2005年04月30日

後浦なつみコンサート IN 中野サンプラザ

昨日、中野サンプラザでの後浦なつみコンサートに行ってきました。

先週、何度もオークションでトライしてたのですが、
前列1桁台の席は、20000円前後の価格にまで上がってしまい、
断念していたんです。
日曜日にたまたま前列4席目を12000円で入札したら、
開催日ギリギリだったせいか、そのまま落札できて、
ラッキーでした。

開演が18時ということで、20分過ぎ頃到着したら、
入場待ちの列がすごいことになっていて、
会場横にも長蛇の列ができていたので、何事かと思ったら、
お昼公演でグッズを買えなかった人の列でした。
これでは入場してもグッズは買えそうもないなと思ったら、
やっぱり会場内のグッズ売り場も長蛇の列。
あきらめました。

「後浦なつみ」ということで、考えてみたら、
松浦亜弥も安部なつみもソロコンサートは行ったことがないので、
それも楽しみでした。

で、感想ですが、
やっぱ真希姫が一番良い!
スタイルとダンスはダントツでしたね。
あややは髪型がイマイチでしたが、トークや盛り上げ方は上手でしたよ。
なっちは笑顔がいいのですが、年齢的に今のポジションはちょっと厳しいかも。
アイドルから大人へのイメチェンが課題なのかもしれません。
トークもずいぶんとちってましたが、愛嬌があってかわいかったですね。

3人が2人で歌うシーンもあったのですが、ほとんど真希姫しか見ませんでした。
前から4列と行っても、実際は8列目なんですが、
そこそこ近くで見れるんです。
なっちやあややが目の前に来ても、一瞬見てから、
真希姫をずっと目で追ってました。
一番過激な衣装でしたが、写真集どおり、ウエストも細くて、
スタイル抜群ですね。

最後に3人でLOVEマシーンを歌うのですが、
これが懐かしかった。
真希姫を最初に見て、ファンになった曲がLOVEマシーンなので、
彼女のパートのところを聞くと、なんかジワーと来てしまいます。
なっちとはモーニング娘のツートップだったしね。
モーニング娘もあの頃が一番輝いてましたね。

コンサート終了後もグッズ売り場は激コミだったので、
露天で生写真だけ買って、帰りました。

 
posted by だいばあしてぃ at 23:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 真希姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

アバクロが街にやってきたパート2

またまた市民ホールでのブランド品アウトレットセールのチラシが入っていました。
よくよく探してみると、ちゃんとアバクロがあるじゃないですか。

21時まで営業ということで、急いで帰宅して20時30分に到着。
さすがに中はガラガラです。

時間がないので、急いでアバクロ関係を探すと、
奥の方にジーンズを見つけました。
980円のGAPジーンズの横にデストロイジーンズが5980円です!

一番小さい30インチを2本探して、店員さんに試着室はどこ?と訊ねると、
倉庫を指差されました。
中は本当に倉庫です。
もちろん鏡なんてありません。

とりあえず穿いてみると、結構太いんですね。
両方穿いてみて、縦落ちしてシワがクッキリ出ている方をチョイスしました。
それと黒のポロシャツ3980円をGET。

広告にはTシャツも載っていたのですが、入荷は明日以降とのことでした。

ポロシャツは45ドルの値札がついていたけど、仕入れはもっと安かったのかな。
海外で買うより安いのかもしれません。

image/diversity-2005-04-29T00:08:36-1.jpg
posted by だいばあしてぃ at 00:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

アレアレアのラーメンスクエア レポート第2弾

立川アレアレアのラーメンスクエアレポート第2弾です。

前回レポート したとおり、
「いちや」から時計周りでいくと、今回は「我流風」です。
かごしまラーメンということで、スープはこってりのとんこつで麺は中太と、
僕の好みなんです。

19時半ごろお店に着いたのですが、15人くらい並んでますね。
4人グループのお客が二組くらいいます。
他のお店はそんなに並んでないので、ここが一番人気なのかな?

並ぶのが嫌いなので、一瞬迷ったのですが、
ここで順番を変えると、どの店に行ったのかわからなくなりそうなので、
結局並ぶことにしました。(最近記憶力が・・・)

でも思ったよりは早く案内されました。

で、お味の方は・・・、
最初にすすったスープの味や麺の感じは、「ああ、おいしいなぁ・・・」と
かなり好感触でした。
それからしばらく食べていくと、
あれ、味が薄くなってきた?というかマイルドというか、ミルクっぽいというか・・・、
最初のインパクトのあるとんこつの味が変わってきているんです。

うーん、いい表現が見つからない。
(最近ブログを書き始めて、自分の感情、特に味覚・触覚等の体感することについての
語意が異様に少ないと気づきました)

とにかく2店クリアしたので、あとは5店です。
全部トライしてから、自分なりのランキングをつけたいと思います。
posted by だいばあしてぃ at 13:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

今回の写真集はスゴイ!!!

「Dear...後藤真希写真集」をGETしました
発売日1日前だったので、大きめな本屋に行きました。

あれ?ないよ・・・。
必死になって指差し確認しながら、
棚を食入るようにを探したのに見つかりません。
しばらくウロウロして周辺を探したけど、ないみたいです。。 gotomaki0401.jpg

あきらめて帰ろうとしたとき、台車にいろいろな本が山積みされているのを見つけて、
もしかしてと思い、上に置いてあった本をどかしたら・・・、
ありましたよ!
あー良かった。
こんなことで小さな幸せを感じてしまうなんて、
ほんと単純だなぁ、と思いながらレジに行きました。
この年のなって、アイドルの写真集を買うのはちょっと恥ずかしいのですが、
もう慣れてきました。

今回の写真集は、2冊セットなんです。
二人の写真家が、沖縄ロケでのナチュラルモードと都内での幻想モードということで、
セクカワをテーマに撮ったものだそうです。

で、今回の内容はスゴイ!
水着ショットが多くて、ページをめくるたびにドキドキします。
特に幻想モードでは、今までにないメークでかなりビックリしますよ。

言葉でいろいろ表現しても伝わりにくいと思うので、
ご参考にネットで拾った画像を添付してみます。
gotomaki956.jpg gotomaki315.jpg gotomaki527.jpg
gotomaki0701.jpg gotomaki0601.jpg gotomaki_d  (14).jpg


posted by だいばあしてぃ at 11:16| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(3) | 真希姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

社長と居酒屋で飲んだことがありますか?

先日、当社の社長との飲み会がありました。

一応、僕の会社も従業員15000人くらいいて、
創業100年を越える老舗の会社なんです。

若手?(みなさん40前後でしたが)10人とお酒を飲むというシリーズ物の企画らしくて、
今回はCSに関連した部門の担当者ということで、集められました。

少し遅れてお店に着くと、ザワザワした普通の居酒屋の個室で、
社長は奥の真中の席に座っていました。

もっと静かな個室で、丸テーブルのきちんとした場所を想像していたのですが、
普通の飲み屋の座敷なんです。

これは社長とずいぶん近いなぁ・・・なんて思って、
端に座っていたら、「そこ、幹事席です、つめてください!」と言われて、
ドンドン押し込まれて、なんと社長の正面の席になってしまいました。

やべぇなぁ、これはちょっと緊張するなぁ・・・と心臓がバクバク。

簡単な自己紹介の後、正面にいたせいか、いきなり話を振られて、
質問のトップバッターになってしまいました。
緊張しやすいタイプなので、ホント勘弁してほしかったです。

そこから社長が熱く語られたので、
カウンセラーとしての「聴くスキル」を駆使して、
またNLPでの「ミラーリング」を意識して、
無難にこなすことができました。

最初は、社長の話をみんなで聞くという雰囲気でしたが、
長方形の個室だったせいか、時間が経つにつれて、
2・3人で勝手に会話が始まり、途中からはタダの飲み会状態になっていました。
結局4時間ほどその店で飲んでましたね。

社長とカジュアルに飲むなんて、一生に何度もないことだから、
貴重な思い出となりました。

ひとつわかったことは、経営者は孤独で大変なんだなぁということ。
でも本当のつらさは、やってみて初めて理解できることなんでしょうが、
はたしてこれからの自分にそういう機会があるのでしょうか?
posted by だいばあしてぃ at 15:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

風邪を引きました

どうやら風邪を引いてしまったようです。

土曜日からノドが痛くて、すぐ薬を飲んで気をつけていたのですが、
昨夜はよく眠れませんでした。

夢の中で、ザクとかドムが一杯出てきて、
ビームライフルで倒していくのですが、
倒しても倒しても出てきて、きりがない状態で、
うなされて目覚めました。
(昨日、ガンダムのゲームをしたから?)

微熱もあり、かなりだるい状態です。

妻も次男の風邪?が移ったのか、
嘔吐に苦しんでいます。

本当は休みたかったのですが、
今週は忙しい週なので、無理して会社に来ました。

とにかくボーっとしています。

以前は、少しぐらいの風邪なんて、全然平気だったのですが、
ここ2・3年は、風邪を引くと、ガクッと気力・体力が落ちます。
特に気力の落ち方は激しく、ホントに何もする気がなくなるんです。

ここのところ、睡眠時間を削って、かなり無理をしていたので、
体が悲鳴を上げたのでしょう・・・。

今日は早めに帰って、ゆっくりと休むことにします。
posted by だいばあしてぃ at 13:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

ブルガリの時計を購入する前に知っておくべきこと

昨日は、品川アクアスタジアムでのハプニングの後、妻と次男は先に帰り、
どうしてもムシキングがしたいと言う長男と二人で新宿に立ち寄りました。

ウェンディーズでハンバーガーを食べて、ムシキングを2回ほどやらせた後、
せっかくの機会だから、懸案だったブルガリの時計を修理するため、
伊勢丹のブルガリショップに行きました。

10月に故障して以来、だましだまし使っていたのですが、
遅れもひどくなり、すぐ止まるようになって、
仕事にも支障をきたすようになって、
思い切って修理に出すことにしました。
これで4年間に2度目の故障です。

そもそもこのブルガリの時計について、僕は大きな誤解をしていたようです。

高価な時計は壊れにくく、一生モノと思って、25万円近く投入して、
グアムで購入したのです。
飽きっぽい性格で、すぐいろいろな時計を欲しくなるので、
これを買っておけば、飽きもこなくて、生涯時計にかけるコストも発生しないと思ったのです。

ところが、ブルガリに限らずオートマティックの時計は、
3年ごとにオーバーホールをかけないとダメになってしまうようです。
また非常に精密なので、時刻合わせや日付合わせも細心の注意を払わないと
故障の元になってしまうようです。

結局、元値25万円プラス3年ごとに4万円(1万円値上がりしたとのこと)のコストがかかり、
10年使うと約42万円になるそうです。

修理にも1カ月かかるようで、
手のかかるモノほど愛着が湧くとも言いますが、
今後のコストを考えると、
このまま使っていくべきか、
質屋に出してその元手でソーラー電波時計を買うべきか、
悩んでしまいます。
posted by だいばあしてぃ at 22:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

品川アクアスタジアムに行ってきました!

4月8日にオープンしたばかりという品川アクアスタジアムに行ってきました。

10時からオープンということで20分前には着いていたのですが、
かなり並んでいましたよ。
10時前には、後ろを振り返ると長蛇の列でした。

大人1800円、子供1000円の入場料を払って、
エスカレーターで2階に上がって入場です。

かわいいお魚や大きいエイやサメ、カニやエビなどがいます。
人気は海底トンネルのサメとエイですかね。
それとニモがいるところにも携帯カメラで撮影している人がいっぱい。
中はそれほど広くありません。

11時からアシカショーを見ました。
ここは定員になるとドアを閉めてしまい、入れなくなるので、
早めの席取りが必要ですね。
あるある探検隊のマネをしたアシカが一番盛り上がっていました。

イルカショーはかなり大きなスペースなので、入場制限はしていません。
一回で成功しなかった芸もありましたけど、楽しめましたよ。

ところが、下の子が急に具合が悪くなり、
アトラクションやレストランとかも見ないで、
やむなく帰ることにしました。

12時過ぎに出たら、まだ長蛇の列で最後尾は1時間待ちとのこと。

行かれる方は10時前の到着がオススメですね。

image/diversity-2005-04-23T21:29:40-1.jpg
posted by だいばあしてぃ at 21:29| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

松田聖子が大好きでした

松田聖子が大好きでした。

僕がまだ高校生の頃、確か化粧品か洗顔剤のCMで、
「エクボの〜秘密あげた〜い〜な〜」という曲が流れていました。
どうやら歌っているのは、このCMに出ている女の子ではないとのこと。

そして第2弾シングルの「青い珊瑚礁」という曲が大ヒットして、
「ザ・ベストテン」を始めとする歌番組やGOROやプレイボーイといったグラビアで、
彼女を見かけるようになりました。

当初は華奢でいたいけな女の子というイメージでしたが、
ある日、突然、「ああ、僕はこの松田聖子という子が大好きなんだ!」と気づきました。

それまではアイドルや芸能人のファンになったことはなかったので、
とても不思議な気持ちでした。

当時は男子高だったので、彼女はおろか、女性の友達もいないような状況で、
自分の中で、「松田聖子は僕の彼女」と思い込むようになりました。

それからはもう彼女が出るテレビはすべて見て、(当時はビデオデッキはありません)
お小遣いが許す限り、雑誌や写真集を購入しました。
駅のポスターや電車の中ずり広告もこっそり頂きました。

もちろんアルバム(当時はLP)も揃えました。
当時はアイドルにしては珍しく、アルバムの楽曲が良かったんですよ!
でも友人に貸したら、古いレコード針で何度も聞いたらしく、
ボロボロになって戻ってきて、ダメにしちゃったけど・・・。

そうそうファンクラブにも入りました。
実はファンクラブに入ったのは生涯で彼女だけなんです。
(ちなみにハロプロは未加入)

それとクラスの友人のお父さんが映画会社に勤めていたので、
「野菊の墓」の撮影現場にお邪魔させてもらい、
オデコの聖子ちゃんと握手をして、おしゃべりしたこともあります。

「夏の扉の衣装かわいいですね」
「ああ、あの黄色に衣装でしょ?気に入ってるの!」

あまりに緊張していて、会話はこれだけでした。

あれから25年近く経ったのでしょうか?
彼女が最初の結婚をしたぐらいから、ファンをやめてしまいました。

朝のニュースで、彼女の水着写真を見て、昔のことを思い出してしまいました。
posted by だいばあしてぃ at 16:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

このホラーがすごい! 「希望格差社会」

ようやく「希望格差社会」(山田昌弘)を読み終わりました。

今年の2月にキャリアコンサルタントの全国大会 に参加した後に
立ち寄った本屋で流し読みをして、
ショックを受けた僕が珍しくブックオフ経由ではなく、
新刊で購入した本なのです。

この本は、僕にとって、ジャンル的には「ホラー」ですね。
なんと言ってもサブタイトルがすごい!
ー「負け組」の絶望感が日本を引き裂くー

読んでいて、ゾクゾクするほど恐ろしくなるとともに
暗い気持ちになります。

特に10代から30代のフリーターやニートの人、
あるいはもう少し上の年代の子供を持つ親にとっては、
かなりショッキングな内容です。

僕たちが見たくないような現実を
具体的数値をベースに淡々と論じている内容です。

人生における絶対的な勝利の方程式が崩れてしまった時代に
どのように生きていくべきか?を考えさせられます。

昔は生まれながらに身分という格差があったのですが、
現代において、実は生まれたときから、
「将来に対する希望」に格差がついているとしたら・・・、
どう思いますか?

巷にあふれる「成功するための・・・」「お金持ちになるための・・・」という類いのノウハウ本は、
理想と現実のギャップを認識させないためのメディアによる目くらましなのでしょうか?

これからは「勝ち組」「普通組」「負け組」という3つのカテゴリーの中で、
「普通組」が大幅に減っていき、勝ち組と負け組の格差が広がっていくようです。
posted by だいばあしてぃ at 14:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

韓国から帰ってきた主婦たち

韓国に旅行に行っていた派遣社員の方が帰ってきました。

ヨン様大ファンの主婦4人組の「ヨン様みたいなイケメン探しツアー」ということで、
楽しい旅行だったようです。
帰る早々、
「ねえねえ、これ見てくださいよ〜」と言って、ジーンズの裾を捲るんです。
「ジャジャーーン」とか言って、
そこにはヨン様の顔がプリントされた靴下が!!!
それもみんなオソロ!
そういう落ちだとは思ってなかったので、気の効いたコメントも言えず、
リアクションに困ってしまいました。
いわゆる想定の範囲外ってやつですね。

でもみなさん本当にうれしいみたいで、
40歳を過ぎると、第2の青春が始まる感じなんですかね。

でも韓国の男性は、主婦に圧倒的な人気があるのに
どうして若い人にはそれほど人気がないのでしょうか?

日本の男性も、韓国の女性に夢中になっているという話はあまり聞かないですね。

僕も「チェ・ジウ」はきれいだなと思いますが、松島菜々子の方が100倍くらい好きです。



posted by だいばあしてぃ at 14:02| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

僕が競馬をやめてしまった理由

日曜日に久しぶりに競馬をやりました。

先週、JRAからこのままだと電話投票券を廃止するぞ!
という予告通知を受け取ったからです。

そういえば、1年以上もご無沙汰していたことに気づきました。

とりあえず皐月賞にチャレンジしようと思い、
日経新聞のスポーツ欄を見ると、どうやら鉄板らしいということで、
何も考えず枠連1点買いしたら・・・、
もちろん外れました!

僕の中での競馬の歴史は、1995年頃の皐月賞から始まりました。
当時の会社の仲間のほとんどが競馬をやっていたからです。
ジェニュインと タヤスツヨシで初勝利でした。

最初に当たったものだから、すっかり夢中になって、
本を読んだり、エクセルで予想したりしていたのですが、
実際に馬券を購入するのが大変だったのです。

当時はまだネットが普及していなくて、
馬券を買うには電話投票券を持っている友人に頼まなくてはいけませんでした。

自分の電話投票券が憧れでしたねぇ。

それで投票券も募集がある度に何度も申し込んで、
ようやく札幌の投票券をGETするこができました。

その後、約7年間、土曜の中継とスポーツ新聞とネットの記事等で、
かなりの時間をかけて予想をして、G1レースを買いつづけました。

ダビスタも1日中やっていて、友人10人くらいで自分の最強馬を持ち寄り、
夜明けまでレースで盛り上がったこともあります。

そんな僕がどうして興味を無くしてしまったのでしょうか?

まず理由のひとつとして、
自分には全然向いていないということにようやく気づいたのです。
ほとんど当たりませんでしたね。
成功体験が少なくて、悔しい思いばかりしていたので、
いやになってしまったのです。

それと、魅力のある馬がいなくなったということもあります。
クラシックから注目していた有力馬がすぐ故障してしまい、
古馬との対決など、レース自体にワクワクする気持ちがなくなっていたのです。

最後に時間的余裕もなくなったというという理由も大きいのかもしれません。

テイエム オペラオーが引退したら、急に競馬熱が冷めてしまい、
次の年から、年に数回ポツポツと買うだけになり、
とうとうこの1年はほとんど日曜のスーパー競馬も見なくなっていました。

いつの日か、また熱中するときが来るかもしれないので、
電話投票券について、その権利をなくさないようにしたいと思います。
posted by だいばあしてぃ at 13:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

テレビに縛りつけられて学んだこと

土曜日に休日出勤すると、1週間撮りだめた番組を見るのが大変なんです。

10時過ぎに起きて、こんなプログラムで過ごしました。

11時:ガンダムSEED デスティニー
12時:エンタの神様
13時:スーパーサッカー〜カウントダウンTV〜ランク王国
15時:木更津キャッツアイ・日本シリーズ
    *途中スーパー競馬も見る
     その後、子供たちとガンダムVSゼータガンダムで対戦
20時:義経
21時:タイガー&ドラゴンスペシャル
23時:タイガー&ドラゴン(初回)
    *途中やべっちFCも見る
26時に就寝

いやー、楽しかったけど、疲れました。
これでも木曜のクサナギくんのドラマや山田ズーニーさんの「知るを楽しむ」までは
見れませんでした。

世の中、いろいろな番組や情報が溢れています。
すべて把握しようなんて、所詮無理ですよね。

こんなに1日中テレビばかり見ていたら、何にもできないです、ホント。
そういえば、学生の頃はテレビを見るのは1日45分と決められていて、
父親が作ったテレビ番組視聴記録表に見た番組を書かされていました。

見る番組を選ぶこともそうですが、何かを捨てないと、
結局自分の時間が作れないことを学びました。
posted by だいばあしてぃ at 15:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

スマイルオンミー/微笑みの法則

ここ2・3日、訪問者数の10倍くらいのアクセス数になっています。
システム変更の影響なんでしょうか?

ある女性から「もっと笑った方がいいですよ!」と言われました。
どうやら仕事中は、眉間にシワを寄せて、恐い顔をしているみたいなんです。
考え事をしているときって、そういう顔になってしまうのですが、
話し掛けにくい、と言われてしまいました。

そんなの俺の勝手だろ!と思っていたのですが、
たくさんの人がいる職場だと、場の雰囲気を壊すみたいで、
笑っているのも仕事なのかな、と少し反省して、
できるだけ笑顔にしようと意識することにしました。

慣れないし、自分が偽善者みたいな感じがして、
かなり違和感があったのですが、
昨日(休日出勤日)、職場の女性(20代の主婦)から
「最近、雰囲気が変わったね」と言われました。
「どんな風に変わった?」と聞いたら、
「少し大人になった感じ」と言われました。

年下にそんなこと言われて、ハァ?状態ですが、
悪い気がしませんでした。

自分の笑っている顔はあまり好きではないのですが、
これからは鏡の前で笑顔の研究でもしようかな・・・。

昔、化粧品のCMで柳ジョージが歌っていましたね。
あの曲、結構好きだったなぁ。


posted by だいばあしてぃ at 23:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

22歳の女性たちとの歓迎会

昨日は歓迎会がありました。

22歳の初々しい女性の新入社員が3人も入ったので、
おじさんたちのテンションはかなり高く、
それを見ていたベテランの女性陣約40名の怒りのテンションも高く、
不思議な空気の歓迎会でした。

一人の女性の両親が44歳と聞いてビックリして、
弟が小学校1年と聞いてさらに驚いてしまいました。
一緒に歩いていると、ママと間違えられるそうです。

4月は歓迎会の季節ということで、
街中は、新歓コンパ真っ盛りですね。

昔は女子大にサークル勧誘のビラを配りに行ってました。
桜の花が散り始めた暖かい春に、
両親と一緒に入学式に参加する女子大生はとても初々しかった。

でもひと夏を過ぎて、秋に再会すると、
雰囲気がガラって変わってしまう女性が多かったですね。
田舎から出てきた女性が、東京に染まってしまうのでしょうか?

今年入った女性たちは、いつ頃から可愛げのな女性(もちろん仕事上ですよ)に
なってしまうのか、じっくりと観察していきたいと思います。
posted by だいばあしてぃ at 14:39| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ないとらいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

海辺のカフカは心の奥底に届いたか?

少し前に村上春樹の「海辺のカフカ」を読了しました。

彼のエッセイ以外のほとんどの小説を読んでいますが、
この作品は、僕の心の奥底に届かなかったように思えます。

彼の作品は、いつも独特の雰囲気があって、
たまに読むと、すごく落ち着いた気分になって、
忘れていた、とても懐かしい場所に戻ってきた気がするんです。
初めて読んだのが学生の時だったので、
余計にそういう気分になるのかもしれません。

初期の作品と比べて、今の作品は比喩と難解さが増していますよね。

書評みたいにシャレたことは書けませんが、
この「海辺のカフカ」では、「神の子どもたちはみな踊る」や
「スプートニクの恋人」で感じたような心のザワザワ感がありませんでした。

ストーリーとしては、パワレルワールドの収束への展開ということで、
興味深かったのですが、登場人物に感情移入できなかったせいか、
深い感動はありませんでした。

主人公が中学生ということで、自分が年をとったせいなのかもしれません。

同じ小説でも、自分が読む年令によって印象が変わってきます。
彼の小説が変わったというより、自分の琴線が変わってきたのかもしれません。
posted by だいばあしてぃ at 12:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

木更津キャッツアイ

深夜枠で再放送されていた「木更津キャッツアイ」見終わりました。
(今さらマイブームなんて、かなり遅いと怒られそうですが・・・)

池袋ウエストゲートパークT〜Vの小説から始まり、
偶然、深夜で再放送しているのを知って、
クドカンの脚本の素晴らしさにハマってしまい、
文庫本の後書きで、クドカンが燃え尽きたと言っていた
木更津キャッツアイの再放送が始まるの知って、
ドラマシリーズのすべてを見終わりました。
(幸運なことに、その間に映画「日本シリーズ」もテレビ放送されたので、
 RD−X5に録画済み!)

実は大いなる期待を込めて、初回を見たとき、
正直に言うと、「何コレ?」って感じでした。

放映当時に見ていたら、確実に次週は見なかったと思います。
というのは、これまでのドラマとは異質な雰囲気で、役者さんもかなり個性的、
ストーリーもなんだかよくわからない、という感じだったんです。
感覚的に拒絶反応があったと思います。

でも、これまでの僕の経験からいうと、
初めて見たときに、拒否反応なり嫌悪感という感情を持った作品については、
何回か接するとハマってしまうんですよね。

まあ、高評価の作品だし、初回だけで判断するのはよくないなと思って、
とりあえず見続けることにしました。

すると・・・、
小さい頃、駄菓子屋に置いてあった
初めはまずくて吐き出したけど中毒みたいに大好きになった
10円ヨーグルトみたいに、
やはりこれが見事にハマっていくんですよ。

木更津という場所の設定、レギュラー陣の細かな人物設定
毎回出演するユニークなゲストたち、
全体的に「死」という思いテーマがありながらも、
その重さをあまり感じさせないですね。
(放送当時は、「余命○カ月の主人公」という設定だけで引いてしまい、
全然見ていませんでした)

エンディングの「嵐」の曲も、何か変な歌!と思っていたのが、
今では仕事中にずっと声に出さずに歌っています。

今週から「タイガー&ドラゴン」も始まります。
(当然2時間スペシャルも録画済みです!)
楽しみが続きので、ちょっと幸せな気分です、ニャ〜!
posted by だいばあしてぃ at 12:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

後藤真希クロニクル

月曜日に行ったアレアレアのオリオン書房で
久しぶりに雑誌と新刊本を買いました。

新刊本は、「後藤真希クロニクル」です。
平積みにされていたので、パラパラと眺めてみると、
カラーで年代ごとにきれいにまとまっていて、
即買いすることにしました。

デビュー当時はずいぶんとふっくらしていたんですね。
個人的には、ザ・ピースの頃が一番好きかもしれません。

本屋に行くと、立ち読みばかりなのですが、
どういうわけか、1冊買うことを決めると、
まとめ買いしたくなるんです。

それで、ファッション雑誌の「JOKER」を購入。
雑誌は年に数冊しか買いませんが、ファッション系の雑誌は、
四季おりおりに購入しています。

会社もカジュアルOKだし、
女性が100人以上いる職場なので、
結構気を使います。

そういえば、「VERY」も読んでいます。
創刊時に気まぐれで妻に買ってあげたのが癖になったようで、
毎月7日に購入させられています。

image/diversity-2005-04-13T12:17:20-1.jpg
posted by だいばあしてぃ at 12:17| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 真希姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

新規オープンしたアレアレアのラーメンスクエアに行ってきました

たまには役に立つ情報提供をしないといけませんよね。

ということで、4/8立川駅南口にオープンした「アレアレア」に行ってきました。
アレアレアとはポルトガル語で「楽しさ」という意味だそうです。

ここは隣り合わせの2つのビルで構成されています。
ひとつには、パチンコ・TSUTAYA・ネットカフェ・居酒屋が入っています。
もうひとつは、りそな銀行・ヘアサロン・東急ストア・ラーメンスクエア・オリオン書房・
フィットネスクラブ・多目的スペースがあります。

うれしいことにラーメンスクエア・オリオン書房とも24時まで営業しています。

新しいモノ好きの僕としては、早速ラーメンスクエアに行ってきました。
ここはマンハッタンがコンセプトだそうです。
入っているお店としては、いちや・菅家・津気屋・我聞・我流風・黒ラーメン・風来軒の7店です。

雨の月曜日というのに、どの店も10人程度の行列が出来ています。
どの店に行こうかかなり迷ったのですが、どうせすべての店に行くのだから、
正面ド真中の店から時計周りに回って行こうと思い、「いちや」に入りました。

10人ほど並んでいましたが、15分ほどで席に案内されました。
店内は思ったよりは広いですね。

こってりラーメンを食べました。

僕は味覚が鈍く、食べた料理を上手に表現する語意もないので、
簡単なコメントですが、少ししょっぱかった。
もう一度食べたいか?と聞かれると、?。

次は「我流風」の予定です。

そうそう、並んでいるときに生演奏が聴けましたよ。

image/diversity-2005-04-12T10:03:02-1.jpg
posted by だいばあしてぃ at 10:03| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

真希姫との第一種接近遭遇

せっかく「真希姫」のカテゴリを作ったのに、
あまり書いていないことに気づきました。

ということで、昨日に引き続き、真希姫の話題。

実は、おととしの夏、僕は彼女に会ったことがあるんです。

というのは、いい年をして、よみうりランドの握手会に行ったのです。

会社を休んで、いわゆるモーオタに囲まれながら、早朝から並んで、
知り合いに見つからないようにサングラスをして、
ほんの1秒足らずの握手に1日がかりで参加してきました。

会場には7000人近くいたため、舞台の上で順番に握手をしたのですが、
取材のテレビカメラが回っているときは、一人5秒くらいのゆったりとした握手でした。
ところが、取材チームが撤収した後は、
後ろにズラーと並んだ係員に背中をグイグイ押されて、
超高速ベルトコンベアー状態でした。

そんな一瞬のために、いろいろと考えていた言葉も
声がうわずって、ちゃんと伝えられず、
情けない思いをしました。

握手を待っている間に、彼女の横顔を見ていたのですが、
やっぱりアイドルは違いますよ。
これまでに合コンやキャバクラやディスコとかで、
きれいな女性は見ていましたが、もうレベルがダントツに違うんです。

今まで見たこともない、天使のようなルックスでしたよ。

ああ、世の中にはこういうきれいな女性がいるんだなぁ・・・
と妙に感心してしまいました。
posted by だいばあしてぃ at 12:21| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 真希姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

真希姫大河に初登場

日曜の夜8時からは大河ドラマを見るというのが、
最近の習慣なんです。
「新撰組!」の終盤からずっと続いています。

そして、本日はようやく初登場だったんです。
義経の妹役の「能子」という役なのですが、
出番が短かったなぁ・・・。

最近の真希姫はずいぶんときれいになったのに、
露出が少なくて、ファンとしては淋しいです。

人気があり過ぎるのも考えものですが、
シングルも最近出してないし、ソロコンもないし、
今年はミュージカルもないし、映画もないし、
ドラマも出てないし、CMもないし、
ちょっとどうかな?と心配しています。

確かに僕自身も以前よりも熱中度が下がってきていると思うし、
事務所の人にはもう少し頑張ってほしいと思います。

ソロコンは、毎回行ってますが、
アイドルとは思えないほど、ダンスも激しく、
会場もロック歌手並みの盛り上がりなんですよ。

昔の松田聖子のコンサなんて目じゃないくらい、
会場全員で踊りまくって、みんな酸欠でどうにかなっちゃうんじゃないか
というくらいすごい状態なんです。

その辺をぜひアピールすれば、もっと彼女は見直されると思うのですが、
世間的には美脚というイメージのようで・・・。

posted by だいばあしてぃ at 22:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 真希姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

人妻たち

昨日も人妻たちとの飲み会でした。

人妻と言ってもコールセンターのオペレーターさんで、
たぶん平均年齢は40歳くらいかな?

居酒屋でそんなパワーのある女性10人に男性は僕ひとりというシテュエーション。
最近はすっかり慣れてしまいました。
とりあえず大人しく飲んでいて、適当にいじられてれば、
時間が過ぎていくという感じなんです。

それにしても話題は、娘が社会人になったとか、
息子が大学生になって、新歓コンパで二日酔いとか、
娘がサークルをどこにしようか迷ってるとか、
年令を感じさせてくれますね。

実は前日にショーパブに行ったメンバーも二人いて、
ご主人から「どこにいるの?」メールが入っていて、
みんなから「浮気してると思って心配してるんじゃない?」と言われてました。

女性は40代から遊びたがるものなのですかねぇ?

二次会ではカラオケに行って、70年代から80年代前半の懐かしい曲で、
しっとりと盛り上がりました。

僕はアイシャドウを塗られて、いろいろ芸をさせられて・・・、
これってもしかして男芸者?と思う今日この頃です。
posted by だいばあしてぃ at 23:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ないとらいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

裸にネクタイ

夜の予定が入っているときに限って、日中の仕事が超多忙になる!
というのは、マーフィーの法則のごとく、よくある話です。

予定があるときは、そうなる可能性が高いということを
あらかじめ認識しておけば慌てることはないんですが・・・。

ということで、昨日はファンクラブ主催で、
「脱!地元」をテーマにしたイベントに行ってきました。

都内の某ショーパブです。

ショータイムギリギリに駆け込んだら、
女性陣7名はすでに盛り上がっていて、席は最前列のかぶりつきです。
そのときからイヤ〜な予感はしたのです。

すぐに前説が始まったのですが、
僕はメチャクチャ腹が減っていたので、構わず食べていたら怒られちゃいました。

前説の一人はとてもかわいいタイプの女性でした。
ただ、もしかしてニューハーフ?と思って、いろいろ観察していました。

そして約1時間のショータイム。
男女?7名が舞台狭しと踊りまくるダイナミックなステージです。
ダンスもそうですが、さわやかな笑顔、早着替え、ストーリー性のあるステージで
時間もあっという間に過ぎていきます。
とにかく舞台の真横なので、全体的に見ることはできず、
局部的に、それもお腹とか足とか、目のやり場に困ってしまいます。

そして野球拳タイム。
やっぱ来ましたよ、前説の人の指示で舞台に上げられて、
ジャンケンさせられて・・・。

最初は負けてしまい、上着を取られました。
その後連勝するもニューハーフの方はあまり脱いでくれず、
その後1回負けたら、ネクタイしたまま状態で、
ワイシャツ&下着代わりのボロボロになったヘインズTシャツを脱がされて、
上半身裸でネクタイという情けない姿に・・・。
お腹を一生懸命凹ませてました。

最後のジャンケンで、負けるとズボンを脱がされるということで、
今日何色のトランクス履いてきたのか?まさか破れてないだろうなぁ・・・、
なんてドキドキもので、ファイナルジャンケン!
勝ちましたよ、今度は!
結局ニューハーフの方は脱いでくれずに、勝った僕は何だったのか・・・。

その後、勝利者?インタビューで年令を聞かれ、また驚かれてしまった。
まあ、若く見えるということは、いいこともあれば悪いこともあるけど、
とりあえず喜んでおこう!

女性陣からは、「ぜひ今回のステージを参考にして、次にカラオケで踊るときにあの笑顔ができるようになっておくこと!」
という厳しい宿題を出されました。
そして最後にある女性が
「やっぱり会社生活何があるかわからないから、主人にはちゃんとしたきれいな下着を着せないと!」
とポツリと呟いてました。
posted by だいばあしてぃ at 14:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ないとらいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

最近は時間の使い方が下手になったようで・・・

1日は24時間というのは万国共通であり、全員に平等に与えられています。

でもなんでこんなに時間がないんだろう・・・?

睡眠時間は1日5時間くらいで頑張っているのですが、
いつもやりたいことが、時間が無くてできなくてイライラしてしまいます。

読みたい本はドンドンたまってきています。
これでも新刊はできるだけ買わずに我慢して、
ブックオフで文庫本3冊500円とか単行本1冊500円というセールのときに
買っているんです。(安いからって大量に買うのがダメなのか・・・)

見たい映画やドラマもハードディスクにドンドンたまっています。
(DVDレコーダーを買って、気軽に録画できるようになったのがいけないのか・・・)
義父にDVDプレーヤーをあげて、TUTAYAのレンタル方法を教えたおかげで、
「24」のサードシーズンをまとめて借りて、僕に回してくれます。
(義父は定年を迎え、時間がたっぷりあるんです)
うれしいんだけど、週末に8時間分を急いで見ないと・・・。

それと、やりたいゲームもあるんです。
「ガンダムVSZガンダム」の宇宙世紀モードに親子ともどもはまってしまい、
休日は気が付くと2時間くらい遊んでしまっています。

うーん、時間の使い方がなってないなぁ・・・。

こうなったら、休日もスケジュール管理しようかと思ったのですが、
「休日なのに、せせこましく動いているから疲れるのよ!」
と妻に言われてしまい・・・。

確かに何もしないでボーっとした時間もとっても大切ですよね。

結局、情報が溢れていて、時間を潰せる遊びも溢れていて、
それをすべてこなそうと思うことが、そもそも無理なんですよね。

いかに「やりたいこと」に優先順位をつけて、選別して、
必要ないことに使う時間を捨てていく、
という作業が、僕にとって必要なことのようです。

1位にランクされるのは何なのかなぁ・・・?
posted by だいばあしてぃ at 13:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

入学式

代休をとって、次男の入学式に行ってきました。

校庭の桜は満開とは言えず、記念写真スポットも逆光になってしまい、
いいポジションがありません。

ビデオと一眼レフのカメラとデジカメと携帯カメラを駆使して、
次男の晴れ姿を取りまくっていました。

校舎に入ったところで、高学年に連れられて教室に入っていく次男の後姿は、
ちょっと不安気でしたが、手を引かれながら、一生懸命走っていきました。

まだまだ小さくて、子供っぽいと思っていたののですが、
こうやって段々大きくなっていくんだなぁ、うれしさと少しの寂しさを感じています。

このまま大きくならなければ、ずっと小さくてかわいいままペットのように
かわいがることができるのに・・・、なんて考えてしまいます。

「君はどんな大人になりたいの?」
小さくて暖かい手を握りながら、心の中で聞いてみました。


image/diversity-2005-04-06T21:23:48-1.jpg
posted by だいばあしてぃ at 21:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

電車の中での再会とベージュのコートと海辺のカフカ

数年前に何度かデートしたことのある女性と
電車の中で偶然再会しました。

途中の駅から乗ってきた彼女(Kちゃん)は、
僕に気づくことなく、僕の座っていた斜め前の席に座って、
メールを打ち始めました。

淡いベージュのスプリングコートに落ち着いたメークをしていて、
以前よりかわいくなったなぁ、とぼんやり見ていました。
その後、バッグの中からヘッドホンを取り出し、
音楽を聴きながら深い眠りの中に・・・。

僕は「海辺のカフカ」を読みながら、チラチラ様子を伺っていました。
寝ている姿も中々かわいいなぁ、なんて思いながら、
数年前の最後となったデートのことを思い出していました。

とにかくKちゃんは積極的な女性で、
あまり相手の都合を考えることなく、
自分の感情を優先して行動していました。

いわゆる「重い感じ」なんですね。

このまま行くと、「この重さはちょっと背負え切れないなぁ」と感じて、
自然消滅のような感じで、連絡も取らなくなりました。


Kちゃんはいつの間にか深い眠りから覚めて、僕に気づいた様子。
少し照れたような笑みを浮かべて、小さくうなづきました。
そして、僕の左横の席が空いたとき、そのまま隣に移ってきました。

Kちゃんが降りる駅までの間、お互いの空白の期間を埋めるべく、
僕らは近況報告をしあいました。

30代を迎えた独身の女性が、
将来に対しての漠然とした不安を抱えていることについて、
Kちゃんは自分なりの取組み方法を僕に話をして、
それでよいか?と聞いてきました。

僕は、基本的にはOKという答えと2・3のアドバイスをしました。

するとKちゃんの表情が少し明るくなっていて、
「ちょっと元気が出てきたよ。前から思ってたんだけど、
 あなたの話し方って、元気をもらうって感じじゃなくて、
 何となく自分の内から元気が出てくるって感じなんだよね。」

いつの間にかKちゃんの降りる駅に着いていました。

僕は動き出した電車の中から、
人込みに混ざって階段を上っていく
ベージュのコートを着たKちゃんの後姿を一瞬目に焼き付けて・・・、
そして僕の意識は、読みかけの「海辺のカフカ」の世界に帰っていきました。
posted by だいばあしてぃ at 13:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月04日

遊びの中から生まれるモノ

先週くらいから、「書く」というアウトプットに対して、
少しプレッシャーを感じています。
さらーっと書けた日がなかったですねぇ。

何を書こうか?と悩みながら、
書き始めても話の方向がどこへ行くかわからず、
書き終えた手応えを感じることが少なかったと思います。

キャリアカウンセラーのセミナーも終了してしまい、
精神的に刺激を受ける機会が減ったせいもあるかもしれません。

読書の方も「海辺のカフカ」の下巻の途中だし、
「木更津キャッツアイ」の再放送も途中だし、
NLPの勉強もあまり進んでいないし・・・、

3月は送別会も多くて、僕の体の中にはお酒ばかり入ってきて、
知識や情報のインプットが減っていたのだと思います。

それと年度末・年度始で忙しく、
面白い情報をキャッチする心の余裕もないのでしょう。

クリエティブなお仕事をする人が、良い仕事をするには、
「遊ぶこと」も大切というのがわかったような気がします。
posted by だいばあしてぃ at 13:15| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

暖かい春の休日の平凡な出来事

暖かい春の日曜日です。
ごく普通の日曜日で、家でゆっくりと過ごしました。

小学生になる次男の自転車の練習をして、
ガンダムのゲームをして、
録画していた「木更津キャッツアイ」を見ようとして・・・、
ん?音が出ない・・・。

RD−X5の初の故障かと慌ててしまい、
説明書を読んだり、コードを交換したりしてもダメ。
サポセンもつながらず、途方に暮れていて、
価格ドットコムで検索するも該当の項目もなく、
2時間くらい、いろいろと試してみて、やっとわかりました。
「入力3スルー」とかいうリモコンのボタンを押していたせいでした。

そんなボタンが影響するなんて、想像もつきませんでした。
FAQに書いてくれればいいのに!
機能が多いと、ちょっとしたことでトラブルになり、
解決方法を見つけるのが大変です。


posted by だいばあしてぃ at 23:23| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

春の土曜日の出来事

次男の誕生日のプレゼントを買うために
二人で新宿まで行ってきました。

西口のビッグカメラで「インパルスガンダム」と「ZZガンダム」の
コンプリートモデルを買いました。
合わせて7000円ほど・・・。
ちょっと贅沢かなぁと思ったけど、まあいいでしょう。

それと妻の誕生日ということで、指定されたウェッジウッドのティーポットを購入。

東口に移動して、ジュンク堂にて、
僕の両親から孫へのプレゼントとして、
イヌの図鑑と「SAY HELLO」を購入。
次男はイヌが大好きなんです。

SAY HELLOは「ほぼ日刊イトイ新聞」で連載されていて、ずっと見ていましたが、
本になって、ある女性に借りて読んだのですが、
いい意味で期待を裏切られて、「正直、これはやられた・・・」と思いました。
写真としてもかわいい子犬の成長を楽しむことができるし、
ストーリーとしても、意表のつくラストで、「命」の重みが心を揺さぶります。

福引で当たったメダルでゲームをしたりして、結構楽しく遊びました。

次男はもうすぐ7歳です。
帰りの電車で、遊びつかれて僕の足を両腕でしっかりつかまりながら立っているのを見ると、
かわいいなぁと実感します。

桜の花は見つけられませんでした。

今日は、久しぶりに日記らしいブログでした。


posted by だいばあしてぃ at 23:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月01日

女性新入社員が3名入ってきた日

今日は4月1日、年度始です。

所属内での席の移動があり、ちょっと偉そうな席になってしまいました。

新しい席で落ち着かないときに、
昨年度の業績を作成しながらバタバタしているとき、
クレームは2件もあるし、バタバタです。

そういう中、自分のチームに女性新入社員が3人も入ることになり、
お迎えに行ってきました。

みなさん揃えたようにダークグレーのリクルートスーツで、
いやー初々しいですね。
でも言動は今時で、ちょっとビックリしました。
ちゃんとキャラ立ちしているし、全然物怖じしないんですよね。

ちょっとうれしかったことがあります。
先輩女性がランチに連れて行ったときの会話を聞いたことです。

新人「あの人(僕のこと)ちょっと老けてますよね?」
先輩「え!?若く見えるはずだけど・・・」
新人「20代じゃないんですか?じゃあ30歳なのかな・・・」
先輩「???」

その話を聞いて喜んでいたら、
「あの子たち、まだ若いから中年の男性を見る機会もなくて、わかってないだけですよ」
とあっさり言われてしまいました。
posted by だいばあしてぃ at 16:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。