょうか?

僕としては、エピソード7以降が製作されるのを願っています。
posted by だいばあしてぃ at 11:43| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(2) | 映画&ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

南無八幡!

今朝は電車がとっても空いていました。
今週は全国的にお盆休みのようです。

今年は夏のイベント(温泉旅行・ポケモンフェスタなど)を
7月にやってしまったので、残りの夏休みをどう過ごすのかは決まっていません。

のんびりとプールで日光浴でもしたいものですが、
昨日2時間ほどプールで遊んでいただけなのに、
暑さで頭が痛くなり、寝苦しい夜を過ごして睡眠不足気味です。

暑さにもすっかり弱くなっています。

ところで昨日の「義経」は見ましたか?

最近「能子」役の真希姫が頻繁に出ているので、うれしいですね。

それにしてもストーリーとして、かなり盛り上がりのあるお話でした。

那須与一役の今井翼くん、立ち振る舞いがかっこよかった。
風格もあって、時代劇が似合いますね。

あのプレッシャーに打ち勝って、的を射た那須与一は、
その後千年近くも名を残すことになりました。
一本の矢で人々に語り継がれ、歴史に名を残す、
ひとつのことを極める、名人芸というのは、すごいことです。

それともうひとつの山場、
平泉以来の郎党の佐藤継信が、義経をかばって死んでしまいました。

歴史モノは結論がわかっていて、史実が変えられないのが当たり前ですが、
こうやって死んでしまうと、とても残念な気持ちになります。

これから先に訪れる義経一行の悲劇を見るのも、つらいものがありそうですね。
posted by だいばあしてぃ at 12:22| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画&ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

真夏のプールにて

天気もいいので、近くの公営プールに行ってきました。

流れるプールを含めて3つのプールと5m・10mのすべり台を備える
そこそこ充実したプールです。
料金も大人300円、こども100円とリーズナブルなんです。

こういうところは家族連れが多いですね。
ビキニ姿のきれいなおねえさんは、ほとんど見かけません。
まあひとりで子供2人の面倒を見なくてはいけないので、
それどころではないのですが・・・。

バブルの頃は、伝説の神宮プールに通っていました。
別に泳ぎに行くわけではありません。
絶好のポジションを確保するために早起きして、
水着の女性をボートと眺めて、日焼けを楽しんでいました。

なかなかよい時代でしたね。

当時は「どうだ!パンツ」という名称のビキニパンツを穿いて、頑張っていたのですが、
今ではポコっとお腹が出てしまい、もう穿けません。

しかしこの脂肪、毎日腹筋しても取れないんですけど、
真剣に運動しなきゃダメなのかなぁ・・・。
posted by だいばあしてぃ at 23:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

ようやくデビルマンを見ました

昨夜は夜遊び&火遊びを楽しんで、帰宅しようと思ったら、
大雨が降ってきて、ビショ濡れになってしまいました。

今日は久しぶりに何にも予定のない休日です。
昼過ぎまでゆっくりと寝て、DVD鑑賞。
以前から気になっていた「デビルマン」を見ました。

あまり評判も良くなくて、期待しないで見始めたのですが、
やはり物足りない内容でした。

主役がねえ、迫力ないんですよ。
デビルマンの中間形態?みたいな中途半端な変身もかっこ悪いんです。

それと一番の不満がシレーヌとの対決です。
一番の見せ場の戦闘シーンが全然描かれてないんです。
あっという間に終わってしまい、カイムとの合体シーンもなし。
それ以降最後までシレーヌは出てきませんでした。

ベースのストーリーは原作に忠実でしたが、
いろいろな話を盛り込み過ぎて、かえって中途半端になってしまいました。

せっかく特撮の技術も進んでいるので、配役と脚本に注力すれば、
もっと良い出来になったのでは?

連載時からの原作ファンにとっては、残念です。

当時の連載の最終回は、小学生にとってかなり衝撃的なものとなり、
大人になっても記憶に残るマンガとなりました。
posted by だいばあしてぃ at 23:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

スーパーヴァイズを受けて(BlogPet)

休日出勤に続いて、NPOを作ったり、積極的に動いています
2年間一緒に勉強したり、積極的に動いていたメンバーが、少し遠くに行ってしまったように行ってしまったように感じました
セミナーに通っていて、キャリアカンセリングの仕事の幅を広げています
2年間一緒に受けたのですが、ネットで積極や、メンバーとNPOと一緒に勉強しているわけではないので、こういう刺激を受けないと、ダラダラと過ごしてしまうので、ジョブフェアの体験研修の事例しかありません
だって♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぷっち」が書きました。
posted by だいばあしてぃ at 12:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚率と年収が比例するって知ってた?

若い男性の結婚率が、雇用の形態や収入の違いと強い結びつきがあることが、
独立行政法人「労働政策研究・研修機構」の調査でわかったそうです。

(以下抜粋)

25〜29歳でみると、年収が500万円以上あると半数以上が結婚している一方、
パート・派遣など非正規雇用者の結婚率は14.8%にとどまった。

晩婚化や非婚化は若者の価値観だけの問題ではないことが鮮明になった。

仕事の有無や内容、家族関係などについて5年ごとに調べる
総務省の就業構造基本調査(02年、対象約44万世帯)のデータを
同機構の「若年移行支援研究会」が分析した。

まず何らかの仕事をしている有業男性の結婚率は、
25〜29歳では32.4%、
30〜34歳は57.2%だった。

これを年収別に集計したところ、
25〜29歳の年収1千万〜1499万円では結婚率72.5%に達しているのに対し、
年収250万〜299万円では26.3%、
300万〜399万円は35.6%にとどまる。

30〜34歳では年収300万円以上で過半数が結婚しているが、
高収入層ほど結婚率も上がるという傾向は変わらない。

雇用形態で見ると、
30〜34歳の正社員の結婚率は59.6%、
自営業者は64.5%だったのに対して、
非正規雇用者では30.2%と半分以下だった。

さらに仕事をしていない無業男性の結婚率は、
25〜29歳で7.5%、
30〜34歳で15.8%にとどまっている。

小杉礼子副統括研究員は
「少子化につながる晩婚化、未婚化と、若者の就労問題は切り離して考えられない。
とくに最近はパートや派遣など非正規雇用が増え、収入面で結婚に踏み切れない人が
増えているのではないか」と話している。


■若年男性の結婚率と年収などの関係
(02年時点、年収の単位は万円、結婚率は%)

          25〜29歳  30〜34歳
有業者全体      32.4    57.2
(うち年収別)
  100〜149   15.3    29.6
  150〜199   17.4    34.0
  200〜249   22.8    40.8
  250〜299   26.3    42.3
  300〜399   35.6    52.9
  400〜499   43.9    62.5
  500〜599   52.7    71.0
  600〜699   57.6    78.9
  700〜799   52.2    76.6
  800〜899   50.8    74.3
  900〜999   42.3    65.1
1000〜1499   72.5    71.1
1500 以上     73.9    90.0

(雇用形態別)
正社員(役員含む)  34.7    59.6
非正規雇用
(パート・派遣など)  14.8    30.2
自営          47.9    64.5
無業者全体        7.5    15.8


若者のキャリア開発は、社会的に重要な課題と言えそうですよね。
うまく機能すれば、ニートの問題、晩婚化・少子化の問題、2007年問題、
年金の問題、希望の問題等、様々な問題がきれいにクリアできるのかもしれません。

キャリアカウンセリングの社会的意義を再認識したことにより、
ダウン気味のモチベーションのベクトルが上がってきました。
posted by だいばあしてぃ at 10:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアカウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

祝!ブログ開設1周年!!!

ブログ開設1周年!!!

といっても特に何か特別なことをするわけではありません。

あぁ、1年間毎日書いて、自分との約束をキチンと果たしたなぁ、
と空を見上げて微笑むだけです。


昨日は美容室に行きました。

前回のベリーショートがかなり評判がよかったので、
同じ美容師Bさんを指名しました。

それまでにお世話になっていた美容師Aさんも出勤していたので、ちょっと気まずい。

気になったので美容師Bさんに聞いていました。
「ここのお店は指名料とかあるんですか?
 まさかお客さんの取り合いでケンカになったりしないですよね。」
「あんま、関係ないですね。別に気分で選んでくれていいんですよー」

そうは言われても人の視線のエネルギーは強烈で、
こちらをチラチラ見る視線が痛いです!

髪を切られている自分の姿を見ながら、
美容室の鏡が細工されているという記事を見たことを思い出しました。

少し痩せて映るようになっているとのこと。
確かに心持ちシャープに見えるなぁ。

髪も少しずつ量が減っているようで、
ロングは似合わなくなっているかもしれません。


シャンプーの後、新人の女性がマッサージをしてくれたのですが、
肩こりから、それを直すために水泳が良いとの話になり、
バタフライの誕生の秘密というウンチクに発展した後、
実はカナヅチでしたという見事なオチで締めてくれました。

約10分間という短い時間にお客との会話を楽しませる
見事なコミュニケーションスキルだなぁと感心しました。


今朝の出勤後、「今回のヘアスタイル評判いいですよ!」とわざわざ教えに来てくれた人がいました、

50前後の女性ですけど・・・。
posted by だいばあしてぃ at 13:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

毎日書き続けて、とうとう1年経ちました

ブログを書き始めたのが、2004年8月10日(火)です。

ということは・・・、そうなんです。

毎日書き続けて、とうとう365日。1年という月日が経過しました。

いやーよくやったよ、オレ!

これまでまともな日記を書いたこともなくて、3日坊主の自分が、
とにかく毎日書き続けることができました。

書くネタがない時もありました。
そんなときでも、昔のことを思い出して、とにかく書きました。

当時とはだいぶ文体も違いますね。

今読み返すと、ちょっとくすぐったくて、あまり気持ちの良いものではありませんが、
1年前の考え方や行動がわかってなかなか面白いものですね。
(結局1年経っても、同じ時期に同じようなことやらかしてます!)

「毎日書く」ためには、テーマを絞ってはできないと思っていました。

カテゴリー欄を見ても、「日記」が4割ちょっとで、
「お仕事」「恋愛」「NLP・キャリアカウンセリング」「ないとらいふ」が1割で、
残りは2割弱って感じですね。

毎日の訪問者数も100人前後で、アクセス数は150〜250数程度です。
始めた頃はアクセス数は一桁だったので、それに比べたら大きな進歩です。

実は、何度もやめようと思ったのですが、
とりあえず1年だけは続けよう!そうしたら何かが変わってくるかもしれない!
と飽きっぽい性格のムチ打ってきました。

自分であまり気づかないものですが、効果があったようです。

昨日、CSコンテストの表彰に来た担当役員と飲む機会があって、
あまり人のことをほめないと言われている人から、
先日のCSコンテストセレクション時のプレゼンペーパーの出来をほめられました。
「前所属の経理の時はロジックだけだったが、このペーパーには「思い」が込められている」

継続して文章を書いていると、少しずつでもスキルが上がっていくものなのですね。

さて、自分に約束した1年が過ぎました。

もういつでもこのブログをやめても大丈夫です。

確かに「ひみつ」的なことなら、もっと書くネタがあるのですが、
「プレジデント」みたいに真面目なことをたまには書いているので、
そこにBUBUKA的なエロネタを混ぜるのは似合わないですよね。

少しこれからの方向性を考えたいと思います。
posted by だいばあしてぃ at 14:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

ただ誰よりも早くゴールへ

東アジア選手権は、初戦の思わぬ敗北を喫した時点から、
別のシナリオが動き出したようです。

それが監督の想定内のシナリオかどうかはどうでもよくって、
中国戦では、久しぶりにフレッシュで、ひたむきで、必死さが伝わる代表戦を
見ることができました。

正直言って、欧州組のいない代表メンバーの試合は面白くなくって、
少し飽きていたところでした。

僕としては、負けず嫌いの監督が韓国戦でも若手を試すとは思っていなかったので、
彼らが韓国相手にどんな戦いをするのか、大いに期待しながら見ていました。

試合については、決定的に崩されているわけではないのですが、押され放しでしたね。

前目の選手にボールが渡ってもキープできないので、
流れの中で点の入る予感はありませんでした。

圧倒的に攻めていても点を取れないことはよくあるけど、
少ないチャンスでのセットプレーで、1点取って勝つケースもあるんですよね。

なんだよ〜、全然ダメじゃんと思っていたところに
あっさり点が入って、思わず大声で叫んでしまい、
妻からは「うるさいっ!」と怒鳴られてしまいました。

やはり「勝つ」って、純粋にうれしいですね!

若手の選手は頑張ってました。
初めて代表に呼ばれて、いきなり2試合も先発のチャンスを与えられて、
モチベーションも上がったことでしょう。

レギュラー組も「試合に出れない」ということ、サブ組の気持ちについて、
久しぶりに体感したのではないでしょうか?

いつもは当たり前のように自分がプレーするはずの芝の上を
別の選手がすごい形相で頑張っている姿をベンチから見ていると
いろいろな気づきがあったのではないでしょうか?

試合に出ることの喜び、それはあまりにもシンプルでピュアな感情。

疲れでうまく動かない足を懸命に腕を振って
ボールを追いかけるひたむきさ、
ただ誰よりも早く、ゴールに向かって必死に走る強い気持ち

もしかしたら忘れてしまった感覚・・・代表に呼ばれた当初の新鮮な気持ちを思い出して、
もう一度モチベーションを上げて、覚醒してくれればうれしいですね。

東アジア選手権は、僕にとっても長い間すっかり忘れていた
スポーツをすることの純粋な喜びを思い出させてくれました。

どうもありがとう!
posted by だいばあしてぃ at 14:39| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

スーパーヴァイズを受けて

キャリアカウンセラーのスーパーヴァイズを受けました。
昨日の休日出勤に続いて、ヘビーな週末となりました。

実はスーパーヴァイズを受けたのは初めてなんです。
そもそも仕事としてキャリアカウンセリングをしているわけではないので、
ジョブフェアの体験研修の事例しかありません。

何とか事例のペーパーをまとめて、プレゼンしたのですが、
テーマである「メンタルヘルス」とは少し離れた内容となってしまいました。

セミナーに通っていたメンバー3人と一緒に受けたのですが、
仕事で実践している方にはかなわないなぁ、と改めて実力の差を感じてしまいました。

みなさん、転職したり、NPOを作ったり、大学で非常勤講師を始めたり、
積極的に動いていて、キャリアカンセリングの仕事の幅を広げています。

2年間一緒に勉強してきたメンバーが、少し遠くに行ってしまったように感じました。

たまにこういう刺激を受けないと、ダラダラと過ごしてしまうので、
こういう悔しい気持ちを大切にしていきたいです。
posted by だいばあしてぃ at 22:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアカウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

「希望」と言う言葉の意味

「希望」と言う言葉を辞書で調べてみました。

1 あることの実現をのぞみ願うこと。また、その願い。「みんなの―を入れる」「入社を―する」
2 将来に対する期待。また、明るい見通し。「―に燃える」「―を見失う」
3 文法で、1 の意を表す言い方。動詞に、文語では助動詞「たし」「まほし」、
口語では助動詞「たい」などを付けて言い表す。
[ 大辞泉(小学館) ]

「希望がない」を検索すると、156000件のヒット。
「希望がある」を検索すると、741000件のヒット。

「希望がある」が「ない」の約5倍弱です。
少しホッとしました。

希望学プロジェクトなるものもスタートしたようです。
HPのオレンジ色が明るさと暖かさを象徴しているようです。
希望ってこんな色なのでしょうね。

HPを見ると、最近著書を読んで気になる存在の玄田有史さん、山田昌弘さんも
参画しているようですね。

そこで「夢」とはどう違うのかなぁと思い、「夢」も調べてみました。

1 睡眠中に、あたかも現実の経験であるかのように感じる一連の観念や心像。
 視覚像として現れることが多いが、聴覚・味覚・触覚・運動感覚を伴うこともある。「怖い―を見る」「正(まさ)―」
2 将来実現させたいと思っている事柄。「政治家になるのが―だ」「少年のころの―がかなう」
3 現実からはなれた空想や楽しい考え。「成功すれば億万長者も―ではない」「―多い少女」
4 心の迷い。「彼は母の死で―からさめた」
5 はかないこと。たよりにならないこと。「―の世の中」「人生は―だ」
[ 大辞泉(小学館) ]

両方とも「将来」という言葉があります。
また「明るい」とか「楽しい」というポジティブな表現があります。

ところで、「過去」「現在」「将来」というタイムラインの中で、
考えることが多い「時間」(あるいは場所)はどこですか?

この問いを考えたとき、僕自信は、あまり「将来」のことを考える時間は多くないな
と気づきました。

「今日何をしようか?」という近未来についてはよく考えますが、
1カ月後、半年後、1年後という区切りではほとんど考えていないですね。

NLPでタイムラインのワークを行ったときも、
「将来」のイメージが明確に浮かんでこないと感じていました。

もしかしたら、無意識の中で、「将来」について、あえて考えないようにしているのかもしれない、
それはつまり「希望がないこと」を自覚するのが怖くて、そうしているのかもしれない。

これから「希望」「将来」ということについて、深堀りしないといけないなと思っています。
posted by だいばあしてぃ at 13:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

旅先でお笑い芸人登場

旅行から帰ったら書こう!と思っていたことがあったのですが、
すっかり忘れていました。

実は旅先のホテルで、某芸人さんに会ったのです!

先週の草津旅行で、プールに行ったときのことです。

子供たちとの鬼ごっこに夢中になり、左眼のコンタクトを落としてしまい、
少々落ち込んでいました。

プールを出て、飲み物を買うためにホテルの前のコンビニにまで行く途中、
テレビカメラや照明器具を持った人が3人ほど立っていました。

このホテルは2時間サスペンスで舞台になることも多いらしいので、
俳優さんでも来るのかなぁ、なんて思いながら、そのまま通り過ぎました。

コンビニに入ると、「にんにくげんこつラーメンスナック」というのを見つけて、
「お、こんなのあるんだ。買っとこ!」と思い、ポケットを探ると、
パンツがなんだか濡れています。

一瞬、お漏らしかと思いましたが、海パンのままだったのです。
当然、お金は預けっ放しなんです。
(考えてみるとこの時点からすでにボーっとしていたんですね)

さらに落ち込みながらホテルまで戻ると、まだ撮影部隊がいます。

すると何か独特の空気の流れを右後ろに感じて、
振り返ると・・・、

いましたよ、ピン芸人が。

「ヒロシです・・・」

茶系の開襟シャツに太めのパンツ。
渋い雰囲気で僕のすぐ後ろを歩いていました。

写メを撮ろうとしたら、当然携帯も預けてあることに気づきました。

しようがないので、そのまま部屋に戻って、
「今、ヒロシがいたよ、ヒロシが!」と興奮気味に話したのですが、
妻のリアクション薄かったです。

子供たちはすぐ反応して、
次男「残念の人?え、違うの。オレ、魔邪がいいなぁ。」
長男「ヒロシがいたぁ?ハァ?
   ヒロシなんて名前はなぁ、どこにでもあって、珍しい名前じゃねえんだよ。
   それをイチイチ大騒ぎしてんじゃねえぞ、バカヤロー!」
と言って、着替えのパンツをカーペットに投げ捨てました。
次男はバカ受けです。
おっ、なかなか面白いじゃん、と思って見ていたら・・・

一部始終を見ていた妻が、うなり声をあげながら猛獣のごとく彼に飛び掛り、
かなり重い体罰を受けることになりました。
(妻は下品な言葉使いとお笑いが大嫌いなんです)

それを見ていた次男が一言

「残念!」
posted by だいばあしてぃ at 14:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20代の空気を吸うと・・・(BlogPet)

前だいばあしてぃたちが、貴重とすぐ仲良くなって、ノリが少なくなって
いまはネットで逆ナンだー、どんどん悪い空気作ってるよ、俺
何か言う前に「これって、まさにオヤジギャグを言いいまくる空気の読めない」
ぷっちはバツイチで子供ありですが、飲み屋でも元気なんですよ
かっこいい男性店員を見ると「おにいさ〜」

と飲みに行きました


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぷっち」が書きました。
posted by だいばあしてぃ at 12:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

迷い道くーねくねー♪

昨日は、コールセンターのCSコンテストのセレクションのために、
ウインドウズ98が搭載された古くて重いノートパソコンを持って、
大手町まで行ってきました。

久しぶりの外出となったのですが、
もう暑くて暑くて、駅まで歩いただけで、フラフラして、ノドが乾いて、
持っていたペットボトルの生茶をガブ飲みしてしまいました。

新宿駅のホームで中央線を待つこと約10分。
西日がきつくて、クラクラしてきて、おまけに電車は混んでいて座れません。

ようやく東京駅に着いたときは、足元がフラフラしています。

丸の内側が便利なので、そこに向かってさまよっていたら、
ようやく遠くに出口とかかれて表示が・・・、

改札を通ろうと、スイカをタッチしても開きません。
あれー、どうしたんだろう?

スイカのカードを表や裏にしながらタッチしてもまだダメです。
ボーとした頭の中で、「最近チャージしたばかりなのに」とブツブツ言いながら、
カードをペッタンペッタンタッチしていると、女性の駅員さんが来て、

「お客様、新幹線の入り口はスイカを使えません!」

うわっ、これ出口じゃないじゃん!

あー恥ずかしい・・・。

気を取り直して、出口を探します。
なんだかずいぶん遠いなぁと思いながら、ようやく見つけて、
改札を出て右方面に歩き出しました。

しばらくすると大丸が見えてきます。

あれ?こっちにも大丸できたのかなぁ・・・。

え? ここってもしかして八重洲口?

うわー、またやっちゃいました。

慌てて引き返して、暑い中重い荷物を抱えて、
時間に遅れないように早足で歩き始めました。

何とか間に合いましたが、ゼイゼイ言いながら説明して、
もうメロメロです。

ということで、「こんな感じだったんだよー」
と今朝の打ち合わせで、話をしたら、
この暑さのせいで、昨日は変な問い合わせが多くて、大変だったようです。

春先は暖かくなるせいかおかしな問い合わせが増える傾向にあるのですが、
それとは異質な内容で、「とにかく何を言いたいかわからない」という
電話がたくさんあったそうです。

「あまりの暑さにみなさん、どこか変になっているのかな?」とコメントしたら、
「○○さんはいつも変だから、暑さのせいじゃないでしょう」とキツイお言葉を頂きました。
posted by だいばあしてぃ at 15:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

ホンモノのムシキングをようやくGET!

今年こそ、カブトムシやクワガタをGETしたい!
という強いモチベーションがあり、
会社の友人のムシ博士に頼んでみました。

カレは3年前に秘密の森を教えてくれた友人です。

先月その場所に取りに行ったら1匹もいなかったよー、
と泣きを入れると、カレはすでに新しい場所を見つけて、50匹以上確保しているとのこと。
カレと言っても実際見つけてくるのは、カレの息子らしいけど・・・。

少し分けてもらうことになり、昨夜は車を飛ばして、カレの家に行きました。

到着するなり、「よし行くぞ!」と言われ、
自転車と懐中電灯を貸してくれて、
カレの息子と3人で新しい秘密の森に行くことになりました。

ここ何十年も登ったことのないようなすごい坂を
ムシ博士の親子は平気で自転車で登っていきます。
こっちは「もう勘弁してよ〜」と呟いて、ゼエゼエ言いながらペダルを漕いてでいます。
ハンドルを握る両腕が痺れてきました。

ようやく到着すると、そこは団地の横の茂みみたいなところです。
こんなところに本当にいるのか?と思っていると、
「いたいた!」とムシ博士ジュニアの叫び声が・・・。

急いで駆け寄ると、樹液が流れる場所に
大きなカブトのオス2匹とメス1匹。

今年初めてのGETです。

それから団地の中のクヌギの木をめぐって、
コクワのメス1匹をGET。

カブトもいたのですが、もうムシカゴもいっぱいなのでパスしました。

カレの家に戻り、取れないときのためにストックしておいてくれた
カブトのオス・メス3匹ずつとノコギリクワガタのオスをもらいました。

家に戻ったら、早速ムシたちの部屋割りです。

カブトのオス9匹、カブトのメス4匹、
オオクワガタのオス1匹、ノコギリクワガタのオス1匹、コクワのメス1匹
合計16匹です。

大部屋に入れたカブトのオス4匹は大乱闘状態です。

早くムシカゴ見つけないと・・・。
posted by だいばあしてぃ at 13:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

小さい頃から仮面を被っていました

小さい頃から仮面を被っていました。

別に仮面ライダーになるためという理由ではなく、
よそいきの顔をしていたということです。

というのは、僕が小学校1年生の頃、
母が授業参観に来ていたとき、
廊下の向こうから見たような顔が歩いてくるなぁと思ったら、
それが僕であることに気づき、かなり驚いたという話をしていました。
家で見せたことのない、どこか気取った顔つきをしていたそうです。

どうやら小さい頃から、一歩家を出ると、気取った表情をするような
強いアンカーリングをかけていたようです。

職場でも、あまり表情がないとか、いつも怖い顔していて話し掛けにくいとか、
笑った顔をほとんど見ないとか言われていますが、
どうやらその反動が家の中で出ているようです。

昨日、久しぶりの出社で疲れきって家に帰り、
録画していた「スローダンス」をくつろぎながら見ていました。

広末涼子と藤木直人のキスシーンの後、妻から一言。

「そんなうらやましそうな顔しないの!みっともないでしょ、いい年して。」
「え・・・?、オレってそんな顔してるの?」
「何言ってるの、カガミ見てみなさいよ、カガミ!口元がだらーんとして、
 ニヤニヤして。あー、オヤジくさい!」
「そうなの?」

その後、広末が「元カレから電話があった」と藤木に告げて、
藤木が落ち込んでいるシーンで一言。

「そんな心配そうな顔しないの。
 あなたにはあんな恋愛シーンはもう一生ないから大丈夫!」
「でも会社にはファンクラブとかあるよ」
「からかわれてるだけよ、そんなことで調子に乗っているから、
 カン違い男って言われるのよ!」

うーん、何もそこまで言わなくたって・・・。
posted by だいばあしてぃ at 14:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

天下無双とは

久しぶりの仕事はハードです。

暑いし、メールはたまってるし、そんなときに限って、クレーム連発だし・・・。
もうゼエゼエ言ってますよ。

久しぶりの仕事なので、早く寝ればいいのに、
先日ブックオフでセット買いしたバカボンドを
ついつい読み始めてしまい、
当然途中でやめて寝るなんていう選択肢はなくって、
読み終えたのが2時半過ぎ。

バカですねぇ、ホント自分の気持ちや行動がコントロールできてませんね。

読もうかと思った瞬間、こうなることは予想していたのですが・・・。

でも何かを極めるということ、その到達した境地、五感を研ぎ澄ますこと、
全体を見ること、などは最近のNLPのセミナーで感じたことと
似ているなぁと思いました。

「天下無双」とは?

達人に言わせると「ただの言葉」だそうです。

達人は、そんなことはもう問題ではなくて、気にもしなくなっているのでしょう。

ということで、
仕事たまっているので、今日はこの辺で失礼させていただきます。
posted by だいばあしてぃ at 16:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。